やっぱり若さには敵いません

毎日ではありませんが、ウォーキングを始めてから4か月ほど経ちました。

全く運動の習慣が無かった私ですが

始めの頃は、30分歩くのもきつく感じました。


しかし今は、

往復1時間くらいならそれほど負担感がなく歩けるようになってきました。


ウォーキングに慣れてきて、結構早歩きも出来てるつもりでいました。

でも、今日のこと

後ろからスタスタ歩く音が近づいてきたな・・・・と思うや否や

その足音は横に並んで、すぐ私を追い抜いて先へ行ってしまいました。


若いお兄さんです。

どんどん先へ行ってしまいます。

私は、置いて行かれまいと(知らない人にですが)頑張って歩調を早めました。

お兄さんは、早い早い!


結果10メートルは距離を離され、お兄さんは遠い人になって行きました。



凄いなぁ! 

自分も結構早歩きしているつもりだったのに・・・。

やっぱり、若さには敵わないなぁ!



ちなみに

我が夫は犬の散歩が運動になっていると思っている人ですが

ワンこの散歩では運動にはなってないでしょう・・・・・。

有酸素運動には、歩く速度も大事です。


一時間、景色を見ながらのんびり歩くより

20分程度、歩幅も広くスタスタ歩く方がずっと運動効果があると思います。

ですから

ウォーキングにも質が大事っていう気がしています。



私も、あの先を行くお兄さんに追い越されないくらいに

早歩きできるよう頑張ります。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2017 5月 庭

花の季節が広がっていきます。6月ももうすぐ。





にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト

家が壊れていくのとローン払い終わるのとどっちが早いか

稼ぎ頭の夫は63才です。

癌、闘病者でした (先日の定期検査で癌はほぼ完治とみていいらしいです)

定期検査の結果を聞きに行った日に

ほぼ、完治したとみていいでしょう。次回の検査は1年後に来てください。

薬が○○さんにぴったり合っていたんでしょうね。と担当医のお言葉だったそうです。


私としては当然安心はしました。

しましたが、そう言われてきたと言いながら

タバコは相変わらず吸い続けている夫です。

癌が治ったのはいいけれど、頭の細胞の劣化が激しいんじゃないかしら?

と思うほど、最近突発的に怒り出すのが気になります。

ボケが始まったんじゃないの・・・?そんな疑いが湧いてきます。



ですが

ボケてなんていられては困るんです。

住宅ローンがまだ5年残っています。

それなのに

家の外壁、サイディングが一部ボロボロに角が落ちたりしています。

サイディングの継ぎ目に施したコーキングも劣化して、ひび割れが目立ちます。

そこから雨が中に浸透していって、中が腐ってしまうんだそうです。

もう、今年やっておかなくてはマズイと思われる個所が何か所かあります。



仕方なく

業者さんに見積もりをお願いしている所ですが

半端じゃない金額が上がってきそうです。

建物の坪数が、結構大きいのですよ。

建物の3割は

昔、会社をやっていた頃の事務所と従業員さんの休憩室部分でしたから。

現在未使用の部屋は物置と化しています。

建屋の断捨離ってできないですし


劣化は食い止めないと!

人が住めなくなって形だけ家みたいに見えてるなんて想像したくありません。


しかしながら、その原資どこから引っ張り出しますか?

夫は私に隠し金があると踏んでいるようですが

老後の生活を考えるって能力の欠落した夫の無計画に対する大事なお金です。

住宅のリフォーム代なんて余分にあるわけないです!



ここから、私の恐ろしいシュミレーションが広がるのです。


家は直さなくてはならない。(待ったなし)→ 夫は工事代金の支払いは私が払うと決めている→お金が無いと私が拒否る

→ 夫=激怒プンプン!!→ 夫爆発!!



そうして、老後資金にと爪に火を灯しながら貯めて来たお金を出さざるを得なくなる。

ざっと、こういう流れになるでしょう。



私たち夫婦がこの世から消えても

懐の貧乏な息子は

ここしか住み家はないと思われるので、息子へ残す唯一の置き土産となるのか・・・。



家のメンテナンスを考えると、マンション暮らしの方が羨ましくなります。

住宅ローンの完済まであと5年

このまま手直しをしないでおけば、ローンが終わる前に家が壊れそうです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌹



今日は、朝から雨でじとじとしています。

ボタン 2017庭

一昨日の写真ですが今日は、庭のボタンも雨の中です。









にほんブログ村



にほんブログ村

昔、山ガールだった90歳の笑顔

今日は、月に一度の病院に行く日でした。

更年期を過ぎてから、どんなに自制したつもりでもコレステロールの値が高めで

飲みたくはない薬に頼らざるを得ず

毎月、薬を頂きに行っています。


自営業の仕事もあるので

普段ウォーキングの時間を作るのは大変ですが

何かの用足しをしながら歩く。と決めて有酸素運動を取り込むようにしています。



今日も、日差し対策をしてテクテク歩いてクリニックへ行って来ました。

診察時間を入れないで、往復1時間です。

この距離にもだいぶ体が慣れて来ました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

道を歩いていると

たまぁに、素敵な人に出会う事があります。

物凄く綺麗なわんちゃんを連れた人や

ご近所でお見かけする人だけど、何故かお話しするに至れない人

私と同じように、

ひとつ飛び越えて遠くのスーパーまでの道で出くわすことが何度かあります。

そのお若い奥さんは車を持っていないので、毎日徒歩のようです。

頑張っていらっしゃいますね。とすれ違いざまに心の声を掛けます。

         *
         *
         *

昨日のこと、

スーパーへ買い物に行こうと家を出て少し歩いた所で

私の前をゆっくりめに歩いているおばあさんに追い付きました。

そうすると

初対面のおばあさんは、私の知り合いみたいなテンションで話しかけてきました。

話しかけてくるのはなにもこの方だけじゃなく珍しくはないのですが

しょっぱなから、「わたしねぇ、○○団地の方からずっと歩いてきたの・・・・・あれこれ・・云々 」

私の第一声 「ええっ!! そんなに遠くからですかぁ!?」

そこから始まって、

お見かけしたところ、80歳近い年齢に見えたのに

ご自分から「私、もうねぇ、90歳になるんだぁ!」

・・・・・あれこれ ・・あれこれ・・・・

そして、このおばあさんは、昔今でいうところの山ガールだったことがわかり

いろんな山を歩いたというお話をしました。

でも75歳の時に、山ガールを卒業したのは、周りの人に迷惑をかけてはならない。

と、決断してのことだったそうで

そうでもなければ、まだまだ山登りしていたかった!

と力強く話しておられました。



それで、90歳というお年で腰も曲がらずこうやってウォーキングをしていらしたのか・・・・。

合点がいきました。


距離にしたら500メートルほど二人横に並んでお話を聞きながら歩きました。

途中、お話しに驚いたりして立ち止まりながら話を聞きました。



そのおばあさんは言いました。

「本格的な山へ登る時は、不思議なもんでね、悩みがあったり、気持ちがくよくよしたりしている時はダメだ!。そういう時は歩けないものだ。」

そう仰いました。

おばあさんの、個人的な見解かもしれませんが、

私には、なにやら胸に刺さる物があって人生訓のように思えたのです。


横に並んで歩いた見知らぬおばあさんとの500メートルはとっても楽しい時間でした。




右手に、パン屋さんが見えてきたところで、

「私、ここに寄って行くから・・・・」

そう言いながら、すっと私から道を離れて行ってしまいました。

さよならも言わせないうちに・・・。



「気持ちがくよくよしている時は山は歩けないものだ・・・・・・」

この事がどういうことなのか、こんなポジティブなおばあさんに、どんな気持ちのふさぐことがあったのか・・

もっと、聞きたい思いだったので

私は、幸せのヒントをくれる青い鳥を捕まえそこねたような気分でした。

買い物に出たスーパーまでの道のりは

運よく帰り道もばったりあのおばあさんに出くわしたらいいなぁ・・・・

なんて

そんなことを考えたりするくらいに・・。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


私は、自分より遙かにご年配の方のお話を聞くのが好きです。

他愛もない世間話しの中に

必ずと言って、今の自分に与えられる生きる術のヒントがあるように思うからです。

きっと、おばあさんは、そんなもっともらしく話したつもりではなかったんでしょうけれどね・・


さらりと、過ぎた道のことをお話ししただけだったんでしょう・・・・・・・・・・・・・。





薔薇はまだですが、庭に花が咲き始めました


カモミール2017 5月庭


2017 5月24日 庭


2017年5月の庭





本日も、ご訪問頂きありがとうございました。





にほんブログ村


にほんブログ村

一週間ぶりに開くパソコン

息子の財布事件?を書いてから一週間パソコンを開くことができませんでした。

その間、コメントも頂戴していて有り難いなぁ!嬉しいなぁ!と感謝の気持ちです。

本当に有難うございます。




一週間前

関東へ出かけて行きました。

娘の用事が混雑して手助けに行ったのでしたが

行ったその日から

娘は高熱を出し

その熱がなかなか引けていきませんでした。

( 何度かブログで書いたことがありましたが、娘は中学生の時期に難病を発症していて病弱です。)


幼稚園の遠足があって

初めての親子遠足だし、なんとしても行かなくては・・・・・

の思いから、娘は解熱剤を飲んで出かけました。


年少さんなので、時間は3時間ほどでお帰りです。

3時間だけ頑張って来る! と言って行ったのです。

私はもう一人の小さい方の子守役です。


娘は頑張って役目を果たして帰宅したはいいけれど

その後は病身に逆戻りで

それなのに

次の日も抜けられない行事があって、再び身を奮い立たせて出かけて行きました。


帰宅して、またまた伸びた干物みたいに横たわり・・・・。

ほぼ一週間に渡って、この状態の繰り返しでした。


私は、住み込み家政婦さんのごとく

家事とベビーシッターに翻弄されました。




数日後

夏日のような暑さの関東を脱出して

帰りの新幹線に乗り込むと

未だ完全に回復とは言えない娘の体の心配と

その娘に付随した幼子達への思いが胸に迫ってきました。



私は

頑張ってね! と

母として、祖母としての思いを置いてくるしかなかったです。




故郷の駅には夕方遅くに着いて

息子の出迎えてくれた車に乗り込む頃は

関東から纏わりついてきた暑さは、すっかり地元の風に剥ぎ取られて

衣装の早変わりみたいに

舞台装置まですっかり田舎の光景に変わっていました。





玄関を開けて

帰宅した我が家には、疲れたような白髪がぽつねんと座っていて

留守中に一度も連絡を取り合う事もなかった

冷え切った夫婦の取り合わせが、またそこに戻りました。



そして一夜明け

今日は、

一週間の溜まった仕事を片付けていく一日目となりました。





お越しくださいまして有難うございました。

ブログお休み中もご訪問下さり感謝申し上げます。

拍手、コメント、クリックいただきまして有難うございました。




にほんブログ村


にほんブログ村

息子と空財布

前々回にブログに載せた庭の花の名前

教えて下さった方に有難うございます。

「イワヤツデ」

もう、ピンと来ました。それに間違いなしです。

友人に株をわけてもらった花だったのですが

その名前に聞き覚えがありました。

もうすっきりしました。 本当に教えて下さって有難うございました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



昨日の朝の出来事です。

いつも通りに息子の弁当も作ってテーブルに置いておきました。

バタバタと出がけに、せっかく作った弁当を忘れてってしまう事がよくあるので

作ってあげ、更には、お弁当持ったの!!

と息子の背中を追いかけるように声掛けも毎朝です。

このお弁当一つとっても、だらし無さが際立っています。


本題です。

朝、お弁当は忘れずに持って、出かけたな・・!

と、見送ったすぐあとに

玄関がガチャンと音がして、旋風のごとき息子が戻ってきました。

ドタバタドタバタ・・けたたましい音が家中を駆け巡り

「どうしたの!! 今度はなに!?」と言うが先か

「財布が無い!!!!」と息子


車のシートの下によく落とすので、まずそこ見たら? と言いました。

布団からなにから廊下に放り出して

アタフタ ドタバタ・・と 。

余りに慌てている様子なので、私も財布の捜索メンバーに加わりました。

何度も何度も、一階と二階と車と行ったり来たり

夕べ最後に財布を使ったというコンビニにも行ってみたり

全部手を尽くして、


ついに息子は諦めました。

カードを止める電話をあっちこっちにかけて

それが終わると、まずは免許証の再交付に警察署へ

結局、会社を休むこととなり、財布は見つからずです。

財布無くすと本当に大変!

クレジットカードから、運転免許証、健康保険証、

自分の命の次に大事なものが全て入っていたんですから。




そして、一夜明けて今朝のこと

起床して、一階のキッチンに降りていくと

ダイニングテーブルの上に何か黒いものが見えました。

早起きの夫に

「あら!! これ○○の財布!! いったい 何処にあったの?」と聞きました。


そしたら

早朝に届けに来てくれた人がいた。と

夫が、言いました。

ご高齢のご夫婦で朝の散歩中に見つけたそうです。

玄関のピンポンが鳴った時は私はまだ寝ていたということになります。

お礼も申し上げられないまま・・・・

どこのどなたかも聞けぬまま・・夫はそこまで気が回っていない。たぶん。



届けて頂いた息子の財布の中は免許証やカード類はそのまま入っていましたが

現金は、

2万円近く入ったいたそうですが抜き取られていました。

小銭まで無くなっていました。



おそらくコンビニの駐車場で車外に落ちたのを気が付かず帰宅(ほぼ夜中)

その財布を見つけた人が

お金だけ抜き取って、近くの道端に空財布をぽいっ!と捨てたのだと思います。

それを、早朝の散歩で見かけた方が拾って届けて下さった。


免許証の住所から、家を探すのに時間もかかったんではないか・・と

本当に夫は

届けて下さった方にきちんとお礼を言ってくれたかしら・・・?

寝坊助だった自分にも気が揉めました。



常にお金が無い息子

2万円は大きい

小銭すら残っていない空の財布に

仕方なく返すことを条件に2万円を貸しました。




今日は、法事があって

更に交際費が出動しました。

五月はちょっとやそっとじゃ節約もできそうにありません。



息子の空財布

カードが戻って来ただけでも良かったかもしれないですが

免許証の再交付にもお金を使った後でした。


くれぐれも

お財布、無くさないように気を付けましょうね。皆様も。




本日もお越しくださいましてありがとうございました。

拍手クリック 有難うございます。






にほんブログ村


にほんブログ村
sidetitleプロフィールsidetitle

花みっ子

Author:花みっ子
60歳、還暦を迎えました。自営業の主婦です。
年に数回、噴火を繰り返す独裁人間の夫と共に36年。夫の大病を機に経営していた会社を解散し、夫婦二人だけの自営業に転身しました。家のローンはあと6年。まだまだ働き続けなくては・・・。老後の明かりを求めて節約生活です。不仲な自営業夫婦の憂いある日々に、庭に咲く薔薇や草花に心の癒しを求め。家族の事、庭の事、日々の思いを綴っていきます。
時々覗いてみて頂けたら嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ライフ
288位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
節約
60位
アクセスランキングを見る>>
sidetitle還暦自営業夫婦、人生下りながらゴールは笑える日を目指していますsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle