FC2ブログ

大好きで、最高なところ

私の暮らすこの地方は

ほんとに何も無い所です。

たぶん

故郷に帰省してきた家族を迎え

特に小さい子供達に楽しんで帰ってもらうためには

何処へ、遊びに連れて行ったらいいだろう・・・

何処か、良い所ないかしら・・・小さい子供たちが遊べるところ


私のように、頭を悩ます方もいらっしゃるのでは……。




数日間の間、ただ家にいるだけでは、つまらないだろうし……。

娘はお盆のお墓参りに来たのだから、気にしなくていいよ。

とは、言うけれど

せっかくなら、一緒に何処かお出かけしてみたいもの……。



~~~~~~~~~~~~~~~~


そこで、ネットに助け船を求め、

娘が、ここがいいんじゃない? そう遠くないし…

と、探し出した所が

「いわて サラダファームヴィレッジ」


へえ、こういうとこ、あったんだ~!!

と、迷わず決定です。



孫2人、3歳と5歳の女の子です。

5歳の方は呆れるほどの動物好きって、

今からその片りんが見えています。


「いわて サラダファームヴィレッジ」 は岩手山を身近に仰ぐ

自然溢れるロケーションに恵まれているところでした。

「こんなところがあったなんて、知らなかったぁ!」

車でも日帰り可能な距離なのに・・・。


いわてサラダファームビレッジ



入園料は大人500円でした。


どうぶつもふもふエリアにはアルパカさんたちがいます。

サラダファームヴィレッジ



岩手 サラダファームにて




アルパカさん

この2匹?2頭? のアルパカさんは親子なんだそうです。

アルパカさんに、触らせてもらう事が出来ました。ふわふわでした。



5歳の方は、ウサギさんとの触れ合いタイムが楽しみで仕方ない感じでした。

うさぎさんとの触れ合い待ち


飼育員さんから、小さな軍手を渡してもらい、膝にマットを敷きウサギさんを渡してもらえました。

5歳の方ははかわいい! かわいい! で

3歳の方はこわごわ触っていました。
 
うさぎさんを膝に抱っこ



ここは人口湖かな? 園内所々に小さな池が点在していました。


サラダファーム   2


この日も日差しがとってもきつかったのですが、広々としたロケーションに癒されました。

いわて サラダファーム



娘一家と、息子と皆で「トムテの森」というエリアにあるレストランで昼食を摂りました。

トムテの森のレストランは、さらにこの奥の方にありました。(写真は撮り忘れました)

とっても美味しかったです。(写真は食べてから思い出し・・既に遅し)



いわてサラダファームにて

まるで、森の小道を抜けて歩くように・・・・






サラダファーム ガーデンパーク

ガーデンパークのエリアです。

この日は、子供達主体だったので

ガーデンパークエリアへは行けませんでした。


私的には残念でしたが、暑さのせいにしておきます。


気候のいい時に訪れたなら、なんて魅力的なんだろう!

サラダファーム ガーデンパーク 2



園内にはオープンテラスみたいなバスもゆっくりと走っていて

自由に乗ることが出来ました。

風を感じながら牧場をゆっくり走る黄色いバスでした。

とっても、乗り心地いい! ずっと乗っていたい!みたいな・・(笑)



最後には、道路を挟んだカフェでスイーツを堪能しました。

「わんわんドックパーク」とか

「いちごの森」

「グリーン館」

「ジェラートカフェ」

「たまご館」 等がありました。

そうそう、なんでもとっても美味しい卵食べられます。


暑さもあり

私たちはたぶん園内の5分の1程度だけ楽しんで来たのだと思います。



春、秋にピクニックや行楽シーズンになら、もっともっと楽しめそうでした。

暑い暑いと言いながら、駐車場の車に戻り





更に向かうは「いわて こどもの森」へ

途中、私の憧れの風景を車窓に眺めながら


岩手 七時雨山


七時雨山 (ななしぐれやま)です。

美しすぎてうっとりします。

宮沢賢治のイーハトーブが想い浮かびます。


七時雨



向こうには、七時雨山山荘が見えてます。


七時雨山 山荘


「いわて こどもの森」に向かう途中の光景  

畑がこんなに美しく見えてます。


岩手 車窓から



そして、車は狭い狭い森の中を走り抜けるようにして・・・・


いわてこどもの森

ようやく辿り着いた「いわてこどもの森」


いわてこどもの

入場料が無料でした。無料って素晴らしい!! (笑)


という訳で

室内には遊具や遊びがあり

外には水遊びが出来る広々とした場所があります。


かくして、子供たちは、存分に楽しんでくれたのでした・・・・・。


大人は大変お疲れさま~~!!!




「いわてサラダファームヴィレッジ」はとても素敵なところでした。

写真も下手だし、全体的にプレゼンが超絶下手! 

でしたが、遅まきながら車で行ける~!

良い所

こんなところがあったんだ!

(今までなにも知らずにいた私、実際何処へも行った事ないww)


という思いでご紹介いたしました。




長々とご覧いただきまして有難うございました。


スポンサーサイト

やはり、そうなんだよね。と想うこと

夫の実家にまつわる出来事が

この度のお盆期間中に幾つかありました。


舅に端を発した事なので

親戚縁者の目に触れる事が万が一にあれば

ちょっとマズいのかな……という危惧から書く事が出来ません。


それなもので

書けない、言えないがフラストレーションを呼び


嗚呼~!! 

今日は、友人に電話しました。

そうしたら

「これから会おう!」と言ってくれたので

勇んで出かけました。




口元が泡あわになるくらい話しまくりました。

我が家の事情をある程度把握している人なので

追加情報は入れやすいです。

会って互いの話をするのは

これでアップデート完了ということな訳です。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~



お盆のお供えを持って夫の実家に行った時

舅じいさんと少し話をしました。

舅は、血も涙もないようなトラブルメーカーだと

皆にレッテルを貼られているのですが

確かにそれはそうなんです。




でも(絶対に擁護するつもりはないですが)

ふとした時、「あれっ!?」と思うような事を言ったりします。



例えば

私が、お仏壇にお供えを用意して行き

「お墓には、我々皆でもうお参りしてきたからね。」

と、言うと

「○○○も、実家の仏様をやってやらねばならねんだから、これくらいでいいから」

と。言いました。

○○○とは、私の事なのですが

つまり、注釈しますと

○○○も、自分の実家のお盆の支度をしなければならない役目があるんだから

こっちのことは、これぐらいでいいよ。


と、このような意味なわけです。

私の実家は独り身の弟しかいないものですから、

それを慮ってのことなんです。



この言葉を聞いたら

なあんだ、舅じいさんっていい人じゃん! 

って事になりそうなんですけれどね。



反面

そういう面とは全く裏腹な事をしでかし続けて生きてきた人でもあります。




そんなじいさんが口から漏らしたのは

家の中にばかりいると、頭がボケそうになる!

やっぱり、外の空気を吸わねば生きた心地がしない。



その事は

周囲と反目ばかりして生きてきたのに

反目は、じいさん独自の歪んだコミュニケーションの仕方なわけですが…

周囲に関わりが欲しい。と言うことだと思いました。




「人間」って書くのは

「人」は1人だけでは成り立っていけないからなんですね。

人と、人との間に存在してこそ人らしくいられるもので





舅じいさん、あんなに周囲を跳ねのけて生きてきたのに

そういう人でも、やっぱり人の間にはいたいんだ……。

自分も

社会の一員であると感じることが出来て

社会と繋がっている自分であり続けたい!と願うこと


社会との繋がりは生きるための充電器なんだと




じいさんの話すことを聞きなが

やっぱり、そうなんだな…と想ったのでした。



それが、妙に自分の胸に引っかかったのは、

いつかは、自分自身もそういった

淋しい人になるような

そんな気がしてたまらなかったからなんです。



今度はお金が枯渇していく~!

「遠来の客」ならぬ

遠来の家族、娘や孫達が夏休みで滞在するようになり

大変なのは

朝食の用意から始まります。


息子の弁当をまず作ってから

今までの3人分から、6人分の用意

そして、娘の婿さんもやってきて、明日からは7人分の用意です。


それぞれの人数分を一人分ずつトレイに用意して置きます。

何故なら、私と夫スネ雄以外は、それぞれ起きてくる時間が違うからです。



今日は、昨日までと打って変わって急激に気温が下がりましたが

それまでは、朝からぐったりするような暑さでした。

体のだるさを引きずりながら

とにかく、自分が一番に起き出して活動しないと

皆の一日が始まらないわけです。


皆の朝食を整え終わると、どお~っと、疲れが押し寄せます。

娘は、実家に帰った時くらいは

親の手を当てにしたいだろうし、

こちらも、それが分かっているから、少しでも力になりたいと頑張ります。

その力になるためには

労力もだけれど、お金も相当にかかります。

孫貧乏とはよく言ったものです。



帰省シーズンにショッピングモールのフードコートなど行くと

祖母同伴の子供連れさんが目だつようになりましね。

我が家も、またそのひと家族ですが、



祖父母たちはおそらく

楽しんで帰ってもらいたい一心で、何も無い田舎を飽きさせないために

出来る限りの予算を目一杯出動させるんです。

(我が家は間違いなくそう)



老体に近づきつつある体は悲鳴をあげる寸前だし

若い者達のエネルギーに順応しようなんて3日で終息しそうになります。


それでも、もてなしたい思いは永遠の家族愛です。



悲しいかな

親なんて、使い捨ての雑巾になるまで子を思うものです。





実家の父の命日が明日なのですが

明日の予定があって、一日早くお墓参りをしてきました。

お盆も目前なので、また改めてお墓参りに行くことになります。

ひ孫達を見ることもなく天国に行ってしまった父母に

今日は、お墓で合わせることが出来ました。





普段、息子と、夫スネ雄と男2人との生活だと

外食に出る機会が殆どありません。


娘達が来てくれて、共に過ごせる短い期間だけ

ちょっと、お茶して帰ろうか……なんて

う~ん、何ヶ月ぶり? 束の間の楽しい時間は

数日間で、またあっと言う間に現実から遠のいて行ってしまいます。

でも

この数日間の楽しみのために

我が家の家計費は大幅に総動員されてしまい

まさしく、お財布は悲鳴を上げています。


これぞ、悲しき実家親の健気なことよ……(涙)





大型の台風が停滞しているみたいですね。

被害が出ませんように!祈ります。

せっかくのお盆の帰省。

どうか、平穏に過ごせますように……。



エネルギーが枯渇してきました。

8月に入り

3日前に、娘が2人の孫を伴って帰省してきました。

旦那さんが、夏休みに入ると関東から車でやってきて、

帰りは、一緒に戻ることにしているようです。




孫2人とも女の子なので

比較的おとなしめに遊びますが

それでも、パワーは物凄い!

一日中、疲れ知らずにはしゃぎ回ります。



帰省してくる数日前に熱が出た孫

様子が芳しくなかったら、来るのを延期しなさいね。

と、伝えてありましたが、

どうやら回復できたようです。(何より安心しました。)




娘達の暮らす関東も、連日の猛暑でしたが

こちら、東北の地も34度を超えることもあったり

真夏日を更新し続けています。

暑さは関東とさして変わらないような毎日です。


全く、避暑にはならないですよね。



それでも

気を抜く事もできない育児に疲れて帰省してくる娘にしたら

少しは、体を休める唯一のチャンス

この時しか無いわけで


数日間だけでも、手助けになり

リフレッシュして帰ってくれたら、、と思っています。



ただ、

こちらも、いよいよお疲れ気味のお年頃?

正直「お疲れ気味」なんてどころではありません

3日で、既に「疲れた~!!」と

体は訴えています。



夜になり

やるべき作業を終わらせる頃には

頭の中は、布団に横になって寝る事しか考えていません。



仕事は、この期間は出来るだけ手を抜けるように

事前に出来る事は済ませて置くようにしていたので

娘達との時間はある程度取り置きがあります。


私にとっても、今この時期しか無い、という気がしています。


あと数年もしたら、

これまでのように、1人旅みたいに遠距離を移動して会いに行くなど

体力的にも、健康面でも出来なくなることは目に見えています。


62歳の今にしてこうなんですから……。

エネルギーの枯渇


こればっかりは、歳に抗えません。

悲しいかな……です。



でも、今は余計なことは考えず

貴重な数日間を、楽しみたいと思っています。










ほ~ら、やっぱりね。

詳細はまだしっかり聞いていないので

今日、ブログに書いていいかどうか迷ったのですが、

とりあえず、こんな出来事があったんだ

みたいに、防備録のつもりで書いておこうかな……。



昨今、特に問題となっている高齢ドライバーの免許返納の話しです。


実は、舅じいさんは、90歳という年齢になるのですが

未だに運転免許証を所有しているのです。

我々は騒いでいます。


なんとかして、返納させねば!!

頭の痛い課題です。


それが、最近ある事態が起きて(この件については、いつかまたと言うことで)

その事を契機に、免許証返納にぐいっと進展していきました。

仕掛け人はスネ雄のいとこ(じいさんにしたら甥っ子)でした。

甥っ子→以後仮名、すな男君とします。


すなお君は、物静かな人で、爺さんに息子であるスネ雄よりも

はるかに可愛がられています。

どうやら、時々お小遣いも貰っているみたい……。



まあ、最近山ほど色々ありましたが、

そのすなお君が「俺に任せて!」と言ってくれました。

申し訳ないけれど、私達はすなお君にじいさんの免許返納をお任せしました。


何故なら、

じいさんは、娘や息子の言う事には耳を貸しませんが

すなお君の言う事には従ってくれるからです。

必然的に、ついすなお君を頼ってしまいます。




今回、すなお君が策を練って、

まさに、青天の霹靂!! 

じいさんに免許証返納を決意させることに成功しました。

皆(すなお君、スネ雄、義姉さん、私) ほうっ~と、深い安堵の思いでした。




いよいよ、すなお君はじいさんを伴って警察署へ行きました。

一緒に行って、運転免許証の返納を見届けるためです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~



すなお君から、スネ雄に電話がありました。

「叔父ちゃんがさ、警察署で爆発したんだよね! 免許返さないってさ!」

スネ雄「やっぱりなあ~!! そう上手く行く筈ないと思ったよ! あのおやじ!!」


詳しくは後で、直接。と言って電話は終わったそうです。


でも、昨日

皆でじいさんの家に行った時

スネ雄がなんとか、クルマのキーを見つけて

それを、持ち帰って来ました。


だいぶ掻い摘まんで書きました。


水面下で、魚雷のように、爆発の危機を孕むじいさん。

皆がほとほと困り果てています。





物凄い暑さです。

当地も34度を超えました。

生き物は皆辛いですねえ!!この暑さ。



皆様くれぐれもご自愛下さ~い。

百円ショップで見つけたランチプレートの楽しみ

今日も、暑いです。

出るに出られないお風呂場・・・んんん~ん (バスルームね)

蒸し風呂から出口が無い感じ・・・


とは言え、こちらは東北の地ですから

ここよりもっと暑い地域があると思われますので

これくらいで根をあげるのは不謹慎ですよね。

ほんとに、暑さには皆さま充分心構えましょう!



^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


今日、とってもいい事に気づきました。

額から引っ切り無しに流れる汗

拭いても拭いても流れる汗

昔、巷でよく見かけたオジサン方がやっていらした

あのおでこに鉢巻姿

今日、あれをやってみました。(あくまでも自宅のみです)

なんて、効率の良い!! 

いちいち流れる汗を拭かなくていいんです!


今日も、地面にかがみこむように、汗をかきかき草むしりしてきました。

仕事先でも、あれが出来たらいいんですけれど・・・・・




ねじり鉢巻きって、合理的です。 あれは必要から生まれた文化なのね・・・

そんなことを考えながら洗濯物を干していたら

あっという間に作業が進みました。


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


殆ど毎日ですが

お昼ご飯は、自分ひとりだけ、

いつもおうちごはんです。

残り物やら、何もなければ無いなりにかき集めて食べています。


お皿に並べるというより

お弁当みたいにタッパーに寄せ集めて食べたりしているのですが

先日百円ショップのセリアで気に入ったものを見つけました。


蓋つきのプレート

こちら、蓋付のプレートです。大きさは20センチ×18センチで小さめです。


百円ショップで買った蓋つきプレート

蓋を外すとこんな感じ


さて、このプレートに今日も有り合わせを盛り付けました。

私のお昼ご飯です。

    
   
今日のワンプレートご飯


庭でできた小さなトマト一個分、ただ4等分しただけ(何もつけないそのまま)

その隣は、やはり庭のインゲンとキャベツと人参を千切りにしてツナと炒めたもの

白米と玄米半々のご飯。 

庭でピーマンをもぎ取ってきて、フライパンで蓋をして蒸し焼きに

味付けは軽くお醤油だけ、これが最高に美味しい!

後は、カリカリ梅とわさび漬けを添えて。


あっさりメニューです。

スネ雄は基本、お昼ご飯は外で食べているか、お昼は食べないかのどちらかです。

ですから、私の昼食は、仕事次第で時間もズレがあるし

自宅に戻ったら、冷蔵庫を開けて

今日は何をどうセッティングして食べようか・・・・と




本日の写真も、そんな一日の私の究極?ワンプレートでした。



お暑い中、お出で下さいましてありがとうございました。

エアコン、どこまで我慢するか

いきなり、暑さが襲ってきました。

襲って来た。って言っていいくらいにです。


土日、と言えど仕事も交えながらの暮らしなので

炎天下のもとで仕事する時もあります。


それ以外は、魂の抜けた人形みたいに

家でぐうたらしていました。

暑さはとにかく、苦手、苦手です!



体を少し動かしただけで、滂沱の如く汗が筋になって流れ

汗拭き用タオルはあっと言う間に濡れ雑巾に、、、

病気のせいの汗なのか、

単に気温の高いせいなのか、

もはや、判別がつきません。



いくら日傘を差しても、スーパーまで徒歩で行けなくなりました。

帰り道の途中で足が前に出なくなってしまいます。


この暑さは、まだ予兆?

長期天気予報では、なにやら10月まで暑さが残りそうですね。

8月に入ると、さらなる酷暑になるのでは、、と。


嗚呼!! 恐ろしい。


今日も

つい、節約が大事と思い、夕方5時までエアコンをつけずに我慢しました。

夕ご飯の食事時くらいは、涼しくなりたいので

それまでは我慢しました。

暑すぎて何にもする気にならず

ただただ、どよよんとぼう~っとしてました。

扇風機も頼りない、ものぐさな風をよこすだけです。



お年寄りの方達が、エアコンをつけずに熱中症で亡くなっていた

とか、夏になるとニュースで耳にしたりしますが

もしかして

昨日、今日の私みたいに

エアコン、まだつけなくて大丈夫、我慢がまん!

なんて、そんな事思ったりしたのだろうか、、、


まさか、それが自らの命の期限を切ることに繋がるなんて

考えなかったような気がします。


理由は2つですよね。

エアコンをつけない→節約のため

エアコンをつけない→たんにエアコンの風が好きではないから。



前者の節約のため、と言う理由

私は完全にこっち派です。


他の事で節約すればいいだけのことかもしれないのですが

年を取ってきたら、水道水も節水意識が高まってきたし


なんでもかんでも、とりあえず使えばいい、

と言う感覚は受け入れがたくなってきました。



しかし

近年の暑さは、熱線の質が鋭いと感じませんか?

肌を攻撃してくるみたいに、

鋭い熱線のように刺してくるような気がします。



エアコン、つけずにどこまで我慢するか


なんて言っていられない感じしますね。



目にしたくない、おぞましい物。

8月に入れば

関東住まいの娘が孫達を連れて帰省して来る予定です。



現在は

娘の部屋が私の部屋になり

逆に

娘達が帰省してきた時は、

以前の私の部屋が娘達の部屋になります。

(この部屋の方が少しだけ広さがあるので)




普段、その部屋は

私の嫁入りした時の婚礼箪笥が鎮座するのみ。

一番日当たりもよく、居心地のいい部屋が普段は空室なわけです。



さて、そろそろこの部屋掃除しておかなきゃ!

箪笥の上の埃も、椅子に上がって掃除機で吸い取り

カーテンレールも拭き掃除して

壁の埃も吸い取って

照明器具の傘も綺麗にしました。


真夏日のような強い日差しのベランダへ布団も干しました。



さあて、だいたいはスッキリしたかな、、、、

と、思ったら出窓の下の収納を思い出しました。


そうそう、この中も綺麗にしとかなきゃね。


引き戸を開けて掃除機をかけたり、拭いたり

中は、たまに断捨離行動しているので、

それほど物は入っていませんが、



そうだった~!!!

これがまだここにあったんだあ~!!!


目にしたくない、おぞましい物!!!


それは


若かりし頃の、結婚アルバムです!!


自分になんでこのような過去があったのか

もはや、謎 、 謎です。


ほんと

後悔先に立たず! です。



知りませんでした~。

七月も下旬となり

この地に、いきなり夏がやって来ました。

それまで、

毎日梅雨寒だ~!! なんて言いながら

30度超えの暑さへの心の準備が出来ていませんでした。


それがいきなりの暑さです!

庭の一坪畑のトマトがようやく

うっすらと、赤みを帯びて来ました。

自家製インゲンもようやく、お味噌汁にデビューです!


出遅れた感の夏ですが、

束の間、夏模様の暮らしを楽しまなくては……。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



え~!?  知らなかっ~!!

と、驚いた事。


数日前に(恒例アポ無し)友人が立ち寄ってくれて

その時の話題は、帯状疱疹に罹った知人の話しでした。


それが、周りの人達と話題になるうち

中に

帯状疱疹の予防ワクチンを接種してきたと言う人がいたそうな。


友人は、「それでね、私もかかりつけ医に聞いたのよ! あるんですって!ワクチン」

と、言いました。

「え~! 知らなかっ~!」と、驚いた私。



こんなこと、今更知って驚いてブログに書いている私は

ズレていますよね?やはりね。(笑)

本気で知らなかったんですよ。



それで、今日たまたま月に一度のクリニックに行ったので

先生にその事を話したら

「ありますよ。ワクチン」と仰いました。

「じゃあ、私もお願い出来ますか?」と訊ね

「じゃあ、来月の受診の時までに取り寄せておきますね。」と、先生は仰いました。




帯状疱疹ワクチンは50歳以上の方が対象になるのだそうです。

接種することにより、

帯状疱疹ウイルスに対する免疫力を高めたり、

罹っても、軽症で終わる事が出来たりすると言うことのようです。


うろ覚えな事を書いてはいけないですが、

そもそも、帯状疱疹ウイルスって、

子供の頃に罹った水痘ウイルスが、体から無くなり切らずにいて

長年体内に潜伏していたのが元の原因なんですよね。確か

免疫力が低下した高齢になってから、そのウイルスが再び悪さをし

それが所謂、帯状疱疹と言う恐ろしい症状として現れるものとか、、


とか、、って。(ご存知の方、これで合ってますかしら…(笑))



そういう訳で私は

来月、そのワクチンを受けるべく、予約して来ました。



なんせ、60過ぎから色々体調不良が多くて

対策出来ることは出来るだけやっておきたい!

そう思うこの頃なわけです。



ようやく、暑い夏です。


皆様も、どうかお体ご自愛のほど!






日々の様々な想い

7月下旬ともなるのに

今年はいつまでも夏が来ません。


私は、バセドウ病ということもあり

暑いのが特に体にダメージなので

このまま、暑くならないのが助かると言えば助かるのですが、



でも、こんなに涼しい日ばかりだと、農作物も育たないし

心理的に景況感まで落ち込むような気がします。

やはり

暑くなるべき時はそれなりに、暑いのがいいのですよね。



今日は朝から体がだるくて、いつになく

朝食の片付けが終わった後横になっていました。


少しして、昔の同級生から電話がかかってきて

「元気? 最近何してるの?」と聞かれたので

「毎日、草むしりしてるよ~。」と答えました。

彼女は、5人のお孫さんがいて

その孫ちゃん達のお世話をしたり、毎日忙しいのですが

長年、農家の仕事をしたり体を酷使することが多かったせいか

身長が160センチあったのに

既に、腰が伸びない様子で、背丈が小さくなったように見えます。


私も、腰をかがめて草むしりが多いので

猫背が酷くなったような気がします。


互いに、似たような仕事をしてる2人です。

そんな彼女と、会う約束の時は、近場のファミレスです。


お洒落なお店も無い田舎だし

気兼ねも気取ることもなく

梅を漬けた話しをしたり

他愛もない話題の中に

お互いに努力してきたものが見えたりして、、、。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


関東で離れて生活している娘

3歳と、5歳の子育てをしていますが、

最近、どうも体調が良くないみたいで(元々病気がちです)


時々、ラインで子供達の動画を送ってよこしたり

時間的に都合が合えば、ビデオ通話で孫達と話をすることも出来るのですが


ここのところ、娘自身が忙しくて

ビデオ通話もできていませんでした。

疲れて体調が良くないながらも、子供達のことは自分しかいないし

頑張るしかありません。

それが手に取るように伝わってきます。


幼稚園に通う2人は、夏休みに入り

8月初旬に娘と帰省してくる予定です。

それまで、ワンオペ育児頑張って!と

遠く離れた地から応援するしか出来ません。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


時は令和に変わり

今日は参議院選挙の投票に行きました。

私の投じた一票は、ミリ単位にも満たないものだけれど

今の政治に繁栄されるにも至れない、

微かな叫びだけれど、投じずにはいられない声を投じて来ました。


冒頭に書いた

身長が縮まったみたいに見える同級生と

いつも、お決まりのファミレスのランチメニューを食べながら

究極、質素な会話で盛り上がり、喜び合って

そういう、私達は

この先も引き続き、松竹梅の梅コースを歩んでいるんでしょう。

華やかな物は

テレビ画面の向こう側のものでしかない気がします。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


自身のブログへの考え

いつ、辞めようかと何度も言いながら書き続けています。(笑)

ブログ村のバナーも貼るのを止めたままだし


最近では1日を整理するために書いてるだけのようです。

ここへ訪ねて来て下さる方には

心から感謝申し上げます。

数人の方にでも、気持ちを汲み取って頂けたか、、と考えると

心の重みが軽くなる思いがしています。

とても、救われています。


また、逆に

こちらから、お断りも得ずに毎回お邪魔させて頂いている方に

このブログからお詫びと、お許しと、お礼と

全部一緒ですみません。

いつも読ませて頂いて有り難うございます。

日々の出来事、お気持ち、お考えが

不純物無しに伝わって、

お訪ねする度、心地よく読ませて頂き

そっと、帰ってきております。

不躾で申し訳けありません。

コメント欄が苦手で、このような形でお礼申し上げますこと

お許し頂ければ幸いです。





本日も読んで頂きまして、ありがとうございました。

拍手コメントのお言葉、有り難うございました。



sidetitleプロフィールsidetitle

花みっ子

Author:花みっ子
62歳を目前にバセドウ病になりました。
時々噴火する独裁人間の夫と共に38年。夫の大病を機に経営していた会社を解散し、夫婦二人だけの自営業に転身しました。家のローンはあと3年。まだまだ働き続けなくては・・・。老後の明かりを求めて節約生活です。不仲な自営業夫婦の憂いある日々に、庭に咲く薔薇や草花に心の癒しを求め。家族の事、庭の事、日々の思いを綴っていきます。
時々覗いてみて頂けたら嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ライフ
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
節約
31位
アクセスランキングを見る>>
sidetitle還暦自営業夫婦、人生下りながらゴールは笑える日を目指していますsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle