FC2ブログ

粘着テープな性格

おとといの事。

いつものように夫婦で無言のまま朝食を食べておりました。

テレビのニュースにうなずいたり、首をかしげたり程度のからみはありますが。


こんなに静かで厳か?な朝のひと時なのに

我が家には地雷が存在するのです。


 新聞の折り込み広告を見て。

何やら訳の分からない倒産品とかのチラシでした。

スニーカーが90円とか・・・・・いろいろです。


私も、つい気を緩めてしまって、「ほらこんなチラシが入ってるよ」

なんて差し出したのがよくなかったのです。

「その靴(90円のスニーカーの事)買って来いよ。」

発言が飛び出しました。


私は、つい言葉を吟味することなく

「ええええ!? なんで私があんたの靴買いに行かなきゃいけないの!!」

と、言ってしまいました。!!


私の言った意味は夫の靴を買うのが駄目!という意味ではなく

物が靴ですよ!

私が私の足に履いてみてあんたの靴を選ぶの?ってことなんです!


靴だけは本人が行って買ってよ~~!

の意味が伝わらないのが我が夫の最大の特徴なんです。


まあ、昔は確かに私が、これなら入りそうかも・・・と

夫の足に合いそうなのを買ってきて履かせていたなんてこともありました。

そうすることに今みたいな違和感を感じたりしていなかったということもありますが、

とにかく従順であったと思います。(今は違います)


でも、普通に考えたらまずあり得ないです。

自分で買いに行けない、のっぴきならない事情がある訳でもないのに・・・


自分の靴くらいは自分で買いに行ってよ のつもりの発言に

夫のスネ雄スイッチが入ってしまったみたいで



それから、更に二日 態度がよそよそしく

顔の表面には固まったお面を装着しているみたいな態度です。



面白くないなら面白くない  と。

そうはっきり言ってくれれば、誤解も解くことが出来るのに


ただただ、心を硬直させて、これが何日も続くんですから


私はもうこの粘着テープみたいな性格にほとほと疲れます。


拗ねた次は 激怒の「出て行け!」ミサイルが飛んで来るのです。


スネ雄の噴火はもう数え切れません。

      
にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

お財布の底には穴が空いている?

4月もあと一日を残すばかり

今月中はもう絶対何があってもお買いものはしない!!

そう、固く固決意して

お財布の紐もぎっちり締めていた私です。


たった一日の違いでも

今月はもうお財布を開かない!と決めて

あと一日なら楽勝!!って思っていました。


ところが、「買い物依存症?」とも言える私の事




今日のお買いものは必要なものだったから・・。と言い訳をして

出かけてしまいました。お買いもの。




孫のためのベビーカーです。


ネットでいろいろ検索してみたけど高いものはほんとにお高い!

思い切って近くのリサイクルショップへ行きました。

(今月はもうお財布の口を絶対開かない!)って決意をどこかに置き忘れてます。


ベビーカーは8台くらい並んでいました。

ベビーカーにもいろいろ種類があるんですねえ。


中でも比較的、状態のよさそうなのを選びました。

もっとお安いのもありましたが、汚れが目立ったのでスルーしました。


新品を買うことを考えたら節約した方だなって考えて

  税込4212円のを購入しました。


ああ・・お財布開いちゃったぁ~~。

あと一日待っても良かったのに・・・



一日違いで出費した事実は変わらないのに・・。

 
   帰宅途中

たこ焼き屋さんが見えました。

九条ねぎがたっぷりトッピングで

1パック650円!   お高いなあ・・と思いながら


  今月はもうお金使わないつもりが

いったん開いたらゆるゆるとお財布の口が開きっぱなしになり


ゴールデンウィークだもの ・・・。



まあ、これぐらいは許される範囲としとこうかなあ・・・・。

明日はお財布の底の穴をふさがなくちゃ!



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

不慣れなブログですが楽しみながら更新しています。ぽちっと応援お願いいたします。

テーマ : 節約
ジャンル : ライフ

お話が出来たらどんなによかったでしょう・・。

今日は少し風があります。

午前の仕事を終えて

昼食を済ませ、庭の空気を吸いに外へ出ました。

ここは今頃が水仙の花の開花期を迎えています。

木々に新芽が宿り始めました。

  庭の隅で小さく咲くクリスマスローズを写真に写しました。

 
  IMG_0554.jpg

 
   この写真の花は、親友からの株分けでいただいたものです。

クリスマスローズの中でもこの白い色はとても気に入っています。


   特別な思いのある花です

腹心の友といっていい 親友がいまして。

でも、彼女は数年前に難病を発病しました。

今やほとんど自分の力で自らの体を動かすことが出来ません。

薔薇が大好きで、小さなお庭に素敵なガーデニングを繰り広げる

   才能ある人です。


 
二人共に薔薇の話をすれば、


3時間4時間もあっという間のことでした。

親しい友が何人かいたとしても

同じ趣味で

時間を忘れて語り合える友を得るのは難しいことだと思いますが


  私は、とても恵まれました。

互いの生活の中の悩みや困りごと、そして

もちろん嬉しいことも

素直に共有し合える出会い難き友です。



なのに・・・今は会話すら出来ません。

半年前にお宅へ会いに行ったときは(車で往復5時間を要す距離なのです)

文字盤を一文字一文字指を運んで意思を伝えてくれました。

あ り が・・・・・ここまで指を運ぶのにも時間がかかります

その先は、私が「ありがとう?」と

声に出して彼女の表情を伺います。

うなずくことも難しいけれど、そう言っているのが伝わってきます。


楽しく何時間でもお話ができていた頃を思うと、

胸の思いが絞り出されるような苦しい気持ちになります。

私は、彼女に何にもしてあげられない・・・。

以前はリハビリにいいからと、携帯でメールを送ってくることが出来ていましたが

最近はもうそれは出来なくなったのですね。



くじけない、めげない、常に前を向いていました。

あなたから、私はどれだけのお手本をいただいてきたかしら・・・・。



お花も分け合って。

その一つがこの白いクリスマスローズです。


「今、庭の片隅で綺麗に咲いてるよ・・・・」




  6月は薔薇の季節


互いの庭を行き来しました。

行くのも来るのも

お互い、5時間近い往復の道を車で走って。


あの日はいったいどこへ行ってしまったかしら・・・。

〇〇さん。

今ね、庭では黄色いサンシュの花がそろそろ終わりそうです。

代わりにレンギョが鮮やかに咲いています。



庭の花々を見回るたび、遠くにいる病身の友を思います。


お話しができたらどんなに良かったでしょう



 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

テーマ : 大切なこと
ジャンル : ライフ

お金が無いってつまんない

気候も良く

北国にも一気に春がやって参りました。

ここ数日は好天続きなので

お布団を干したり、冬物の上着をまとめ洗いしたり・・

せかせかと体を動かして要らぬことは考えないように過ごしました。



世間はゴールデンウィークです。

出国ラッシュのニュースは羨ましいのもありますが

何より日本は平和だなって思います。


我が家はしがない自営業なので

毎月、生活費が安定しません。

御給料日もなんとなくしか決まっていません。

(今月はいつもらえるかなあ・・・いくらもらえるかなあ・・・・)

もらえるかなあ・・っていったって

私自信がいくら働いたという区別なく夫婦まとめていくらなので

なんとなく、私も働いているんだよ~・・・なにかしら不満が残るのですが・・

今月は売り上げも少なくて、

手渡して貰った金額は30万円。 

その中から住宅ローン分の支払いが毎月11万8千円です。

今月は固定資産税の支払いもあります。

それに、普通の家庭と同じく水道光熱費、その他諸々

生命保険やら、引き落としされるものがありますので

今月やっていけるかなあ・・・不安です。

 ゴールデンウィークどころじゃありません。

我が家の最大の特徴は

夫60歳にして、住宅ローンが残り8年強あるということです。

住宅ローンを組んだあたりは、景気も良かったのです。

若さもありましたし


人は衰えていくということを考慮していなかった! 

今ではそのローンの残債に時折青ざめます。

例え、20年前に

現在の状況が訪れることをこっそり告げられていたとしても

やはり、忠告をもろともせず突っ走っていたのでしょう。

若気の至り って言葉と

後悔先に立たず って言う言葉

二つ折り重なって頭に阻んでくるこの頃です。

お金が無いってつまんない・・・そうよねえ。

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

夫婦の形

痛めている右腕が、今日は少しだけ使えるみたいなので

思い切って掃除の仕事に行ってきました。

営んでいる事業所の掃除やら雑役の仕事です。

人様を雇っているわけではないので、

清掃から事務や書類作りまで幅広く自分でやらなければなりません。


パートの仕事をしている友人と話している時

「〇〇さんはいいよ・・自分のところで仕事してるんだもん」

と、その人はいつも外へ働きに行くことの大変さを話します。

反論なんてするつもりはないのですが・・・・・

どこか、理解してもらえてない部分があって

「それは、そうかもしれないんだけどねぇ~」と

気持ちの入らないコメントをする私。

私のところはかつて24時間でサービスの仕事をしていたので、

一年中、今日は休みだ!って思える日がありませんでした。

要請があれば、元旦にだって仕事に出るのです。深夜の2時や3時にだって

仕事に向かうのです。

そういう仕事に出て行くときの夫や従業員の人の帰りが気にならない時はありませんでした。

無事に仕事を終えて戻ってくる音を気配を感じながら眠るともなく眠る・・・・。

そういった生活が20年~30年近く続きました。

大型連休の旅行に出かける人たちの様子をテレビで見たりするけれど

人それぞれの在り方だと思って特別うらやむこともなく今になりました。

幸せの物差しは皆違うのです。

私は自分に与えられたアイテムを駆使して

自分の安らげる床を作り上げてきたと思います。

自営業を

夫婦共に、戦うようにやってきた人生が今や土台も傾いで

いつまで持たせられるかなあ・・・・。不安が募ります。



今や夫婦は、それぞれの部屋にそれぞれの安らぎの型を作って

一つ屋根にいながら、それぞれ独りで生きています。

あと10年もしたら、この形はまた、変わっているかもしれないなあ・・・・・・・。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

ぽちっとお願い出来たら売れしいです。よろしくお願いします。

テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

母のブラウス

桜前線もどんどん北上を続けているようですが

私の住む地域にはまだ届きません。

庭にはサンシュの黄色い花がさくらでんぶみたいに満開の時期を終えようとしている頃です。

水仙もチュウリップもまだです。

でも、一日ごとに土気色の庭が緑の葉を茂らせていく様子に地味~に

心躍らせています。 


5月が近づいているので、今日も新聞のチラシには

母の日に向けたお店の広告が入るようになってきました。

もう10年近くになりますが、

母が亡くなって、4~5年くらいは、お店の母の日セールみたいなのを見かける度

ああ! もう母のためにブラウスを選ぶことも出来なくなったな・・・。って

淋しさがこみ上げてきたものでした。

毎年母の日にはブラウスを買ってあげることが多かったのです。

田舎のおばあちゃんでしたし、欲もなくただ働き通しでお洒落なんてとてもとても・・。

それでも、女はどんなに年をとっても女なんですね。

嬉しそうにラッピングをほどいて。

「ありがとう」と笑顔でした。

無口で穏やかだった母のブラウス。

一枚だけ今私のタンスの引き出しに眠っています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
出来ましたら応援クリックをお願いします。心が温まります。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

とりあえず書いてみたい

ブログを初めて見た割には何を書いていいか・・書きたいのか・・

毎日大したこともなく同じようなことを繰り返しながら生きている。


でもでも、今日という日はほんとに元気が出ません。

右腕負傷? 負傷というより 老化現象だと思われます。 

体の一部どこかが調子悪いだけでこれだけテンションが下がるものなんですね。

普段どれだけ健康に過ごせてきたのか、思い知る日でもありました。


体を動かして働いていると気持ちは晴れやかになるのですが、

今日という今日は、水が半分枯れた池の底で空を見上げてでもいるかのような

妙な落ち込みようです。 冴えない例え・・・ 



ゴールデンウィークに帰省するという孫のために

おもちゃを手作りして一日やり過ごしました。

体の不調を言えば娘には言われるに決まっています。

「病院行ってきてよ」

私は思っている(これくらいで病院行ってたら治療費でご飯たべられなくなってしまう・・)

我慢は美徳だなんて思ってはいないけれど、心まで沈むようになったら病院行きます・・・・。

まだ大丈夫・・まだいける。

今日もとりあえず書くことが出来ました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

 楽しんで更新頑張っています。応援をよろしくお願いいたします。

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

楽しいブログめぐり

日々の中で・・・・・。

出来るだけ出費をしない生活になってからまだ間もないので

衝動買いの癖が抜けない私として

特効薬は、何しろ外出を控えるのが一番です。

でも、家に籠ったところで趣味がある訳でもなし

せいぜい夫の一挙手一投足を観察しまくって

勝手に嫌な思いを募らせているのは健康的ではありませんし。


 世の中にブログなるものが存在することを

つい最近興味を持つようになり、読者を始めました。

自分に興味のあるブログに出会った時は

書店の棚を物色中に手に取った本が

「これ、買ってみよう!」

と思うものを見つけたときの気持ちと同じです。

スネ雄なる夫も留守で、大好きなコーヒーをテーブルに用意して

素敵なブログはないかしら・・・・・と

書店の棚を捜し歩く気持ち。  

衝動買いの防衛策から始まって

今は、有意義な試みに変わりつつあります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
ぽっちっとおひとつおねだり。

テーマ : 日々の中で・・
ジャンル : ライフ

あなたなんかのためじゃない


仕事に出かけてきましたが、早めに戻って参りました。(腹が立つことがあると何故か丁寧な物言い)


ああ~~!! 毎度の事・・どうしようもないなあ・・ ぶつぶつ むかむか

こんなにお天気のいい朝に愚痴ともつかぬつぶやきを致しております。

久々に夫(スネ雄)にムカついてしまって、自分の仕事をささっと済ませて

一時も一緒のところにいたくないので逃げるように戻ってきました。

お客様あってのサービス業なもので、我々夫婦の個人的感情を外に表すわけにもいかず

腹の中はマグマの様に煮えたぎりながら、表面はしごくにこやかに・・・・

そういう30年にもほとほと疲れたけれど、一番疲れたのは、

お客様第一のサービス業を立ち上げた本人がお客様第一の精神が無いこと!

結局、気の弱い方が(良心的な方がと言いたい)最終的な責任を負う羽目になってしまいます。

 そのくせ、短気を起こした時は「出て行け!!」 を突き付けてきます。

最初の頃はその言葉におびえていた私だけれど、子供たちもとっくに成人し家庭を持ったり

社会人となった今は、「出て行け!」が50メートルくらい遠くから聞こえてくるような

受け止めをできるようになりました。


あなたの「出て行け」はもうそんなに怖くはないのです。

私がそれでも出て行かないのは

あなたがやりかけた仕事に責任を感じるからです。

放り出すことはいつでもできる今だけど

それをしないのは、スネ雄、あなたなんかのためじゃない!!

今まで努力してきた私自信を汚したくないからだけです。

きょうは、怒りにまかせて書いてしまいました。(大人げありませんでした・・・)
にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

 前を向くように更新を続けて行きたいと思っています。応援よろしくお願いいたします。

テーマ : 生き方
ジャンル : ライフ

108円のお楽しみ

最近昼食の時間がまちまちになってきました。

しょぼいながら会社としてやっていた頃は

自宅と事務所がドア一枚の別な空間だったけれど

一応、出勤と退社の区別はきちんとしていたので

お昼休みも12時から1時までと毎日決まっていましたから

なにかお客様がいらしていて、休憩に入るのが遅くなったとしても

残った時間内にお昼休憩をして1時には仕事に就く。

と、けじめはありました。

ですから、お昼ご飯もまず毎日同じ時間に食べていたのですが

今は自由です。出かけて戻った時が昼食の時間ということで、

今日は2時頃の昼食になりました。

私の悪い癖は、普通にご飯を済ませた後の別腹が当たり前のように待っているのです。

今日は一袋 108 円

のお煎餅がその別腹になんなく入って行きました。 

美味しいし、あっという間です。 もう無い!!

10円でお腹と心が満たされるのなら良しとしましょうかしらね・・・・・・。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

テーマ : 質素な生活
ジャンル : ライフ

幸せ感じる事見つけなけゃ。

毎日が孤独に過ぎて行きます。

これから先、何年生きなければならないのかを考えると

ちょっと、貯えの事が気になりだします。

夫の国民年金も未納月があり過ぎて年金の受給資格すらないのですから。

 考えても仕方がないので、今やっているささやかな事業をなんとか頑張って

少しでも預貯金に回し、目の前に迫っている老後に備えなくてはなりません。

返す返すも思うことは

今、こんなにも切実に感じる事を何故!!?

今頃になってしか気づくことが出来なかったのか・・・・?

年金制度は相互扶助に原点があるのですから、私たちはその担い分を怠って来てしまったのです。

今となっては自己責任で自分たちの老後を切り抜けるしかありません。(かなり厳しい・・)


 人と付き合うということ、世間に出て何か活動すること、

精神的な豊かさを求めれば、何かにつけて出費を伴います。

こんなことを言って孤独の理由にしているわけではないのですが

結局、買い物の回数を減らし、家に籠る日が多くなってしまいます。


しかし、それでも、人は慣れていくものです。

今は、自分なりの小さな小さな楽しみを見つけています。

午前中はできるだけ仕事をし体を動かすように心がけて

私はコーヒーが大好きなので、午後はコーヒーを 楽しみにしています。

この数分間だけは「幸せだな」って思います。

これからは、小さなことにも幸せを感じる事ができるよう訓練しなくては・・・・・。
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
応援よろしくお願いいたします。ぽっちっと。

 日々の思いを表す場があるということは幸せなことです。楽しみながら更新頑張ります。

お米と水の関係

昨日に引き続き好天に恵まれました。

午前は仕事に出ました。(自営業の雑務担当です。)

雑務と言えば楽そうにも聞こえますが、手短に言えば掃除とかゴミの仕訳とか

ほとんど汗して、汚れることが多い仕事です。

なもので、結構体力も要ります。

毎日ではありませんが、時には机の上で伝票の整理や帳簿付けなどもします。

ちょこちょこっとパソコンをいじり、簡単な事務をする程度の事です。

そうしたことをやっていても、最近は自分の給料というもの手にしたことがありません。

夫から、もらえるお金がその月の夫のお給料であり、

その中には私のいただく分も含まれているということになります。

 
 例え、1万円でもいいから、給料明細なり、薄っぺらでも賃金の入った袋をもらえる楽しみを

味わってみたいものです。

自営は気楽でいいじゃないか・・・と思われるか方もいらっしゃるかもしれませんが

うちの場合は(5年前までは)24時間のサービス業をやっていましたので、

自宅に入ってからも電話が鳴ったり、出かけたり、盆も正月もない! 

そういう30年近くを過ごしてきました。


さすがに、今は24時間からは解放されましたが、

サービス業には時間も休みも無い と

働く意欲?満々の夫の元にあっては業態が変わろうとも体質は全く同じです。

夫婦で旅行? したことあったっけかなあ・・・? (泊りがけはおそらく一度もない)


意見も目指すものも何もかもがちぐはぐで、それなのに未だに戸籍上の夫婦なのは

なんとも妙な話ですが、互いに別室で(家庭内別居とも言いますね)

それぞれの生活を一つ屋根の下で送っています。

      お金の力とはおかしなものです。

金の切れ目が縁の切れ目とも言いますが、私たち夫婦の場合は

ご飯を炊くのに必要な お米と水 のようなもの。

仕方ありませんよね。どちらもどちらかを追い出せない・・。

にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

黙々と動き黙々と考える

今日は気持ちのいい朝を迎えました。

普段から不眠症の傾向が強いのですが、昨夜は5時間は確実に眠れた気がします。

眠れるってほんとに幸せな事だって思います。

お天気も最高です。

冬の間の寒風で舞い込んだゴミや枯れ葉などで庭が雑然としているのが気になって来たので

朝から日よけの帽子を被って庭へ出ました。(まだ写真を載せることができてません)

ここは、夫の父親名義の土地で結構な広さがあります。なんといったって田舎の土地ですから

売りたいといったところで不動産など動く要素もない田舎です。

土地の持ち主である義父は、お金に代えたいからここを出て行くように。と何度か言ってきていました。

私たちは居座っています。 なんせ、その土地の上に私たちは家を建て住んでいるのですから・・。


まさか、出て行けと言われる日など来ようなんて考えてもいませんでした・・。

その詳しい事情をブログに載せるためには何十回分の記事を書き続けなければならないほどですので、


もし、このブログを続けていけるとしたなら、折に触れて書いていこうかな。・・と考えています。

 
育ちや環境が違うところで育った二人が夫婦になって35年も一緒に暮していれば、

いつか出来た小さなひび割れとか、互いに気づかずに傷つけた時の心のへこみとか

その都度気が付いてメンテナンスをこまめにしていかないと

20年30年と時を重ねるうち

ひび割れは心の奥まで浸透してしまっているし、へこんだ部分には錆も出来てしまっています。

夫婦間だけでもそうなのに、そこへ舅の強力なマンパワーが覆いかぶさって

私は、二人のモラハラになびいて生きてきたんだって気が付きます。

出て行きたくとも、夫婦で自営業を生活の糧にしてきたので、

家を出て、再出発を切るという決断を山のように押し入れに封じ込めてきたのです。

思えば、事業が下火になって、スネ雄が病気になったことが、

逆に私を引き留め置いてくれたのかもしれません。


 だいぶ前から右腕と肩の痛みがある中、草を引っこ抜き、薔薇に肥料をあげたり、

半日庭の作業をしましたが、孤独な作業でもくもくと手を動かしながら

頭の中は様々な事で満たされたり、嫌な事ばかりでもなく黙々と回転し続けます。

 
一度庭の作業に出ると、土汚れで身支度も簡単にいかないので、こんな日は昼食に

おむすびを用意しておきます。 スネ雄と二人分です。

ぐっすり眠れて、気持ち良い朝を迎えられ、痛みがあるながらも手や足を動かして

雑草を抜き、大好きな花の手入れができ、空腹になったお腹におむすびと大好きなコーヒーがあって・・

お金の不安は考えればきりがなく湧き上がりますが、

大人の感情同士がぶつかり合うことのない日が私には幸せです。 おむすびだけでも満たされるのです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

テーマ : 質素な生活
ジャンル : ライフ

見えていないクレジットカード払い

消費税増税以降、4月に入って2回目のお買い物に出かけました。

先月は駆け込みで買いだめに走ってしまったので

今月は、意を決してよほどの事が無い限り外出しないようにしていました。


無駄遣いの始まりになってしまうのでむやみに外出しない方がいいのです。

 私の家計簿は覚書程度なのですが、買い物をしたら、レシートは必ず受け取ってきます。

レシートは時間が出来たときにまとめてExcelに打ち込んでいきます。

月日と支払先と金額だけの簡単なものですがメモ代わりにもなります。

4月に入って2回目の買い物。 今日現在で1万3千円の支出!(現金のみ)

いつもに比べたら当然出費が少なくてしかるべきです。

先月あれだけまとめ買いをしたのですからね。今月は出費が少なくて当然です。


でもでもです・・。何か忘れてる・・・。

そうだった カードであれこれ買い物してたんだった 

先月は前々から欲しいと思っていたバックをぽちっとしてしまったのでした。

洋服も、バックも最近はほとんど買っていません。

バックは10年は使うつもりで買いました。

クレジット払い。目に見えない支払い はほんとに気を付けなくちゃ・・・・・。


にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

 ブログ初心者ですが、楽しんで頑張ります。応援をよろしくお願いします。

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

5日間買い物していない

消費税が増税されてからまだ1回しか買い物に出ていません。

最初の1回スーパーに出かけてからその後5日経ちました。

自宅と事業所がドア1枚で行き来できる環境で事業を営んでいたので

30年近く?それ以上? 1日3食ほとんど夫婦顔を合わせて食事を摂る日が多かったのですが

主たる事業を解散してからは夫も外出が多くなり、昼食は私一人ぼそぼそといただくことが多くなりました。

今日もそんな日だろうと特にこれと言って用意もしていないところへ

いきなり帰って、今日は家で食べるかな・・・等というものだから

あれあれ困った・・・食材も5日間も買い物に出ていないのでお野菜も足りなくなっています。

出かける前に。今日はご飯要るとか要らないとか。

たったその2つの選択肢をはっきり言い置いてくれれば助かるのに・・・

仕方なく、今日のお昼はインスタントラーメンにしました。

自分一人なら、ご飯に納豆だけで十分なのですけれどね・・。

「塩分が多いから、スープはあまり飲まないようにしてね。」と言いました。

一応体を気遣う良心(あえて、愛情とは言わない)はあるのです。


風が冷たく時折白っぽいものが舞う午前、玄関前の整備をしました。

今年の冬は雪が多かったので雪を片づける場所が玄関前になくて

花木の植え込みを移動させました。

力仕事には慣れていますが、さすがに今日は肩も腕も大きな湿布で手当てしています。


明日こそは力仕事じゃない、お買い物に行きましょう。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

テーマ : 節約ごはん
ジャンル : ライフ

未納分のしっぺ返し

日本年金機構から夫宛のはがきが届きました。

先月めでたく?還暦を迎えたので、国民年金の加入期間終了のお知らせです。

私たちは個人自営業者でしたので、国民年金への加入者でしたが、

今の様に国民年金への強制加入が強く打ち出されていなかった頃。

事業がまだ安定期にあったことと、年金制度への不信感も手伝って、いつしか未納が続いてしまいました。

はがきは、そういった受給資格期間を満たしていない人へ、任意加入制度がありますよ。

暖かい? 救いの手を差し出しているのですが。

しかし、思いのほかの景気減退と夫本人の病気のために現在は毎月暮らせるだけの収入ですから、任意加入へのゆとりなどあるはずもなく・・・・。

失敗というものは起きてから気づくもの。 自らの落ち度は自ら対処していかなくてはなりません。

スネ雄の爆発を誘引しないように細心の気を配りながら

     自助努力で頑張って行きます。 (そんな自信どこから生まれてくるかな・・)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

テーマ : 暮らし・生活
ジャンル : ライフ

格差を感じる事

おとといの夜、何故か眠れませんでした。

時々頭の中が反乱を起こすのですね。あれやこれや、考えなきゃいいことをわざわざ引き出してきて思い悩んだりするのですから。何が原因って、それは言わずもがな老後の生活不安が引き金になっているのですけれど・・。 

2時間も眠れたのかなあ・・。意外と眠れていないようで、実際はそれなりに眠っていることもあるようですが、一昨晩はほんとに眠れてませんでした。

それでも一日のスタートは同じです。
お天気も良かったので気を取り直して庭に出ました。1年も前から枯死してしまった庭木をやっとの思いで引き抜いてやれやれと思った時には大汗をかいていました。

午後には3か月ぶりの友人が訪ねてきて、楽しく過ごせたのですが、何しろ前夜の寝不足のせいで頭の中はおぼろでした。

経済的に一気に減退してしまった私は前と同じレベルの会話をしているのに、なぜかいる場所が違ってきてしまったような淋しさが後に残りました。

 昨晩はその思いを引きづりながらも早い床に入りました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

テーマ : 日々出来事
ジャンル : ライフ

そりゃ傷つくよね

昨日のブログはだらだらと書きすぎたなって思ったら反省やらいろんな思いが頭の中でぐるぐる回って寝着くけなくなってしまいました。

でも、なにやらこれまでの思いのたけを放出できる場所を見つけたようで嬉しくもありました。


一度すねたら手の付けようのない夫、スネ雄ですが、昨日は昔からの仲間達と飲み会があると言うので、街まで車で送って行きました。病気をして以来体の加減もあったりいろいろな事情でなかなか外で飲み会に参加する機会も無くなってきた夫でしたから、昨日は楽しみに出かけたと思うのです。

ところが、今朝になって「昨日は行かなきゃよかった・・・」としょぼくれた言い方をするのです。いつだって誰にだって強気発言をする人ですから、誰かと意見でも食い違って怒ったりでもしたのじゃないかな・・と思いながら耳を傾けて聞いていたのですが・・・・・。

どうやら「自分は招かれざる人」だったようです。集合場所の店の前で幹事役の人にバッタリ会った瞬間、「あれ!?あんたも来たの!?」と怪訝な顔をしたそうで、どうりで、飲み会の誘いはこの幹事役からではなく、共通の友達から聞かされてその人の誘いで出かけて行ったのでした。  そこからして変ですよね・・

お店の方でも、料理の数も予定に入っていなかったようで、本人にしたらとんでもないピエロだったわけで。

こんな話し、なんかで見たような気もしますが、現実的には笑えない話でしょう。

ほらほら、普段からの行いが自分に返ってきただけのことでしょ?とはっきり言いたかったけれど、少し賢くなった私は思っても口にはしませんでした。この期に及んでへこんでいるスネ雄に今、言うべきでもないような気がしたからです。

夫も先月還暦を迎えました。飲み会仲間達もだいたい同じくらいの年代です。
悲しいのは、それくらいの成熟した大人の集まりなのに仲間外れにされた者はもちろんだけれど、した方はどんなだったのかな・・・。

年齢と共に、他人を傷つけるのは両方に痛いことでしょう? まあそれだけの人なのか・・スネ雄は・・。

そんな珍しく弱気なスネ雄と今朝もぼそぼそと二人で朝食を食べました。 
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

続きを読む

破れ鍋にとじ蓋

4月というのに、昨日は雹が降り、今日はまた、晴れ間の間に雪が舞いました。寒い一日でした。
私は北国で暮らしています。
テレビや新聞で皇居の桜が一般公開されている様子が報じられていました。天皇陛下が80歳を迎えられたことの記念として実施されたことのようです。 (ということは、来年は無いのかな・・・)
この地方で、お花見の話題が聞かれるようになるにはもう少しの辛抱が要りそうです。

辛抱と言えば、私のこれまでの人生を言い表すのに一番近い言葉かな・・って思います。今年は結婚35年目になります。当時としては極一般的な適齢期に結婚をし、夫一人で営む自営業の妻となりました。当初は生活費も微々たる金額しか貰えませんでしたが、結婚前までOLとして会社勤めをしていましたので、そのころのわずかな預金をこっそり取り崩しながら生活費に充てていました。それでも新生活を築けたことに喜びを感じながら暮らしていたものです。こっそりと言いますのは、当時は一生懸命働いている夫にお金が足りないよ・・なんてこと言えなかったし、自分が何とかしなくては、それが当たり前な考えをしていましたからね。そんな健気な事今の私には考えられませんが、あれは多分別人だったのでしょうね。

 しばらくそんなようなひそかに夫を支える的な生活が今日にまで延々と続いてまいりました。現在30歳前後の息子と娘がおります。この二人には随分心の支えになってもらっています。

バブルの頃までには、従業員を8人抱えていましたが、8人いても、そう8人いるのに、物事はすべて自分が決めて行かなくては安心できない夫です。この頃から夫は持て余した苛立ちを如実に表にぶつける様になりました。ターゲットになるのは24時間共に過ごす私であることが多かったし、その粘着性にはほとほと心が痩せる思いでした。
なんの予告もなく、いきなり烈火のごとく怒り始めると顔の表情まで恐ろしく嫌悪感を覚えるのです。それが始まると、お決まりのハンガーストライキが始まるのです。用意した食事に一切手を付けなくなります。(その間本人はコンビニから調達して来るのですが・・)それが2週間ほど続くくらいの粘着質!これにはもう、真綿で首を絞められるごとくの苦痛に追い込められるのです。自営業なので、通常食事は3度ほとんど一緒に摂りますから、朝昼晩食べずに手つかずの食事がそのまま三角コーナーに捨てられる羽目になるのです。用意していなければいないでまた不機嫌になるので、食べないことを分かりつつ食事は用意しなければいけないのです。
食事一つをとってもこんな具合ですから、生活のあれやこれや夫の不機嫌が治るまでは腫れ物に触らないように おどおどと過ごすのです。

息子は言いました。ああいうのモラハラって言うんじゃないの? そういう認識はなかったのですが、その中に浸りっぱなしのうち、その水が冷たかろうが、それが当たり前、のこととなってしまうのでしょう。

 ちなみに、一度すねたら手が付けられない夫をスネ雄(ニックネーム)と言います。スネ雄は普段は働き者なので、多少の感謝もあります。 夫は3年ほど前に大きな病気をしまして、実質の破れ鍋になり、私は噴火を抑える綴じ蓋と化しています。
病気を機に小さな法人を解散し、今は従業員もいません。現在は、破れ鍋の夫一人と綴じ蓋の私と細々と自営業を営んでいます。収入は半分以下に落ち込みましたから、当然生活は厳しさに追い込まれています。これからは、毎日を丁寧に生きて行こうと思っています。

長々お読みいただいてありがとうございます。
にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

やれやれ

ブログを開設して二日目です。今日できたことはテンプレートの設定とプロフィールを書いたことです。テンプレートを決めるのにすごく時間をかけてしまいました。ほんとに迷ってしまいました。だって、このブログのイメージや自分の気持ちに後押しをしてくれるような優しいものを見つけたかったからです。そして、いつか訪ねてきて下さる方にもほっとする瞬間を感じていただけることも重要でしたから・・・。
こんな具合にしばらくはこのブログと格闘しながら、おいおい書きたいことを載せていきたいと思っています。とりあえず今日のところはやれやれです。  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
頑張ります。暖かいぽちっをよろしくお願いいたします。

テーマ : 日々のできごと
ジャンル : ライフ

sidetitleプロフィールsidetitle

花みっ子

Author:花みっ子
62歳を目前にバセドウ病になりました。
時々噴火する独裁人間の夫と共に38年。夫の大病を機に経営していた会社を解散し、夫婦二人だけの自営業に転身しました。家のローンはあと3年。まだまだ働き続けなくては・・・。老後の明かりを求めて節約生活です。不仲な自営業夫婦の憂いある日々に、庭に咲く薔薇や草花に心の癒しを求め。家族の事、庭の事、日々の思いを綴っていきます。
時々覗いてみて頂けたら嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ライフ
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
節約
31位
アクセスランキングを見る>>
sidetitle還暦自営業夫婦、人生下りながらゴールは笑える日を目指していますsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle