FC2ブログ

アナログな「紙」がいいよね

タウンページに広告を掲載しているのですが

来年の契約更新の手続きで。担当の方がみえました。

毎年、この時期です。

個人客がお相手なので我が家も広告を切り離すことが出来ません。



数か月前

夫が地元の新聞に20年来掲載していた広告を打ち切ってしまいました。

えっ! と私は思いましたが

夫が決めたことを覆すことが出来ませんでした。

掲載を打ち切った理由は

今や、ネット時代

紙媒体からの広告掲載に効果を見いだせない。としたことでした。


そうは言いながらも

タウンページは更新しました。

確かに新聞広告からの顧客を引き出せた感覚は薄くなっています。

この件に関しては

私も強く意義を唱えることは控えました。



タウンページが新しくなったそうです。

今までのイメージカラーだった黄色から白い表紙にハートをかたどってお花がちりばめられていました。

綺麗なイメージに変わっていました。


タウンページを見て電話してます。というお客様が多い中

ここ数年は

ネットから入ってくるお客様が急加速度的に増えてきています。




毎回孫の話題で申し訳ないのですが

孫が今夢中になっているのが「ぬり絵」です。

アンパンマンのぬり絵が大好きで

ぬり絵ノートを買っても買ってもきりがないので

コピーして、ぬり絵をさせています。

このぬり絵にしても

やはり「紙」媒体です。

白い紙に赤や青や黄色の緑のクレヨンを滑らせて・・・


このぬり心地と色のグラデーションを目で確かめながら

更にはインスピレーションとか想像力とか

様々な感性を引き出してくれます。



読書もやはり私は本を手に取って読むのが好きです。

借りて来た本ならば

どなたかの付けたシミや折り目があったりするのもなにやら

不思議なつながりを感じさせてくれたり・・


生活のあちらこちらに

「紙」はまだまだあり続けて欲しいものだと思います。


本日も走り書きでした。誤字脱字お見苦しくすみません。


ご訪問ありがとうございました。



にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト

馴染みのお店を変えるって案外悩んでしまう。

永い間通い続けた馴染みのお店を変えるってなかなか決心がつきません。


15年以上に渡り、通いなれた美容室に行っていますが

ここ数年以来

どうも手抜きが感じられて

カットだけしてもらって帰ってくるのですが

横からひょいひょい髪の毛が飛び出していたり・・・・・・・・・

先日などは

パッツン とザンギリみたいにカットされてる部分があったり・・・

帰宅するや否や、娘に「何その頭?!。」

などと言われてます。


音楽や読書、ガーデニング、手芸

色んな面で趣味が共通していて話しながら、とても楽しい美容室


でも

肝心のカットが疎かでは流石に考えてしまいます。


皆さんはきっとアドバイスされるでしょう・・

カットの手直ししてもらえばいいんじゃないの・・・ってね。

ところがねぇ・・・私はどうもそういうのが苦手なんです。

もう我慢してしまいます。

どうしても我慢できなければ鏡に向かって自分でチョキチョキ調整を試みます。

そういうことがもう何度か続いています。



でも、この次は別のお店に行ってみようかな・・・って思っています。


60歳も近くなるといろんなこと変えるのって億劫です。


でも、お金を払って不満足ではどうにも納得がいかなくなってきました。




我が家もしがない自営業

個人のお客様を相手にさせて頂いています。

逆にこんなようなことが起きていないか、常々気を引き締める点でもあります。





忙しい毎日が続いていて、ブログも疎かになりがちでしたが、それにもかかわらず訪ねて来て下さって有難うございます。

コメントを頂けるのも幸せです。お礼もできないままで申し訳ありません。

時々また覗きに来ていただけたら嬉しいです。

お読みくださいまして有難うございました。




にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村




記念写真を撮ってもらいに行こうよ!が思い出になる。

先日、孫の誕生日のお祝いに

写真スタジオを予約して親子3人の記念写真をプレゼントしました。




写真のリストが出来たという電話があったのでお店に見に行きました。

プレゼントすると言っておきながら予算があまりないので

「1カットだけでいいですから・・・・・」 とお願いしたのです。

可愛いドレスも貸してもらえて(親二人は普段着というお粗末さでしたが)

7・8カットくらいカシャッカシャっと

笑顔を引き出すのも大変なことです。



1カットだけ、一枚だけでいいんです・・・・と言われても

お客さんには「うわぁ!素敵な写真!」というのを差し出したいと

そりゃ思うでしょうね。

7回8回とシャッターも動きます。




今日、8ショット分の写真がテーブルの上に置かれました

満面の笑顔でこれがいいなって思うのとか

親子3人のバランスがいいのとか

手を広げて動きがあっていいとか

8枚それぞれにいい感じに撮れてました。


どれを究極の一枚にするか迷うところでしたが

結局決めたのは

普段いつも見る顔

「ああ! これが 一番○○らしい顔だよね!」っていう一枚に決めました。




撮影代に3千円

キャビネ版一枚+ポケットアルバム(L版サイズ5枚収録)で4千5百円

データが欲しかったのですが、6つ切り以上の注文でないと頂けないシステムで

データを欲しい場合は3千円プラスになります。


そんなこんなで結構ないいお値段になるので

私はあくまで1カットだけでサイズもキャビネ版と譲れませんでした。

その代り、ポケットアルバムを追加したので消費税も入ると8千円分くらいになりました。



この記念写真のエピソードは

私の思い付きで強制的に提案しプレゼントしたものでしたが

親二人はなかなか喜んでくれたようで

限られた予算に思いを切り詰めるのは難しかったですが

思った以上にいいプランニングだったような気がしてきました。




記念写真撮りに行こうよ!

そういった思い付きをしたことが

私の良き思い出になりました。



今日は全国的に晴れのお天気が多いようですね。

いい一日で終われるといいですね。


暖かいクリック有難うございます。コメント有難うございます。



にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

今は自分の時間を作るのが難しい

今日は最近滅多にお目にかかれない快晴です。

風は初秋の小気味よい引き締め感を匂わせて

洗濯を干しに出た薄着の肩をぶるっとさせるくらいがすこぶる気持ちいいです。




今は娘と孫もいるので

5人分の朝食を用意し

それから、山のように積み重なった洗濯をします。(洗濯機がね)

食器洗いもシンクに盛り盛りです。(人数が増えると使う食器の数も多くなります当然ですが)

3度3度、食事の度に食器を洗い、仕舞い・・・延々繰り返す繰り返す・・・・。




半日が瞬く間に過ぎて

昼食後はとろりと眠気が襲ってきますが

2歳児の孫のバッテリーが切れません。

お昼寝しないチビギャングに昼寝の睡魔を剥ぎ取られます。




仕事も積もり積もってまとめて手掛けるものだから

段取りが狂います。





浅田次郎著の本が大好きで

bookオフで探して5冊買っておいたのに

なかなか読む時間が持てません。(読書をするという気持ちのゆとりが持てないと言った方が正しいかな・・・)




先日我が家に7年間親しんだテレビが壊れました。

当時37万円も出して買った日立のWOOでした。

不具合があって何度か買ったお店に点検修理に出したのですが

「異常が見当たりません」 の一言で出戻ること2回

異常が見当たらない? 

視聴中に時々画面が真っ暗になる頻度が多くなり

遂に電源が入らなくなりました。

度重なる点検にも関わらず治ってくることが出来なかった我が家のテレビ

未だ7年ですよ! 早すぎでしょ? 壊れるの・・・・・・・。



お付き合いのある街の家電屋さんから義理もあって購入に至ったのでしたが

修理に出すことを断念しました。



とは言え

テレビが無くても私はあまり困りませんが

無くて困るのは夫さま。

WOWOW、スターチャンネル 朝もはよから(朝飯前から)映画のご視聴ときます。

夕方、ニュースが見たいな・・・・と思う時間帯も映画・・・とにかく映画。

録画のフォルダは映画の録りだめで一杯です。



テレビがあったって、私の見る余地はあまりありません。

夫のいない間にちょこちょこ見るだけです。



夫にとって

テレビが壊れた! は一大事です。

もうだめだとなった日、その日のうちに家電屋さんへ行きました。

そして、その日のうちに配達と設置をしてもらえるようにお願いしてきました。

テレビは夕方に届き

夫は何不自由なくテレビの恩恵に心温めている次第です。




10月は車検もありました。

テレビも買いました。

物凄い勢いでお金が飛んで行ってます。


お金って出ていくように出来ているんですねぇ~~😢



テーマを見失ってしまいましたが

今はなかなか自分の時間が持てないなぁっていうお話でした。




皆さん、それぞれ日々お忙しく過ごしていっらっしゃると思いますが

忙しい中にも

お洒落をしたり、

自分だけの楽しみをほんの30分でも見つけて過ごしたいものですね。




お読みくださいましてありがとうございました。




にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

変われる家族の祭りのあと

ここ数日、家族の誕生日が続いてお祝い事気分が前面に出ていましたが

細々ながら自営業の仕事が歩みの先頭におります。

60歳を過ぎた夫と後一年で60歳になる私です。




世代の入れ替わりを感じるのは

娘が既に結婚をし

子供も二人目を出産する今となり

当然ながら、婿さんという我が家と違う血液型の人間が織り交ざった

という事。

夫はA型、私と子供二人はO型、

そして婿さんはB型です。

そのB型の婿さんには

金銭感覚というか、お金の使い方には非常に勉強させられます。


私は婿さんによって感化された事柄がたくさんあります。

とにかく持ち物を長く大切に使います。

これには目からうろこでした。

かと言ってケチケチな訳でもなく、嫁である娘には不自由をさせていません。

使うべきところにお金を使うっていうことが身についていると言った印象を受けます。


それに比べ

私は自身を含め、子供等に対してそのような躾や教育?をしてこれたか・・・

疑問というか、反省が湧いてきます。



全く血の違う他人と家族になってみると言うのはある意味刺激的です。

長年持ち合わせて来た価値観がひっくり返されることもあったり

より、自身に確信をもたらすこともあります。


☆      ☆      ☆      ☆



33歳の婿さんと孫の2歳のお誕生会は今までの我が家にない盛況に終わることができました。

大きなお腹で部屋の飾りつけをした娘も満足している様子です。


予想外だったのが

おじいちゃんである夫が、庭先で孫の相手をして遊んでいる姿を見れたことでした。


夫を少しづつ軟化(浄化)させていく力が

小さな小さな孫の中に潜在しているのを感じます。

表現に語弊があるかもしれませんが

濃すぎる癖のある血を娘婿さんの血筋に中和してもらえているような気が

ちらっとしないでもありません。




家族の祭り事には充実した時の流れと

安堵感の余韻の帯を引き

婿さんは早朝に出発して関東へ帰って行きました。

そう、今回は一人車を走らせて遥々来たのでした。

あと少ししたら、

「無事着きました」と連絡が来るかもしれません。



いい風をもたらしてくれてどうも有難う!

そう思いながら、

秋冷の朝立つ婿さんを見送りました。





※  自身のブログから気持ちが薄れ始めたころに、ぽっと灯りが点いたようにコメントを下さる方。
    ああ、こんなブログでも読んで下さる方がいて下さったんだ・・・・・。嬉しくて弱腰になった気持ちを
    再び奮い立たせていただいてます。
    殊に、自営業者の主婦はその立場になってみないと分からない苦悩があったりします。
    私は、普通にサラリーマンの奥さんになりたかった・・と何度も後悔しながら生きてきました。
    決して良き理解者とは言い難い夫と事業を共にし、生活を共にするのはある意味苦行とも言えます。
    一つ屋根の下で、喜怒哀楽の回転劇。怒と哀は相乗効果?をもたらして3倍にも4倍にも膨れ上がることも・・・。
    逃れようのない限られた狭い空間をすれ違ったり肩ぶつかり合ったり・・・。
    同じようなお考えや、お気持ちの方に出会えた時は、ついほっとしますし、力強い気持ちになります。
    頂いたコメントにこの場を借りてお礼申し上げます。  ご訪問、心からお礼申し上げます。ありがとうございました。


にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村  
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村


   

家族のイベントを楽しむその訓練・・今更

夫への不満解消の為に手探り状態で始めたブログでしたが

ブログの運営能力というか、パソコンスキルはさっぱり成長もできず

相変わらずその日その日の書きなぐり状態です。



でも、こうして始めた当初の夫婦(家族)間に流れる我が家の空気は

歯磨き粉からミント臭が抜けた?ような変化を辿っています。

ミント臭は好きですが常時、身に纏わりついていたら頭がのぼせてきそうです。

夫との会話に神経をとがらせ、弛緩を許されない心が

常にミント臭に纏いつかれているみたいでした。



ブログに夫への不満を綴る傍ら

片目で仕事に向かう姿を追いながら労いの気持ちもありました。

自分の中にはそういう夫への是と非がないまぜになって日常を繰り返しているのです。




不誠実さへの死んでも許せない恨みの気持ちはありますが

この人間とどんなご縁?かは知りませんが共に暮らす羽目になったからには

今更ジタバタするのもこれまでに消費したエネルギーが勿体ない事になるでしょ・・・。


☆      ☆      ☆      ☆



もうじき出産を迎えるために帰省してきている娘と孫ですが

独り関東に残って毎日せっせとお勤めに行っている婿さんが

数日後に誕生日を迎えます。

その婿さんが

今度、娘たちに会うためにはるばるやって来ることになりました。(出産も近いですしね)

その婿さんと孫の誕生日をお祝いするために (婿さんの誕生日の翌々日が孫の誕生日です)

我が家はプチパーティー会場と化しています。

娘が百円ショップで色んなアイテムを買い集め

天井から窓から華やかな飾りつけが整いました。

後はまさに、婿さんを待つのみになりました。


☆     ☆     ☆      ☆



お誕生日のお祝いのプランニングの話題が出た時

夫が、自分たちの時代はそんな大げさに誕生日会なんてやったことが無い!

と発言し、

そんなことを言われた娘が顔を曇らせました。

私と夫では育った環境が違うので何とも言えませんが

確かに夫の実家を頭に浮かべてみると

家族の誕生日をお祝いするとか、そういうことなかっただろう・・・と頷けます。

なんせ、口論の絶えない家です・・・・・・。

夫を見ていると、育つ環境がいかに人間形成に影響を与えるか重要だと思わずにいられません。




娘の世代になり

家族のイベントを楽しむ新しい和やかな風を招き入れて

楽しかったことを知らないで育った夫の心にも

届けばいいのに・・・


生き方も訓練と馴染むということが必要で

夫が生きて来た道にも花が咲いて

ただ頑なに真っ直ぐばかりでもなく

時には下を向いて、足元に咲く小さな花の美しさとその柔らかさを感じて欲しい!





幼稚園のお遊戯会やクリスマス会みたいに

ゆらゆら、きらきらと天井や壁に Happy Birthday の文字が揺れて

肩をいからせた夫の背を上からなでるかのよう・・・・。


娘の作り飾ったデコレーションを見上げながら

「うぉ~~!」と声を上げた夫。


ちょっとは、こんな異質をも受け入れて行ってくれるようになるといいんだけれど・・・・。


今回の家族のイベント、、、、、ほんとにささやかです。




私も愉しみにその日を待っています。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

イワシかさんまかで迷う

昨日の日曜日

朝のうちは快晴で、どこかドライブにでも行きたいなぁ・・

と洗濯物を干しながら思いました。

夫に「○○岳にでも行ってみない?」と声をかけてみたのですが

即、無駄な提案をしてしまった事に気が付いて撤回しました。


前々から、ファミリーで何かを楽しみたいというポリシーは山の奥にでも捨てて来た感のある人です。

(言うだけ無駄だった・・・)と思った時には

私も私で残念という感情もあとくされなく消えていました。


考えてみれば

我が家の歴史はこういう価値観の食い違いの繰り返しで紡がれてきたのでした。(苦笑あるのみ)




よって

あっさり行楽の方向性を変更して

お家ご飯とすることとし

炭を買いに出て、庭先で魚をやくことにしました。


スーパーの朝市に寄り

娘の大好きなさんまを買おうと思いましたが

私にはイワシの方が美味しそうに見えてしまいイワシを買いました。

昭和の頃?(いつの時代の人)イワシは純然たる庶民の魚でした。

ところが今やイワシは体が小さい割に価格は成長?しましたね。



夫抜きで

庭先に炭を起こし薄塩を降ったイワシを並べ

厚切り豚バラ肉とホイルに包んだ玉ねぎ、サツマイモ

どれも、素朴なものばかりですが

テーブルに並べて外の空気を吸いながらの時間に左右されない食事は何よりのご馳走でした。


さんまにするかイワシにするかって

なんてささやかな選択だこと・・・。

ふっくらとした白い身が皮目の薄い塩味に乗せられて

何とも言えない贅沢な味がしました。

イワシかさんまか、

私はイワシの方かな・・・・・・・・・。



にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村

身だしなみ?白髪染めはもう止めたいのに

30歳台から若白髪だった自分。

白髪染めを本格的に始めたのはいつ頃だったかなぁ・・・・・。



私も夫も白髪の家系らしく二人揃って白髪染めをしていた時期がありました。

ところが

ターミネーターばりの頑丈男の夫にも意外な弱点がありました。

白髪染めにカブレる体質のようで

染めた数時間後から頭皮から膿のような汁が出始め真っ赤になりました。

パッチテストなんて手間なこと受け入れる筈もなく

ぶっつけ本番があだになりました。



以後、薬剤のメーカーを変えてみたりしましたがどれもダメでした。


仕方なく、夫は白い頭を受け入れることになりました。今年61歳です。

もう少しの間、若い姿でいたかったと思う気持ちは男も女も同じでしょう。




方や、私の方は60の年齢を目前にしながら白髪染めに頼らずば20歳は老けてしまいそうです。

60歳と80歳では見た目相当差が出ますでしょう。

仕事がら、一日たりとお化粧をしない日はありませんが

明らかに、老けた自分が鏡の前にいます。

すっぴんのくすんだ顔を鏡に見せつけられると

ようやく持ち上げたテンションをUターンさせるくらいの威力があります。


作り上げた顔と

被せ物の黒髪?

維持するには努力の継続あるのみです。



お化粧は手間とは思いませんが

白髪染めは節約もあって自宅染めなので厄介で仕方ありません。


節約のためもありますが

ああいったものはどうなんでしょうね・・・。薬剤ですし・・・

長く使い続けて健康に影響がありそうな不安を感じるのは私だけでしょうか・・・・・・。



他にも商品は色々あるみたいですが、金額が張ります。

その段階で選択肢から外れてしまいます。

本当は白髪染めはもう止めたいんだけれどなぁ・・・・・・・・・。




ため息と共に

あと少しで59歳の誕生日を迎えるつぶやきでした。




ご訪問頂きありがとうございました。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村
sidetitleプロフィールsidetitle

花みっ子

Author:花みっ子
62歳を目前にバセドウ病になりました。
時々噴火する独裁人間の夫と共に38年。夫の大病を機に経営していた会社を解散し、夫婦二人だけの自営業に転身しました。家のローンはあと3年。まだまだ働き続けなくては・・・。老後の明かりを求めて節約生活です。不仲な自営業夫婦の憂いある日々に、庭に咲く薔薇や草花に心の癒しを求め。家族の事、庭の事、日々の思いを綴っていきます。
時々覗いてみて頂けたら嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ライフ
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
節約
31位
アクセスランキングを見る>>
sidetitle還暦自営業夫婦、人生下りながらゴールは笑える日を目指していますsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle