FC2ブログ

今日はついてる日みたい・・。と言った友

ちょっと、悩みがあったみたいで

今朝、電話をくれた友人。


私と同じで旦那さんのことでした。ちょっと深刻です。

いつだったか、このブログに書いた、70歳を前に離婚を考えている。というあの人



何もかも、よ~くわかる・・・。理解できる・・・。

そんな思いで、ただ耳を傾け訊きました。

私もそうやって、いつも癒されてきたもの・・・・。

思いの丈は人に話すのが一番優れた処理方法です。



そんな彼女、ひとしきり話し終わってから

 「でもねぇ、今日は私ついてる日みたいなんだ・・・」と言いました。

「ねぇ、帰り宝くじでも買ってみる?」と言ったら、その気になって

店の外の宝くじ売り場へ

スクラッチ5枚づつ買いました。

彼女は、その場で削りました。

なんと3000円と200円が当たっていました。

私の方はお見事外れです!(究極の無駄遣いしてしまいました。)


スクラッチだから、当たっても夢は小さいですが

当たる人には当たるんですよねぇ・・・

彼女はホントに今日はついている人みたいでした。


これで少しは良い落ちがついて良かったのかな・・・。

時間があまりなくて、2時間ほどでさよならをしましたが

頑張りましょう!! という 気持ちで一杯でした。





帰宅してから、すぐに仕事に行きました。

今日は、当地も暑さがやってきました。

夏がようやくきたって感じです。


夕方になり雷がゴロゴロ言い出しました。

雨に降られる前に仕事を終えることができてラッキーでした。

(私も少しついていたってことかな・・・・・雨に濡れなかった分ね)



8月も目の前です。

格別に忙しい、お盆前の日々が始まります。

皆様も暑さに負けないように、夏を乗り切って下さいね。




今日から、数日ブログを休憩しますけれど

いつかまた、ひょっこり覗いてみて頂けたら嬉しいです。

本日もお越しくださいまして有難うございました。




ザ・ナン
夏に清々しい横顔でしょ?





拍手・クリック有難うございます。

にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト

いろいろ参考にしてみるものですね。

庭のあまり日の当たらない一角に作った、ちいっさな野菜畑。

一坪畑とは言いますが、ほんとそんなイメージと思って下さい。


今年は苗を植えるのが遅くなって、成長が遅れましたが

ようやく、少しづつの収穫を楽しませてくれるようになりました。



小雨の中、今日収穫した野菜たちです。
今日の収穫


私の娘はピーマンの肉詰めが大好きです。夏に娘が帰省してきたら

沢山採れたピーマンを肉詰めにしようと考えるんだけれど

いつも出来栄えはいまいち・・・・・・・。(悲)

でも、せっかく収穫したピーマンを懲りずに肉詰めに挑戦です。

クックパッドを参考にさせていただこう!と開いて最初に出て来たピーマンの肉詰め

「皮から剥がれにくい」というフレーズのを試してみることに・・・・・・。 

ピーマン肉詰め
 ちょっとピンボケしてますが、 へたを切り落としたピーマンに小麦粉をまぶし、参考にしたクックパッドの教えのままにひき肉に味付け、処理をしたのを詰め込みました。


ピーマン肉詰め2
肉を詰めたピーマンを三等分にカットしました。(我流も含みつつ)

ピーマン肉詰め3
油で揚げません。フライパンに少し多めの油を引いて、カットした肉詰めピーマンを並べ、蓋をして蒸し焼き状態です。
様子を見て、位置を変えたりひっくり返してみたり。

ピーマン肉詰め4

          完成です!

ちょっと、焦げました? 焦げてますねぇ・・・。(苦笑)
縦割りの肉詰めだと、油で揚げるとどうしても、剥がれたりして、失敗の確立高かったんですが

こうして、詰めてから横に薄めにカットすると、揚げ油を用意しなくてもフライパンで時短で出来ました。

後片付けも楽でした。 クックパッドさまさまでした。 参考にさせて頂いてありがとうございました。


と言ったところで、肉詰めはなんとか完成しましたが、

ピーマンの肉詰め大好きな娘、今年のお盆は帰省しないんですよ・・・・。

旦那さんの実家(札幌)へ行くことになってます。


今度、娘にピーマンの肉詰め作ってあげるのはいつになるかなぁ・・・・・・・・・・・。





なかなか夏日がやってこない当地。 今日も午後から雨が降り出しました。

涼しくて、Tシャツはタンスの中です。


どなたでも出来る、私の簡単料理、本日の記事はクックパッドさんを参考に出来ました。おかげさまでした。




お出で下さり有難うございました。 クリック有難うございます。コメント有難うございます。



にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

ひこうき雲とささやかな日常

今日は、夫が備品を探しにホームセンターに行ってみると言い

暫くぶりに

「一緒に行くか?」と聞いてきました。


毎日、家庭と仕事が一緒の暮らしなので、気分転換に丁度いいと思い

一緒に出掛けました。


よそのご夫婦なら

特記するほどの事ではないでしょうね。

でも、我が夫婦はそれくらい、平行線を歩みながら暮らしているもので

こんな事は、滅多にないことなんです。(笑)


すぐ近くにいつも行くホームセンターがあるのですが

その店には目指すものが置いてなかったそうで

少し離れた別のお店へ行きました。ちょっとしたドライブです。



備品はありました。



帰る途中道の駅に立ち寄りました。

キャベツや、ズッキーニ、かぼちゃ等を買いました。

それから、幾つかのバケツに農家さんの育てた切り花が活けて売られていました。

とっても安いんです。一束買いました。

ダリアの花
ダリアの花3本で一束。 120円でした。


ちなみに、挿している花瓶は夫の手作りです。


      ◇


そうそう、ブログに書いたことなかったかも・・・

最近、コレステロールの薬飲んでいます。

医者は、見た目そこまで薬飲まなきゃならないようには見えないんだけれどね・・・・。と言いましたが

検査の数値は凄く高くてびっくり!

家族性の原因が考えられるね。とかなんとかおっしゃっていましたが

以来、毎月お薬の為に病院へ行っています。


その帰り

空はとっても青く、どこまでも青く、 一筋の長いひこうき雲がまっしぐらに伸びて見えました。

「うわっぁ~!」 凄いきれい!! と思って暫く空を見上げた後、車を発進させました。


病院は近いから、ほんの5分もしないうちに家に着きました。

先ほどの雲が気になって、再び空を見上げました。

「うわっぁ!!」 

なんてさわやかで綺麗な空だこと!!

急いで家に戻って、デジカメを持ち出し、パチリ。

病院を出た時1本だったひこうき雲は風で引き伸ばされて消えかけていたけれど

更に2本のひこうき雲が並んで伸びていました。

ひこうき雲
自宅上空からの空です。 このひこうき雲の先端は羽田に向かって伸びて行くんだろうか・・・・・。




こんな田舎住まいでも、快晴の空からは幸福感が降り注ぐような気持ちになります。

のんびりと節約生活の日々を送っています。



最後までお読み下さって、ほんとうに有難うございます。

拍手クリック、コメント有難うございます。


にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

値引き品コーナー大好き!

風があって気持ちいいかも・・・・と思って

徒歩で、片道20分弱のスーパーへ

まだ、暑さはそれ程でもないと思っても、日差しが強くなり始めて流石に汗が・・・。



今日は食パンとヨーグルトだけ買う予定でした。

だけれど、必ず覗いてみるのが、値引き品のワゴンです。


おやおや、大好物のとうもろこしが・・・・

皮もすでに剥いてあって、2本束ねて60円。

実の入り方もしっかりしてます。

これは買わねばなるまい! 

食パンとヨーグルトだけの予定だから、カートは使わない。

かごに束ねられた2本のとうもろこしを入れました。


エコバックを抱えて、すたこらすたこら日差しの中を歩いて帰宅。


とうもろこしは、新鮮なうちに食べるのが一番です。

早速、鍋にお湯を沸かし、とうもろこしを茹でました。



たまに、味が薄く、大味でがっかりすることもあります。

とうもろこしって、雨の後とかに収穫したのは美味しくないんですよね。


2本で60円のとうもろこし、

今日のはとっても美味しいとうもろこしでした。

満足です。

値引き品コーナー大好きです!





花たちも値引きコーナーの出身です。
 鉢花




にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

突然の来訪者たち?

普段、来客が激減した我が家

インターホンを鳴らすのは、新聞の集金とか、宅配屋さんとか

何かのセールス・・・・・・。


滅多にお客さんがこなくなりました 。

親戚も少なくなりましたしね・・・。人が来ないのは寂しい・・。



そうした中

昨日から示し合わせたみたいに事前連絡なし、訪ねてくる人あり。

幼な馴染みが何年振りかでやって来ました。

最近、音信の途絶えが気になっていました。

電話してみても留守で繋がらなかったのです。



突然の来訪でした。

食らいつく勢いで訊いたら、大きな病気をしていて、入退院を繰り返していたらしいのです。

全盛期?は70キロもあったという体重が47キロまで落ちていました。




その彼女が帰ってから、数分もしないうちにまた ぴんぽ~ん♪

忘れ物でもしたかな・・・・とインターホンを覗くと

あらあら・・・今度は違う友人。


パソコンの調子が悪くて、どうしたらいいかしら?と訊きに来ました。

えっ!? 私に訊く? そこは違うよ~!!

って思ったけれど、 一応、症状を訊きました。

う~ん 私の答えはいつだって一つ!   

「困った時の強制終了!!Σ(・□・;)」

これぞあるのみ! なので、役にも立てず、彼女はご帰還。





近くの大学のプレかなんかに遊び?に行った息子が帰ってきて

「お母さん、トイレ借りていい?」と言いました。

「はぁあ!?」

「彼女、トイレ貸して欲しいんだって・・・・」

彼女と一緒に行ったのだったんかい!?・・・・・きいてない・・

えっ? トイレトイレ・・・大丈夫だったかな・・・・・・・・。(お掃除・・できてたかしらん・・・)

慌てて玄関に走って・・「あ! どうぞどうぞ・・・」と言ってみた。

「すみませ~ん。」と言っておトイレへ

たらり(汗) 

    *

    *

こういう時

帰ってから、思わずおトイレの確認・・・したくなります。ww

「ああ~! ぎりぎりセーフ!」でした。


あの息子の馬鹿! 家に寄る前に一言連絡くれればもっとピッカピッカにしておいたのに・・・。

そうは、思いましたが、 確かにねぇ、

「おトイレ貸して」って言ってるのに対して

「ちょっと待って、電話して聞いてみる」なんてことする方がもっと変ですよね~。(笑)



慌てる、慌てる。 突然の来訪者たちのあれこれでした。


ペチュニア
値引きコーナーから連れて来たペチュニアでした。綺麗に咲きました。



お出で頂いて、お読み頂いてありがとうございました。

頂いたコメント、胸の小袋を満たして頂いてます。ありがとうございます。更年期いつか終わります!!






にほんブログ村

にほんブログ村

温度センサーが鈍ってきたって事?

私のところは、今日は寒いです。

家事が一段落して、ちょっとソファに腰かけていると羽織る物が欲しくなってきて

二階の自室から薄手のカーディガンを探し出してきて長袖Tシャツの上に重ね着しました。


動いているうちはいいんです。ほかほかしてるから

でも、座ってじっとしてるともう寒い!


実は私、今年まだ一度も半袖姿になっていません。

せいぜい7分袖です。

夜は、タオルケットの上に一重の毛布掛けて寝ています。

去年は、違いました。

二階の廊下に設置したエアコン1台で、私と息子の部屋を辛うじて眠れるくらいに冷やしてました。

だから、今年が例年になく涼しいんです。


と、この私の言い分。

もしかして、私だけがそうなんであって

実は、この地方だって暑いの?

いやいや、やはり寒いです、今年は暑くない!!

そう主張してみるんだけれど・・・

これって、実は歳のせい・・・・・・・・・??



昔、実家の祖母が真夏なのに、えらい厚着してたのを思い出しました。

私もそれってこと?


いやいや、だって今日の室温21度ですし・・・・・。暑い、とは言い難いですよね・・・・。





  くちなし

くちなしの花の香りが風に乗って香しい~



暑い中でお過ごしの皆さまお体ご自愛の程。




にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

3っつの同じ命日

7月20日が過ぎてしまいましたが

この日にちは毎年、心に強く意識する日です。


遙か15以上前、我が家のわんこ、ビーグル犬があの世へ旅立った日で

それから、とっても不思議な事に

7年程前、ミックス犬のわんこがおんなじ7月20日に亡くなりました。


2匹とも偶然にして同じ7月20日にあの世へ旅立ったのです。



 *      *      *      *



私は、この年齢にして親友と言える友人3人に先立たれています。

3人それぞれ付き合いが別々な人達ですが

そのうちの二人は、たまたま同じ病気でした。

1人はMさん。

検診を趣味にしているくらい、年に何度も色んな検診を受けていました。

それなのに、病巣は進行するまで見つからなかったのです。

もう1人はAさん。私と同じで検診は消極的でした。


Aさんとは、会う頻度も多く、また似たような夫を持つ悩みも共通で

気持ちが打ちひしがれた時は心底、支えてもらいました。

Aさんが亡くなった後は、もぬけの殻のように空虚感に苛まれ

私は、ぽつんと一人取り残された寂しさに何をしても癒されませんでした。


寂しくて、「Aさ~ん」と車を運転しながら、呼びかけたりしていました。

Aさんと連れ立って、二人であちこち出かけて歩いたのを思い出すのです。

お茶を飲みながら

互いの夫の愚痴を訊き合い、吐き出し、

そうやって、山場を乗り越えてこれたようなものです。


私は親友の数は少ないけれど


その代り、血縁以上に深く信頼し合える友達に支えられてきた人生でした。

その数少ない親友達が

まるで「もうそろそろいいかなぁ・・・・・」とでも言っているみたいに

私から去って逝きました。



Aさんが亡くなったのも7月20日だったんです。

うちのわんこと一緒に思い出してゴメンね。

でも、それだけに一生忘れません。

あなたを失った寂しさはまだまだ胸の奥底なんです。




     ◇


7月庭
毎年同じ頃に、同じ場所に咲くから、同じ事を思い出す。




お出で下さいまして有難うございました。



にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

私の年金、前菜だけの食事のようなもの

60歳という年齢が視野に入り始めました。


電話が鳴って出てみると○○銀行の誰々です。

ゆうちょ銀行から封書が届いて開封してみると・・・


どちらの件も「年金相談会」のご案内についてです。

年金の受け取りに関する様々なご相談に応じます。といった内容です。


60歳になる3か月前になると、いよいよ年金機構から書類が届きますから・・・と言われました。

ふむふむ・・・そうなのか・・・・

私は11月生まれなので、来月あたりにそういうのが送られてくるわけね・・・。

そんなこんなを考えている時期


玄関のインターホーンを鳴らして下さったのは・・・・・ゆうちょ銀行さんの人

今日で3度目。   「投資信託」のお勧めの件です。

来月で満期になる少しばかりの定期預金を原資にとお誘いのつもり?



年金受給なんて、私は雀の涙です。

僅かばかりの定期預金が満期を迎えても、大して利息が付いている訳でもないので

喜ばしいとまではいきません。



お金を増やす知力を持った人が羨ましいです。

私はホントに数字が苦手!

我が家みたいに将来が不安定な人ほど、お金を上手に使えない。



雀の涙ほどの年金でも

銀行さんは、口座指定を促してくるのって、なにか意味ありますかしらねぇ・・・・・。

私の知識はそんな程度のものです。

その時になったら考えます。と言って今日も、後回しです。

お金の増やし方も自分との相性だって気がするんですよね~~~。




         ◇

   ミニバラ
 肌寒さを感じる風。 風に枝を揺らしながら咲いています。ミニバラ



本日もお訪ね下さいましてありがとうございました。

丁寧なコメントを心から有難うございます。お恥ずかしながらのブログをお披露目しちゃって、ただ自分の思いのはけ口みたいに

なってしまってます。それなのに、感想や共感をいただいて、読ませて頂くたびに胸に手を合わせる思いでいます。

共感を頂けると言うのは、身近に友がいるのと同じです。友達少ない私の宝物です。有難うございました。






にほんブログ村


にほんブログ村


にほんブログ村

節約生活は心にしんどい

衝動買いの激しかった昔の自分に比べたら

今なんて、ほんとに感心なくらい無駄遣いしなくなりました。

角度を変えれば

無駄遣いしている場合じゃなくなったってことでもあります。


先日いろいろ試算してみました。

生活レベルを、どの程度でやっていくか・・にもよりますが

1から10までのランクで格付け? するとしたなら・・・って、考えてみたことあります?

自分の家計を世間様と比較してみたって意味のない話なんですけれど

皆が貧しさに耐えて暮らしている時代なら

今が2か3のランクにいたとしても、それほど惨めな思いって感じないと思います。

でも、

今や格差社会・・・。

9や10ランクの人は私の意識下では別格と考えるので、羨ましいと軽く思う程度。

でも、7や8クラスの人達が半数以上いたとしたなら

かなり惨めな気持ちになってしまいます。



今は

必要以外の物はかなり辛抱して買っていません。

リビングに設置しているクーラー(暖房機能はないのでエアコンではない)は20数年前の代物です。

同じく20年以上使っていたホットプレートを崖から飛び降りる覚悟くらいの思いで買い換えました。

テフロンがはげ落ちて、焦げ付きが激しくなったのです・・・・。

冷蔵庫も15年?・・・とか・・

省エネを考えると買い換えたいのに

広告を広げてみてはため息・・・・。


でも、いつかは壊れます。

家電製品の買い替え予算を組み込んで、今どれくらいの生活に抑えなければならないのか・・



そういう諸々の事を考えて暮らしていたら

心はしんどくなります。


それは、誰だって長生きはしたいと思うでしょう

健康で、子供の手を煩わすことなく、楽しみながら長生きができるのが理想です。



孫も出来て

最近思うのです。

孫や子に、定期的に差し伸べるお金を持ち続けて

子に寄りかからずに生きられてこその長寿です。


それが見込めない我が家は

「どうか神様、75歳になったらお迎えよろしくお願いいたします。それ以上はどうかご勘弁を・・・・・」なんてことになります。



でも、今はそんなこと考えていないふりをして自分におまじないをかけながら暮らしています。

時々、妙薬のように心に注す薬は庭の花々。


      ◇



昨日、庭の木々の剪定をやりました。

薔薇の枝を間違えて切ってしまい、作業中取りあえずバケツに挿して置いたら

うっかり忘れて、今日になってもそのままバケツで咲いていました。

  バケツに薔薇




訪ねてくださいましてありがとうございました。




にほんブログ村

にほんブログ村

様々な感動に生かされる午後

見たいと思って録りだめしていた録画番組

今日の午後、二つ見れました。


そのうちの一つ

見たのはwowowシネマ

河瀨直美 監督の 「あん」 です。


映画の冒頭で「あんの招待状」という詩が読まれます。


以下はその詩です。お借りして引用してみました。



  「葉音」

誰にも理解されずに
生きて来た。

声を出しても
届かなかった。

小さな声は
もっと大きな声にかきけされた。

風が奏でる葉音に
耳をすますあなたの優しさ。

どんな小さな声にも
あなたは耳を傾けてくれる。

私はそれで救われた。

弱者の痛みを知る人は
優しさの道しるべ。




樹木希林さん演じる徳江さん。

ライ患者として生きた不遇の徳江さん。


昔はライ病は感染すると誤解されて

その病の患者さん達は隔離され、不条理な扱いを受け

人権をも阻害されて生きてこられたのですね。


この「葉音」という詩が切なく悲しく胸に響いてきました。


徳江さんの作る”あん” 

丁寧で、優しさに溢れていたことでしょう。

さらには

悲しさに溢れていたかもしれません。

徳江さんの醸す弱さに私は癒されました。


人生は様々な不理解という名の流れを遡っていくようなもの

無関心という距離感は残酷な優しさを装うもの


自分と異質な物には距離を置き、心を遠ざけてしまう

遠ざけられた人達は、どんな思いで生きていくのでしょうね。

どんな人の声にも耳を傾けて生きていきたいと思うような

理解と優しさを一包づつでいいから

互いに分け与え合い、生きましょうよ・・・。





私は、そんな思いになりました。

涙が溢れる、そんな映画でした。


ストーリーは、省きましたが、ご興味が沸いた方はご覧あれ!



今日は、映画の感想を述べさせて頂きました。

ご一読有難うございました。





にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村







家族以外の誰とも会わない話さなかった日

天気予報はぴったり、予報通り雨です。

しかも昨夜から、止むことなく降っています。


暗いし、寒いし・・・・ストーブ点けたくなります・・・・・。


こんな日

外の仕事には行けません。

帳簿の記帳が少し溜まっているので、今日は事務所の自分のポジションに座って仕事でした。

細かい数字を相手にするのはどんどん億劫になってきて

自営業をいいことにして、好きなだけさぼり続けていた罰。

顧客にお出しする請求書、先月頭に出さなければならなかった分のうち3件抜けていたことに気が付きました。

慌てて、作成しました。(汗)

お客様の方が「あれ!?」って思っているかもしれません。

請求書は来ないに越したことがありませんし・・・・誰も文句は言ってきません。(笑)


そんな、予定外の作業に気づいてしまった分、お昼ご飯が1時間延びてしまい

朝作った3人分の内の一つ。私のお弁当にありついたのは1時半になる頃でした。


3時過ぎに夫が戻って来て、やはり、そんな時間に自分の分のお弁当を広げていました。



雨は、物事の活気を閉じ込めんばかりに風を伴って降り続けるし

人とも会わず、

今朝は、息子と何か話したっけかな・・・・・・・・・・・。

朝食に夫と会話した事は覚えています。

近所の工場の話をしていたら

夫が「コンクリート」という言葉がどうしても出て来なかった。と

言いました。 

かつて、50件近い電話番号が頭に入っていて、

アドレス帳に登録せずに電話をかけていたのに

やはり、歳には勝てないか・・。




殆ど尊敬できない、嫌いな夫ですが

これで、息子でも外へ出て行ったなら

ちぐはぐ夫婦でかみ合わないながらも、何かしら一つか二つくらいは会話して

互いのボケの抑制にはなるのかしら・・・・・?



う~ん・・・・やっぱり寂しい老後の絵柄が見えてきてしまいますね。

なんとかしなければ・・・・・・・・・・。


*      *      *      *



夕方5時を過ぎました。

雨でうなだれた庭に目をやります。 「ああ、あの鉢植え、3つ目の花が咲いたみたいだな・・。」

とか思いながら、やっぱり私は花に癒されます。

   居間から庭を見る
 毎日がこの眺め・・今しがたの庭を見る・・・。先日の写真と何も変わってませんが・・・(相変わらず写真が下手)




大雨で大変な地域もありますね。被害が大きく出ませんように祈ります。


お読み下さいましてありがとうございました。



にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

支え合って生きている、有り難い。なんて一つも感じられない。

世間様は、とっくにボーナスとか、出たんでしょうか・・・・・。



昔~しむかし、結婚前のOLだった頃の数年間、僅かなボーナスを貰った以外

あの大昔以来、 ボーナスって触ったことありません。


会社をやっていた頃は、何もせんむ(専務)と言われながらの役員で

役員はボーナス無しで・・・・・。

現在は夫と細々働いて、帳簿上は専従者給与を頂いていることになっていますが

そんなお金、私の分!なんて頂いたことがありません。

二人分ひっくるめて、一つの金額です。それが生活費です。




先日来、 夫が今取り掛かっていることがあり

説明用の入り組んだ図形の入った書類を作らされて

図形入りの書類はあまりやりなれていないので、いまいち使い方がぎくしゃくで時間もかかりました。

文章やせいぜい表が入ったくらいなら私でもできなくはないんですが

Wordでぎりぎりできる範囲内で頑張りました。

完成してプリントして、夫に渡すと、満足顔でした。


もうじき60ばあさんになる私は、えらい疲れた!!って感じです。



翌日、いつものようにパチンコへ涼みに行った夫

「4500円勝った!」 とか満面に喜びを現しながら

「今日は寿司(スーパーの)買って来たぞ!!」とエコバックから3パック取り出しながら言いました。

自分のと、私のと、息子のと3人分です。


パックの大きさが一つだけ大きい!

980円のが夫自身ので、780円のが二つ、私と息子の分でした。



書類を作って欲しいと私に頼み込んで、完成したら喜んでいたのに

そんな時くらい、自分とおんなじ値段の買ってくれたっていいんじゃない!!?



今はもう、色んな恨み言を忘れて生きていますが

毎日の暮らしのあちらこちらに

むかっとくるトゲトゲが現れます。

そのむかつきすら、お味噌のように溶けていき、ぐっと飲み干す。


私はこういう残りの生き方していくんだろうな・・・・・・・・。


せっかく夫婦になったのに

支え合って生きている・・・そんな実感味わいたいものです。(一生なさそうです・・。)




    バーベナ
株が傷んで値引き品のコーナーにありました。一回り大きい鉢に植え替えて、茎の途中を切り取って挿したら3本くらい幹が増えました。
これからたくさん咲いてくれるといいな・・・・・・・。




本日も有難うございました。




にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

新聞の下に隠れた今日の弁当

毎朝の弁当作りが定着してきました。

食材も、弁当の種?を考慮に入れて買い物するようになってきました。


朝の支度がその分時間がかかりますが

お昼が凄く楽になりました。

11時半になると「ああ・・そろそろお昼ご飯の支度しなくちゃ・・」という、煩わしさが一つ無くなったようです。




息子は、私たち夫婦より一足遅れて起きてきます。

(仕事で夜11時半とかの帰宅が多いので、朝はぎりぎりまで寝ています)

パンを買い忘れた~、とか言う事が無い限り、

我が家は毎朝、「朝ごパン」です。


息子は、まるで「おやじ」みたいに

真っ先に新聞を広げ、何処を読んでいるかは分かりませんが

一通り目を通しながらおもむろにパンをかじり、スープを飲み、砂糖入りのコーヒーを飲みます。

時々、「遅れるからさっさと食べたら?」と私に急かされながら・・・・・・・・・。


今朝もそうやってばたばたと出勤して行きました。


間もなくして

息子から貰ったお古のスマホからピンポンとラインの音がして

娘かな・・と思ったら、さっき出かけて行った息子からでした。


あらら・・・なにかしら・・・。開いてみると

「弁当持ってくるの忘れたから、その弁当夜ご飯に食べるから取って置いてちょうだい・・。」でした。


いつも息子の座わるテーブルの席の上に弁当を用意して置くんです。

すぐ忘れるか、らわざわざ息子の席に置いておくんです。忘れないように。



慌てて、テーブルに目をやると・・ん・・ん・・??弁当がいない!

変だなぁ・・・・。

息子が読んだ新聞が、無造作に折りたたんで隣の席の上に置いてありました。

あれれれ・・・。新聞をふわっと持ち上げると

上手に隠したように弁当が現れました。

こういうことかぁ・・・・・・・。



息子に返信しました。

「今日用事で街まで行くから弁当届けようか?」

・・・・・・・・・暫く待っても返信は返ってこないし、既読にもなりません。

ああ、そうか・・スマホは自分のロッカーに仕舞わなきゃならなかったんだ・・。

返信見れるわけないか・・・



休憩時間に私からのメッセージを確認したらしく

息子が電話をかけて来ました。

「スマホ見れなかったんだよね・・」

と言いながら、弁当忘れてきたことをすまなそうに話すので

「いいよいいよ。大丈夫だよ。」と答えました。



私が普段から

「あんたは、休みが不規則だから、弁当が要らない日とか分かったら早めに教えてね!」と口を酸っぱく言っているので

一応気にしているんだろうな・・・・と思いました。

雑な性格なので、しょっちゅう忘れ物するし、つい私も口うるさくなってしまいます。




流石に一仕事終えて、それから移動して 夜中にかけて塾の仕事にいくんですから

11時半とかに帰宅した息子に、お昼の弁当を食べさせるのはかわいそうで

息子の弁当は、今夜私が食べる事にします。



今夜はチキンカツです。 


私は焼きサバの入った弁当です。(しかも、2個目・・・・😢)





今日もお出で下さいましてありがとうございました。

お礼の言葉をお返しする手段が見つからず、この場からですが
コメントを頂いて、丁寧に読んで頂いてるのが伝わってきました。そして、自分の書いていることに共感やそれぞれのお立場の思いを書いて下さってる事にブログを書く幸せみたいなのを感じます。このような拙いブログに訪ねてきて下さってきちんと読んで下さって、コメントを寄せて下さって、本当にほんとうにありがとうございました。



くちなしの花
くちなしの花が咲き始めました。 香りが大好きです。




にほんブログ村

にほんブログ村


にほんブログ村



私はわたし。人と同じにはなれない

外は強い日差しが出てきましたが、

当地は、室内にいると開け放した窓からの風が気持ちいいくらいの天候です。



西日本や関東にお住いの方々は本当に暑さの直撃受けておられるでしょうか

人間や、生物の耐え得る限界を越えませんように・・・・いったい何にお願いすればいいものやらです。


         ◇


昨日はひと月ぶりくらいの友人から電話をもらえて

早速出かけてきました。

と言っても、いつものランチで、ここひと月の間のよもやま話しです。


私の自宅から車で5分もかからない路上でいつも友人を拾います。

早めに道に出て待っている彼女は

サラリとした夏らしい生地で、斜めのピンタックで覆われたようなデザインの

赤い長めのべストを着て立っていました。

大き目な飾りのついたネックレスを、控えめに空いた首元に下げていました。

「おまたせ~!」とどちらからともなく言って再び車を発進。



「何処行く?」と言いながら

最近、旦那さんが徒歩で4・5キロは軽く歩いて何処にでも出かけるらしく

その旦那さんと同じ店で遭遇はしたくないと言います。

70歳までに離婚するかしないかを決めると言っていました。(彼女今67歳)

昨日の言い方は、ちょっと深刻なトーンでした。




無駄な買い物はしない。家の中に必要最低限な物しか置かない。

玄関マットすら置かない。毎日床を拭き掃除。

料理は主婦ラインを越えてる。 無駄にお金を使わない貯蓄の達人。

現金は自宅に置かない。 使う時にその都度ATMから引き出す。(小さい千円単位)

カード類は一切持たない。

安い物を買うために、多少遠くても歩いて行く。(車をもっていないので)



でも、食器などは厳選したいい物を使う。

二人の子供さんのために、お金を残すという固い目標を定めている。

毎日ではないけれど、現在も仕事に行っている。

交通手段は悪天候じゃない限り徒歩。(時間にして1時間。往復なので2時間歩く。)



この人と時間を忘れて話をしているのは楽しく、興味をそそられることばかりです。



私自身の理想像に近いんだけれど、あまりにも自分にはできないことだらけです。

だから、正直落ち込んだ気持ちにもなります。


私は彼女のようには到底なれない。



どうすれば、あんなに家の中を綺麗に出来るの?

料理もどうやってそんなにいろいろアイデアが生まれるの?

かつて、私は衝動買いの最たるものでした。

今から思えば、それらにお金を使わないでいたら結構な貯蓄ができていたと思います。



テーブルに向かい合わせて座る友人と私の間には

目に見えない大きな違いがあります。

将来設計が出来てる人と

5年後を憂うる人と・・・・・・・。



それが分かっているのに

私は私にしかなれない。彼女にはなれない・・・・・。



その人を私は人生の師と思っています。


*      *      *      *


昨日の夜、夫がパチンコで勝ったと言ってモスバーガーを買って来ました。

ご飯はもう炊けていたんです。

そのご飯で日曜の今日のお昼ご飯に海苔巻きを作りました。

庭でできたきゅうりとカニ風味かまぼこと卵焼き紅ショウガ、冷蔵庫に辛うじてあったものばかり

   海苔巻き7月10日日曜日のお昼ご飯



おそまつさまでした・・・・・・・・・・。





最後までありがとうございました。



にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

今何してたんだっけ・・・?

続きを読む

今日着る服を選ぶのと、化粧は重要。

朝、目覚めてカーテンを開け、窓の外に目をやると

アスファルトに水溜りの箇所が見えました。

夕べ、相当降ったんだな・・・雨。


今日は、朝からずっしりと重苦しい空を担いでいるような気分。

雨も激しく降ったり、小降りになったり繰り返しています。



昨日と、今日と二日間びっちり事務所で書類作りでした。

流石に昨日は一日中パソコン作業で目が疲れ、アフターファイブ(そんなの私にもありかいな・・・笑)にはもう、パソコンを目にするのが辛い感じでした。


仕事の合間に、大雨の中を郵便局へ出かけ、お中元の手配をしてきました。

雨の日は特に明るい色合いの服がいいです。傘も綺麗な色だと楽しくなります。


       ◇


毎朝、思う事です。

起きて、鏡を見て、「うわぁ・・・」と気分が急降下する瞬間。

一夜、一夜毎に細胞が古びていってる・・・。「あんたも、歳だねぇ・・・・・。」と鏡の自分に言ってみる。


それが一日の始まりで

臭いものに蓋をするじゃないけれど、醜いものに塗ったり、描いたり・・

洗顔後は

一日動く原動力の為に、自分を構成することから始めなくては・・・・・。

服選びも重要です。

何を着るか、着てるかでその日の気分違ってきませんか?

手持ちに、安物の服しかありませんが、

タンスをひっくり返し、自分なりのその日の一張羅を決めるのは重要です。

最近は明るめの色を着るようにしています。

黒やグレーは上手く着こなせなくなってきました。顔がくすんで見えてしまうのです。

黒をとても素敵に着ている中高年の方をたまにお見受けしますが

そういう人は、ベースの手入れが行き届いていますよね。

ヘアスタイルも、お化粧も、まず、手先が綺麗で手抜きが無い感じがします。

人に見られて、年齢を後回しに見せることができるのは、それなりの努力があるからだと思います。


でも、

年齢を重ねてからは

誰かに見られる事の意識より、

私の場合は、まず自分が自分を奮い立たせることが重要なので

その日に何を着るかは大切だし

化粧をしないで過ごす日と言うのはありません。

トイレに行って

ふと手を洗う鏡の前に、黒ずんだ顔がにゅっと覗いているのは我ながらぞっとします。

せめて、明るいペールオレンジの顔に作って?いたなら

テンションも上がるじゃないですか。




その日の気候と気分によ~く合わせた服選びをして

せめて、気分だけでも滑り出し快調に過ごしたいものです。


      ベルガモット
      ベルガモット



こちら、寒い寒い一日でした。皆様のところは如何だったでしょうか。

ころころ変わる気候に合わせるの大変ですね。

今日もご訪問有難うございました。






にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村


業務スーパーコロッケ大活躍弁当

数か月前から息子の弁当作りを始めたこと

そのついでに私たち夫婦の分も弁当にしたことを、いつだったかのブログに書いたのですが


弁当作りは息子の休日を除いて毎日続いています。



息子自身は外へ食べに出なくても良くなっただろうし

もしくはコンビニで弁当を買い、飲み物を買い、ゼリー好きだから、そんなようなものも追加で買ったりするでしょう。

そういう毎日を繰り返していたら

薄給があっという間に無くなってしまうでしょう。




昼用にメニューを考え作るのは、一日中キッチンにいるような気がしてストレスです。

自宅兼、事務所で35年生活してきたので殆ど毎日が一日3度の食事の支度でした。

お昼の時間を気にしながら用事に出かけなければならなかったり・・・

そんな時はやはり弁当を作り置くのが一番ですね。

夫婦でも、お互い勝手に好きな時間に弁当を食べています。



今日は息子が休日で職場の仲間とキャンプに出かけたので

弁当は私たち夫婦の分だけ、の二つ作りました。

庭で育てた小松菜のおひたしも入りました。

業務スーパーのコロッケも結構、美味しいです。冷凍コロッケを二タ袋買い

一気に油であげておいて、それを更に保存袋に入れて冷凍して置きます。

弁当に使う時は、お皿に並べてラップをせずにレンジでチンするとスーパーで売っているお弁当用のコロッケと同じになります。

まとめていくつも冷凍して置くので、今日は何も無いなぁ・・・・という時に活躍してくれます。


コロッケ

         

コロッケ保存

こんな感じで3個づつ保存袋に入れ、冷凍庫へ



息子の分抜きの今日二人分の弁当は

今日の弁当
こんなんです。

鮭は半分こです。


楽しみを見つけようと思えば、弁当作るのでもその一つになりそうです。



草ぼうぼうになった庭に手を入れ作業をしていたら膝も、肩も、首も

あっちもこっちも回らない~い! 動かなな~い! 痛ぁ~い!

になってしまいました。

3か所に湿布薬貼りました。



      7月庭





にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

ウナギと牛丼のどっち?

日曜日ですが、仕事に行きました。



清掃の仕事です。

事業所の外回りのゴミの片づけや、草取り、花壇とプランターの花のお世話です。


暑さも手伝って、なんだか疲れやすいです。




冷蔵庫が品薄で、

鶏肉があるから、夕ご飯はサラダとチキンライスにしよう・・・。

と思いながら、冷凍庫から鶏肉を解凍しておいたのに



夕方仕事から戻ったら

なんだか凄く疲れてしまって夕ご飯の準備する気力が出ませんでした。



息子が帰宅する頃だな・・・と思って

息子に電話しました。(節約には、テイクアウトも贅沢すぎるんだけれど)

「吉野家のうなぎゅう買ってきてくれる?」

「わかった」と返事がきました。



まもなくして、息子から

「うなぎゅうなんて無いよ・・・」

「ええ!? そうなのぉ?」

????

私の頭の中には?マークが行ったり来たりです。



すき屋と吉野家間違えてるの??私。

しかも、うなぎゅうなんてそんなのあったっけ?(何処で頭に入った?)


ウナギも牛丼もどちも食べたかったんです。

吉野家から電話してきた息子に

「ウナギはいくらなの?」と訊いたら

「一枚と二枚と三枚とあるよ?」

「いくらなの?」と訊くと

「一枚だと7百いくら・・・・」とか言うので

「そうなの・・・じゃあ、牛丼でいいや・・・。」



高すぎるウナギ・・・・今年は食べられるのかなぁ・・・・・・・・・・・。



   *      *      *      *      *

      6月庭




暑い夏がやって来ますね。  みなさん、お体ご自愛のほど。




にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

溢れた思いを鎮めるひとしきりの雨

私は心が疲れてくると、どうやら娘を思う傾向ありです。

私には子供二人。息子と娘がありますが

娘の出産については

おそらく私のような経験をして、出産まで至った人は

あまり、いらっしゃらないんじゃないかと思います。




昔話になってしまいますが


妊娠の兆候があって病院を受診した時

思った通り、妊娠はしていたのですが

子宮外妊娠の疑いが強い。と言われ

「バスに乗って、来ました。」と言ったら田舎道の振動ですら破裂したら命に危険。

と言われ、そのまま入院となりました。

以後一週間近くに渡って検査などで過ごし、子宮の様子見状態でした。

卵管にいるらしい卵?がそのまま成長したら、破裂です。

結果、命の安全を選んで、摘出のための手術となりました。(試験回復でした)

局所麻酔の手術です。医師たちの会話は聞こえます。


手術前夜、私は病室のベットで涙が止まりませんでした。

ここに新しい命があるのだという感覚がすごくしたのです。

それが、明日には無くなるのだ・・・・という悲しみの思いでした。



手術は思う以上に、すぐに終わりました。

すぐに終わった理由は

摘出するはずだった受精卵が子宮を開いた時には、きちんと子宮内に戻っていたからです。


私のお腹は開腹手術を受けながら、何も無かったかのように、そのまますぐに閉じられました。

以後

出産に至るまでは大変でした。

開腹手術を受けたお腹は週数が進むにつれ、どんどん大きくなっていくし

傷口がふさがっていくのに支障になりました。

じくじくと膿のような汁が傷に沿って滲み出でるのが暫く続きました。


この一連の昔話についてですが

後あと思った事がありまして

もしも、あの時最初の受診日がもう少し後で、更には違う病院の違う医師だったとしたなら

「子宮外妊娠」の疑いに触れられる事もなく、ごく普通の妊娠の経過を辿っていたかもしれません。

病院にかかるタイミングと選ぶ病院で運命は変わるんです。大袈裟なようですがそう思います。


開腹手術を受けた人は、あとあと腸が癒着しやすいのだそうで、

私もその一人です。

お腹の調子がいつも不調なのはそのせいもあると、かかり付けの胃腸科の先生は言います。




手術台のあの時

運が悪ければ、娘は存在していなかったのです。



私は神様に感謝しました。

娘の名前に「祐」の字を一字使いました。

「祐」の漢字には「神の助け」という意味があります。



その娘は今は二人の子供の母親になりました。

今は子育ての一番大変な時期にあります。

私は、出来うる限りその手助けになりたいと

そればかりを人生の楽しみのように感じています。


娘一家とは、距離を離れて暮らしていますが

旅行に使えるお金があったら、娘たちの為に費やしたいとばかり思っています。


  

  *     *     *


モリニュークス
モリニュークス




コメントを残して頂いてありがとうございます。

自営業を営む妻(主婦)に最も向いていない、社交性皆無の私ですが、35年以上もその暮らしに身を置いてきたのには

それはそれで、

神様に「あなたはそこで生きなさい。」と、私へ割り当てられた居場所だったのかな・・・・・そんなふうに感じる今日この頃です。




蒸し暑い朝を迎え、午後になり

ポツリポツリ、雨が落ちてきました。

溢れた思いを静める心に降るひとしきりの雨です。





本日もご訪問感謝申し上げます。最後までお読み頂いてありがとうございました。






にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村
sidetitleプロフィールsidetitle

花みっ子

Author:花みっ子
62歳を目前にバセドウ病になりました。
時々噴火する独裁人間の夫と共に38年。夫の大病を機に経営していた会社を解散し、夫婦二人だけの自営業に転身しました。家のローンはあと3年。まだまだ働き続けなくては・・・。老後の明かりを求めて節約生活です。不仲な自営業夫婦の憂いある日々に、庭に咲く薔薇や草花に心の癒しを求め。家族の事、庭の事、日々の思いを綴っていきます。
時々覗いてみて頂けたら嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ライフ
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
節約
31位
アクセスランキングを見る>>
sidetitle還暦自営業夫婦、人生下りながらゴールは笑える日を目指していますsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle