FC2ブログ

今はのんびりと過ごす

今日は、曇り空で午後にはカーディガンを羽織る涼しさです。


自営業だから私も仕事はしなければならないのですが

相変わらず、夫とはなかなかしっくりといきません。



ですから

こっそり、隠れるように夫が出かけた隙に事務所で作業をしてみたり


こんなですから、やれる仕事は限られてしまいます。



必然的に、暇な時間も増えて

歩いてみたり

今日などは、肌寒さもあって

先日、WOWOWで放送された映画「ミス・シェパードをお手本に」と言うのを見ました。

「赤い靴」というのも見ました。

どちらもつい時間を忘れて見ました。





あと2日でカレンダーは一枚剥がれます。

せめて9月になったら

秋晴れの清々しい空を仰ぎたい!

気候の不純な日々が続くので季節を読めませんが

読書したり、映画鑑賞したり、縫い物をしてみたり・・・・



気難しい夫との暮らしを胸の隅っこに封印して

たまには、純粋に芸術に心を浸して

乾いていくばかりの日常に潤いを取り戻したい。



心に栄養を送り込むことしなくては・・・・・

波立つ心を落ち着かせなくては・・・・・・・・。








にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト

憂鬱の悪循環

昨日は、雨で憂鬱と書きました。

今日は、一変して晴天どころか、暑すぎます。

暑すぎるので、必然引きこもりで憂鬱。


引きこもりが続いています。



昨日も書いたように、夫とは一文字、二文字だけの会話?で

「ああ」 とか 「はぁ」とか・・・




こんな家庭状況で

衝動買い癖を封じるためには、外へ買い物には出ないのが一番で

気分的には、にっちもさっちもいかない感じです。



こういうことを書いていたら

自分はなんて我儘な人だろうって思えてきて

さらに落ち込む。


憂鬱の悪循環が止まりません。



明るい話題いつ書けるやら・・・・・。




暑さが戻って来たみたいですから、皆さんほんとうに体調管理なさって下さい。







にほんブログ村



にほんブログ村

木を切ろうかな

お昼頃から雨が降り出しました。

気分を憂鬱にさせる雨です。



夫が昼に帰って来ました。

最近、

朝、仕事に出かけてから夕方まで帰らない日が続いていました。

仕事の都合で、夫の行動は順不同ですから

ことさら気にもしていないのですが



昨日帰宅して

夫が、ぼそっと一言言いました。

夫 「バーナーをようやく二つ直した」

私 「えっ! バーナー壊れていたの?」

夫 「ああ、3っつとも壊れた!」



そんなの一言も言って無かった!! 

作業に必要なバーナーが3っつあって、その3っつとも壊れた。

という事は、仕事が出来なかったという事。


そう言う事も、なにもかも 

最近話してくれません。

極端に口を開きたがらないのは最近顕著になりました。



怒りっぽさもパワーアップしてきたし

愛想がいい相手と言うのは限定的です。




私は、ふんわり、ぼんやりと危機感を感じ始めています。

数年前に患った癌はすっかり完治したと医者のお墨付きをいただいたけれど

それから数年した昨年の暮れに脳梗塞を患い

身体の運動機能は全く障害は出ませんでしたが

言葉に関してはリハビリを受けなければならない軽度な障害がありました。



そういったことも関係しているのか・・・・

噴火男のスネ雄なりに心の葛藤があるのか・・・・・。

私に対する無口作戦には意図があってのことなのか

一緒にいる私まで無口にならざるを得なくて・・・・・・・

日常生活から私まで言葉が消え去りそうです。




だから

こんな雨の日はとっても憂鬱です。




ぼおっと庭を眺めていると

私以外誰も手入れをする人がいないこの庭の柿の木や

毛虫が付きやすいサンシュユの木を

もう切ろうかな・・・・・。

私が、自分で始末しなければ誰もやる人はいないんだし。



涼しくなって、晴れた日がやってきたら・・・・

木を切ろうかな・・・・。




雨に打たれながら返り咲きの薔薇が負けないように空を向いています。



無我の境地とはそういった姿なのだろうか・・・。





にほんブログ村



にほんブログ村

ポチってやるのだって買い物しったってこと・・。

まったく、私の悪い癖

衝動買い癖が未だに治りません。



「我が家が不況に」なってから

自分でも良く頑張っている! と思うほど無駄遣いをしなくなったのは確かです。



昨日も、今月は出来るだけ冷蔵庫にあるものでやり抜こうと決心して

買い物を控えたばかりでした。



さてさて、そこへきて

季節も、夏物衣料の処分セールが見受けられ

(自分の物は買いませんが)

娘に、何か買って置きたいものがあるかと訊いたら

ちび達の来年夏用のパジャマかな・・・・と言うので


そうかそうか、と

夜中にネットショッピングです。(眠れないのでついネットのお店覗いています)

子供の成長は早いので今年のはもう来年は着られないでしょう

何度も画面をスクロールしてこれぞと思う物をぽちっとしました。



娘に近々届くからね。と言うと喜んでくれます。

それが嬉しくてついあれこれポチる。



ぽちっとするのだって、お金使っているんですけれどね。

私は孫貧乏まっしぐら!

そこで一句


ポチった後にじわじわ老後不安 (-_-;)






にほんブログ村


にほんブログ村

行きは日傘、帰りは雨傘

ブログを書こうとするとき

タイトル欄はすんなり入力・・・・・・

しかし、

カテゴリはもはや区分があって無いようなこのブログです。

ほんとうに、ど素人の無知から始めたブログは修正のしようもありません。

ですから

カテゴリはこれからも適当に行かせて下さい。 🙇

殆どが、噴火男 夫スネ雄の存在がベースになっていますので・・・・。

内容は毎回同じ味付けとなっております。



ーーーーーーーーーーーーーー


今日は、病院に月に一度のお薬を頂きに行ってきました。

最近、ずっとお腹の調子も悪くて

コレステロールの薬の他に整腸剤もいただいてきました。




背中にリュックを背負って

久しぶりに顔を出した、お天とう様の日差しを感じながら

玄関から日傘をパット広げました。





正確に計測はできませんが

往復歩いて、ざっと4キロから5キロくらいの距離だと思うのですが

とにかく徒歩で出かけました。



ずっと家に引きこもりがちなので、外の空気に飢えているんです。

道沿いの刈り込まれた草の青臭い匂いも愛おしいくらい・・


薄っすらと頭上に注ぐ日差しを日傘で遮って

アームカバーもしっかりとして・・




少し体に汗を感じ始めた頃に病院に到着です。

名前を呼ばれるまで

40分くらいの待ち時間で、診察が終わり

会計を済ませ、調剤薬局に向かおうと病院の玄関を出ようとするあたりに

ザーザーと雨が降りだしました。




来るときに差して来た日傘は晴雨兼用ですから

これくらいの雨なら何とか大丈夫! と悠々自適だったんですが

なんと、調剤薬局を出た頃には本降りも本降り

道路を行き交う車の跳ね上げる水しぶきは大きく歩道にまで届きます。



骨が6本しかない小ぶりな晴雨兼用日傘では

なんとも心細くなってきました。


あともう少し、あともう少しと考えながら歩いて

家の屋根が見える頃には

穿いて行った白っぽいズボンがすっかり濡れて

肩や袖も

日傘から落ちる雨の雫にすっかり濡れてしまいました。



急いでテラスに干していた洗濯物を家の中に取り込み

汗を拭いて、着替えをしました。



お昼の12時もとっくに過ぎていて

今日も

相変わらず一人で、自分の作ったお弁当を黙々と食べました。

お腹が空いて黙々と食べました。



この後

火曜日で○オンに買い物に行こうか迷ったけれど

今月使える予算、何かと使い果たしたみたいで・・・。

ですから

○オンにも今日は行きません。



なんだか上手く言えませんが

家の中に潜んでいるのも

お財布も

なんだか からっから だなぁ・・・・・・。  




晴雨兼用傘は今の自分の身の丈だなぁ・・・・・

と、

妙な感想を抱いています。 








にほんブログ村


にほんブログ村

仕事と家族とあれこれ

最近ブログが滞りがちになっていたのは

孫の幼稚園の夏休みがあって、この時にしか帰省できない娘達が来ていて

私の時間はその事にシフトしていたわけでした。




今日は日曜日ですが

夫が一仕事してから出かけた隙に (おそらくパチンコ)

私は事務所へささっと出て仕事をしました。


先々月も、夫に隠れて請求書を作成し、送っていたのが

ATMで通帳記入したら8件の振り込みがあって

それらを台帳に記載しておかなくてはなりません。

二重請求してもいけないし・・・

また

今月出すべき請求書をちょっと遅れて送付してしまったら

お客さんの方が請求書が届く前に振込んで下さったりしていて

慌てて、請求書を投函してしまった事のお詫びと、振り込みのお礼の電話を入れる始末です。


なんやかんやと言っても、

自分がやらなければならない仕事は結構あります。


そういう仕事の不手際をお客様から逆にカバーされているような、みっともない事をしでかしていたのは

まさに個人的な事でお盆もあったり

単純に娘や孫たちとのハチャメチャに忙しい数日間を過ごしていたせいでもありました。



子育てに関わるのは本当に大変です。

手伝いをするというより

娘も、実家に帰って来たときくらいは楽をしたい。

と、私を頼り。

私も、こういう時くらいはゆっくりさせてやりたいと思うし

片づけても片づけても散乱するオモチャに足を躓かせながら

1歳と3歳に翻弄される日々でした。




娘たちが滞在期間中ずっと雨と低温で

持ってきた服は半袖ばかりで

仕方なく、長袖を買いに行ったり

洗濯は乾かず、扇風機に除湿器

おまけにヒーターを点ける始末。




そんな非日常も過ぎてみるとあっという間で

不仲な夫婦の日常が吹きさらしの後に残った感じです。





低空飛行なブログしか書けませんが

そんな暮らしの中にも

ありんこレベルでもいいから、楽しみを見つけて暮らしたいと思っています。






読んで頂いて有難うございます。





にほんブログ村


にほんブログ村

日々単調だけれど、想いは溢れ

前回に続き、10日以上の空白が出来てしまいました。

この間もお訪ね下さり、クリックを押して頂いていることを本当に有り難いと思います。


更新が滞っていたのですが

ぽつりぽつりとコメントを入れて下さる方に力づけられていました。

リアルの空間から一段階違うところからお寄せいただくコメントが

とても、身近な人からのお言葉のように感じられるようになっています。

お顔も知らない、声も聴けない人達に

とっても、親しみを感じて読ませて頂いています、

有難うございます。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前回書いたブログの続きがありまして


(私の父母の13回忌、17回忌の法要に夫が来なかった話の後日談です)



法要の日が終わって、私の憤慨も悲しみも落ち着きを取り戻した数日後

夫が、

顔を洗いに洗面所に行った娘になにやら怒鳴っているのが聞こえました。



娘は夫に怒鳴られて

憤懣やるかたない。という表情でリビングに戻ってきて話しました。




夫は

あの日、12時から法要が始まるというのに

既にお経の始まった12時に私の実家に着き

家に誰も居ない!

と、怒って娘の携帯に電話を入れた。


法要の間

電話は車に置いたままで、終わって岐路に着く時に夫からの着信があったことに気づき

電話を折り返した。

そしたら、

12時に実家に来たのに誰も家にいない、(自分を置いて行った)と娘の電話に怒った。


と、前回のブログはこんなことでしたが




後でわかった事ですが

その時、夫は娘だけじゃなく

私の携帯、息子の携帯、実家の弟の携帯

つまり全員に電話をかけていたと分かりました。


娘が折り返しかけ直したので、用は済んだつもりだった私たちは

あらためて、夫にかけ直すことをしませんでした。


そしたら、そのことをずっと根に持っていたらしいです。

皆に

電話をかけても返してよこさないから

今後一切、私や息子から着信があっても絶対に電話には出ない!!

と、まくし立てていたようです。



それから

実際、伝言があって夫に電話しても夫は黙秘権でも使うように電話に出ません。

絶対に出ません。


そして

そんなこと私はもうどうでもいいです。

連絡が付かなかろうが、

私は自分が困らないように対処していきますから。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー




頂いたコメントですが

自営業の仕事には戻っていないのか・・・・・・?



そうですね、

実は事務の整理は水面下でやっています。

事業の内容はちょっと差支えがあるので言えませんが

例えば

遠方のお客様からお中元やお歳暮が送られてくることもあり

そういう時にはご機嫌伺いを兼ねながらお礼状を送ります。

長いご契約をしていただいている顧客もいらっしゃるので

そういう方々の顧客管理や事務的な書面での連絡をお送りしたり・・


後は普通に帳簿をつけたり

伝票の整理をしたり、アナログな作業です。

ただし、夫には私が水面下で仕事をしている様子は見せていません。

そういう事務所での仕事とは別に

離れた場所にある事業所の掃除やゴミの処理などの作業があるのですが

夫に、しなくていい!!と言われているので

夫がいる事業所へ行くことが出来ず、そちらはもうお手上げです。





経済的な問題は・・・・・・・?

ひねくれ者のスネ雄様な夫ではありますが

月末に突拍子もない噴火を誘発?しない限り

生活費は出してくれます。



事業としては、住宅ローン以外

借入とかは今のところ、しないでなんとか運転できていると思います。

思います。と言うのは

もと、会社を経営していたころから

金銭の実権は夫が手放さなかったので

私にその役割が回されることはなくて


個人自営業へと転身した今でもその形態は変わっていないのです。

ですから

お金の遣り繰りの苦心を私はせずにやってこれました。

夫はワンマンで、独裁者であるだけ

自分にその苦悩が押し寄せていたと思います。


でも

今現在は、本当に細々

生活費を頂いて、事業の支払いを済ませればぽっきりゼロになる。

その毎月の繰り返しをしている感じです。

でも、その状態を維持していくには

休日は無いし

年がら年中、仕事の依頼があれば、いつ何時でも仕事する。

その条件下で得られる保証です。


私は、生活費を手をかざして頂く立場になりますが

それで、楽という事ではないと思っています。

夫が、年がら年中休まず働く

という事は

家族の休みが無いことと同等です。

人柄の良い旦那さんならば

自分が働くから、お前たちは旅行にでも行って来なさい。

なんてこともあるかもしれませんが

仮にそうできたとしても

スネ雄様の夫が一人で働いていると思ったら

私たちは遊びになど、開放的な気持ちでは行けません。


でも

お金がなんとか回って

生活費がこの手に降りてくるだけで、十分に幸せだと思っています。




問題ばかりのスネ雄様な夫ですが

人生は諦めと落胆との繰り返しで

人はこうやって一日一日を精一杯生きていれば

やがて

それが自分の人生の結果として

何かの実りをもたらしてくれるのではないか・・・?と

今はそんな思いで暮らしています。







最後までお読み下さいましてありがとうございます。

どうか

また覗いてみて頂けたら幸いです。

有難うございました。



2百円という処分品コーナーから買って来たアンスリュウムが、こんなに大きくなりました。

育てる楽しみを買いました。
アンスリュウム





にほんブログ村


にほんブログ村

9日ぶりに開くパソコン

窓辺の棚の上に放置したままだった私のパソコン

9日ぶりに開きました。


慌ただしい毎日、という表現を良くしますが

本当に慌ただしい日々が過ぎました。

娘と孫二人が夏休みで帰省してきて

私の孤独で静かだった日常が束の間

ほんの束の間

動きをしています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

過日

私の実家の母の17回忌と父の13回忌の法要を行いました。

その日の出来事をちょっとだけ書きたいと思いました。



法要の予定は1か月半前に決まっていて

一応、夫にも日時は伝えていました。

夫はカレンダーに自分で日時を書きこんでいましたから

法要には参加してくれるつもりでいたと思います。



当日の朝になり

娘達に、12時から始まるから家を10時には出ようか・・・・と話していたところ

夫は法要の事は忘れていたのか、覚えていたのかは定かではありませんが

10時に仕事が入っているからそれが終わってから向かうようなことを言っていました。

私は心の中で期待はしていませんでした。

私の実家に対して何ほどの関心も誠意もないことは分かっているので



最初に車で1時間弱の実家へ行き弟と合流しました。

そこから、お寺さんまではさらに30分です。


お寺に着き、12時になろうとしても夫はやって来ませんでした。

予定通りの時間にお経もはじまり

父は13回忌 母は17回忌の弔いを無事に終えました。



岐路

車に乗り込んでから娘が車に置いておいたスマホを見たら

ちょうど12時1分に

夫からの着信が入っていたことに気づきました。

娘が折り返し電話をかけると、夫は電話に出ました。


電話の声は隣にいる私の耳にまで気配が伝わるくらい怒っているようでした。

12時に実家に来たのに、誰も居ない!! と 激怒しているようでした。



実家からお寺までは車で30分かかるのです。

12時に実家にやって来て

何故、そこに我々が夫の到着するのを待っていようがありますか?

法要は12時に始まるのです。


車内にいた息子も呆れ果てて

もう、放っとけ! と言いました。





この家族としてのすれ違いは

纏まりたいけどまとまれない

ただただ悲しさだけが胸を締め付けてくる日でした。







ブログ留守中もクリック押して頂いて有難うございます。





にほんブログ村
sidetitleプロフィールsidetitle

花みっ子

Author:花みっ子
62歳を目前にバセドウ病になりました。
時々噴火する独裁人間の夫と共に38年。夫の大病を機に経営していた会社を解散し、夫婦二人だけの自営業に転身しました。家のローンはあと3年。まだまだ働き続けなくては・・・。老後の明かりを求めて節約生活です。不仲な自営業夫婦の憂いある日々に、庭に咲く薔薇や草花に心の癒しを求め。家族の事、庭の事、日々の思いを綴っていきます。
時々覗いてみて頂けたら嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ライフ
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
節約
31位
アクセスランキングを見る>>
sidetitle還暦自営業夫婦、人生下りながらゴールは笑える日を目指していますsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle