FC2ブログ

欲しくても買えないスマホと大失敗の話

ちょっとブログの空白が続いてしまいました。

今日も朝から、バタバタとしておりました。



私は、ブログはパソコンから書いているのですが

自宅のwi-fiで、家の中だけはタブレットを使うので

パソコンは、殆どブログを書く時だけしか開かない状態になっていて

それで

今日パソコンにスイッチ入れてから

まぁ待たせる事待たせる事! なかなか立ち上がりません。

今はもう、スマホをお使いの方が多いですよね。

私の娘なんかも、以前はスマホでサクサクっとブログ更新やってましたもの・・・。

今は忙しくて、ブログどころではないみたいですけれどね。


私もスマホ欲しいなぁ!! 

でも、61歳過ぎて、将来の家計を思うと

毎月月かかり続ける出費は回避しなければ・・・。

今は、ガラケーで

しかも殆ど使わないので、2か月分で4千円弱です。

スマホにしたら、こんなんでは済みませんよね。


日常、家の中で、お金かからずに使えるタブレットは私に丁度いい感じだし

そうなったら、もうパソコン要らなくなります。

最近、殆どパソコン使わないから拗ねてるのかも・・・

久しぶりだと、更新に時間がかかっているのか

ほんと、遅いです。

このパソコンもそろそろいいお年だし・・・。

ブログ書けるのは、このパソコンちゃんが元気なうちだけとなります。( ;∀;)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼


本日、大失敗をしました。

大分前に書きました。買い物したのを置き忘れてきた話し。

それに似たようなことをやってしまいました。(いえ、それ以上のこと)

化粧水、百均でもいいや! 

って、暫く酒化粧水って言うのを使っていたんですけれど


やはり、60過ぎですものね

百円化粧水ではちょっと、物足らない感じがしてきまして

今日、ホームセンターのコスメコーナーで アクアレーベルの化粧水を買ったんです。


そして帰宅し

買い物してきたものをそれぞれの保管場所に仕舞いこみ

そして、気が付いてしまったんです。

あら!? 化粧水が無い!!

あちらこちら、車に戻って、車の下とかも探して

レシートを確認したら、ちゃんと支払っていますし。

これはもしかしたら、また忘れてきたかもしれない・・・・

そう思って、お店に問い合わせの電話をしました。

調べてみます。との事で一旦電話をきり



暫くしても、電話も鳴らず

変だなぁ、見つからないのかなぁ・・・・

そう思いながら、もう一度洗剤とか

いろいろ仕舞い混んだ場所を確認し直しました。


そしたら、なんと!!

流し台の下に台所洗剤を仕舞った時

一緒に化粧水もポンと無造作に入れたみたい・・・

化粧水は、さかさまになってちょこんといました。

大変! 電話しなきゃ・・

「もしもし、 すみません 先ほど電話したものですが、化粧水ありました。申し訳ありません。

車の中に落ちていました。ごめんなさい。」

く、車のなか??  いえ嘘つきました。

車の中じゃなく、流し台の下です・・・

流し台の中に入れてました・・・なんて、恥ずかしすぎて

とても言えませんでした。

本当にごめんなさい。🙇


以前、スーパーのサッカー台に、さんまを忘れて来たとか

衣装ケース忘れて置いてきたとか書いたんですけれど

頂いたコメントに

物忘れ外来に行った方が・・・・とのアドバイス頂いておりました。

ほんとうにそうですね。(その節は貴重なコメント有難うございました)

いっつも、バタバタ急いでばかりで、失敗だらけで

自分の年齢を考えると、ほんとため息が出るばかりです。



今日は、ものすごく反省しております。いろいろと。






ご訪問下さいましてありがとうございました。





にほんブログ村
スポンサーサイト



仕事の疲れはコミニュケーションが相殺してくれます。

私の中の「自営業の主婦」とは・・・

それは、ただ孤独感あるのみです。


仕事の詳細は書けませんが、

夫婦二人だけでの営業なので、お互いの分担がはっきり分かれています。

私は、何度か書いていますように

清掃作業 兼、事務員です。

清掃作業と事務の割合は6対4の比率かな・・・・

どちらかと言えば肉体労働の方が多いです。

夏場は草むしりもあります。

炎天下の下でくらくらっと倒れそうなこともありました。


今日も午前中の3時間ほど、外で作業をしてきました。

お客様に時々遭遇することがあり

勿論、自分からご挨拶のお声がけをしますが

そうすると、殆どの方が挨拶を返して下さいます。

でも

中には、清掃員だと思うのか

聞こえていなてないかのように、反応が無い方もいらっしゃいます。 

普段は1人で黙々と作業をしています。

そこへいらしたお客様が、一旦帰られたあと

再び戻って来られて、缶コーヒーを私に差し伸べて下さったり。

嬉しくて、もう少し頑張ってから終わろう! と、力が出ます。



自分のやっている地味な作業が

評価を貰えたと感じます。

声を掛けて下さる方がいらしたら、尚嬉しです。

仕事だと思えば気が重いですが

それもなければ、生きる張り合いもなく

たまに、体が辛い時もありますが

人とのコミニュケーションがとれるのはその疲れを癒します。


会社勤めをしていて、定年を迎えても、延長して働きたいと思うのは

経済的な理由が一番かもしれませんが

人って、社会とのつながりを持ち続けていたいからではないのかな・・・・。


私は性格的にも消極的だし、非社交的だし

自分探ししても、自分が何者か、何をしたいかもわからず

60過ぎても、毅然としたところも無く

それで、寂しがり屋でもあり・・・・・。



今の自分の仕事は、ちょうどいい具合に私を生かしてくれているんだ・・・

だから

仕事を終えて帰ってくると、満ち足りた気持ちになります。

私にもやれる役目がまだあるんだ! っていう

そうなんです。

孤独だと思っている仕事も

私には、ちょうどいい塩加減でもあるわけなんですね。

あとどれくらい、こうして仕事していられることやら・・・・・・。





お越しくださいましてありがとうございます。

拍手クリック、コメント感謝申し上げます。







にほんブログ村


にほんブログ村

えっ!それを言う? 

入り彼岸の18日にお墓参りをしてきました。

実家の弟に会ってきました。

仕事が夜勤続きで、相当疲れているあげくに、風邪気味らしく

ゲホゲホ、時折咳き込んでいました。

夜勤明けで疲れているだろうと、思ったので

乗せて行ってくれた息子と、二人でお墓参りを済ませました。

弟には、家で休んでいて、と言いました。

相変わらず、お仏壇のお水はコップの底に1センチほどしか残っていませんでした。

お水取り替えるくらいはしてくれたらいいのに・・・・と心の中で言いました。

でも、弟の疲れた姿を見ると言えません。


とにかく、私たちが長居したら弟は、休めないだろうと思い、1時間ほどで退散としました。

豚バラと白菜のミルフィーユ鍋を作って置いてきました。

ブリが安く買えたのでブリの照り焼き作って持って行きました。

台所の流しに溢れた弁当の空を洗って・・・・

たった、それくらいのことしかやってあげられません。

でも、いつまでも私が力になり続けることはできないよ・・・・。

その言葉は飲み込みました。 言ったらかわいそうかな・・・。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼

遠く離れている娘が毎日のように

孫たちの動画や写真を送ってきてくれます。

今朝、まだ布団の中にいる時間

上の方の孫が、6か月かそこらの時の写真で

私が膝に抱っこしている写真を送ってよこしました。

そして、添えられた娘のコメントは

「ブスかわさが、やばいよね」と

自分の産んだ子供をブスかわとは!!?

「うん確かに!」と私は返信しました。 (酷いばあちゃん)


ブスかわでも、自分の産んだ子なら可愛いに決まっていますし。

ブスかわでも、自分の孫なら可愛い。 (笑)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼

昨日、耳鼻科の受診日でした。

少しは慣れて来たファイバースコープですが

一度、回復傾向にあった声が

時々、また声を出すのが辛くなるんです。

それを話したら

今までより更に奥の方までファイバースコープが入って行きました。

「う、う、う~!!」っていう感じです。


先生の見立ても、やはり状態が芳しく見えなかったらしく

声帯に注射して、声帯を盛り上げる? 

つまり、薄くなって隙間が空いた状態が厚さを持って隙間が塞がることが出来る。

というようなお話し。

(説明が下手で理解しずらいかもしれません・・)

声帯に注射!!? と聞いただけでも

びくん! と体が縮こまる思いがしたのに

さらに、その治療はここではできないんです。

「どこそこまで行かないと出来ません。」

そのどこそことは、

新幹線なら1時間半、車なら5時間

それくらい遠い所です。



今朝の事

息子に、昨日耳鼻科でこうこう言われたんだ・・・

と伝えました。

「なんかさ・・お母さんの症状あんまし診たくないのかなぁ・・・・先生・・・」

と、思ってしまったんだぁ~・・・・。

そう言ったら

「お母さん、声出ないのってさ、もう年齢的なものだから耳鼻科の先生もそこまで深刻に診てないんじゃないの?」

ですって!

「違うよ!! 年齢的ってお母さんまだ61だよ!。 この歳からこんな声出ないなんて、年齢のせいなんておかしいでしょ。」



このような会話になりました。

「でも、もし手術とかなら、僕が付き添いするから」

とは言ってくれましたが、

おそらくその時は

退屈だぁ!とか何とか言って

コンビニかどっかに抜け出してるに違いありません。

肝心の時に、役に立ちそうには思えません。 ( ;∀;)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼

以前に書いた、白内障の手術の時

親戚縁者がいないので、私に付き添いを頼みたい。と言っていた友人から電話がありました。

予約待ちで、3か月くらい先になりそうだけど・・・という話でした。

「うんうん、良いわよ。 付き添いくらい。 日にちが近づいたら知らせてね。」



ただし、手術前に付き添いの人も一緒に先生の説明を聞きに行かなければならないらしい

手術日と、二回ね。うんうん、分かったよ。と電話に言いました。

付き添いくらいなら、声は出なくても務まるでしょ。

多少の返事くらいなら、頷けばいい話だしね。

私も元気でいなくては・・・・・・。




とにかく

私の身の回りは助けが必要そうな人ばかり・・・・・

私の事も誰か助けて~~!! と本心は言いたいのですけれどね・・・。(´Д⊂グスン







最後までお読み頂いて感謝申し上げます。ありがとうございました。

コメント、嬉しく読ませて頂いています。  (人''▽`)ありがとう☆ございます。



にほんブログ村


にほんブログ村

じいさん問題、解決

前回の記事の問題は解決しました。

そう、舅じいさんの件です。


かいつまんで申しますと

じいさんが近所の車屋さんに車を車検に出しました。

車検が終わって、車を引き取り、代金を支払おうとしたら

「領収書は今ありません。」??

と言われたそうです。

じいさんは、何にいくらかかった、とか明細書もないんじゃお金は払えない。

と支払いを拒みました。

自賠責保険料とか重量税とか、交換部品代とか含め

整備料金がいくら・・とか

そういった明細と共に領収書を要求したのに

車検は、他へ外注に出してやらせたので

うちからは、領収書が出せない。といいました。

だったら、外注先から、それらの費用の明細をもらい

その車屋さんが、最終的な内訳を作成して、幾らいくらと言って示して下されば

じいさんも、素直にお金を支払ったんではないか?

と思うんです。

ところが、じんさんはそういう所に厳しく追及をするんです。

その辺でやめとけば・・・・ということがありません。

さらには、両者の話がこじれて、車屋さんはとうとう

警察に通報した。という訳です。

「車検代金の支払を拒否した」という理由でした。


今回の件に関しては

どちらにも否がある気がするのですが

じいさんは、妥協という事をしません。

歳をとって、丸くなるどころか、ますます星形にとんがってきました。


結局、夫が車屋さんに出向いて話を聞き

領収書を貰えないのにお金払うなんて可笑しいのでは・・・

と言い、後日領収書を用意して車を引き渡します。

という決着になったようです。


この件は、もうおさらばです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼


段々と日差しに強さを感じるようになってきました。

春が近いんですねぇ・・。


私は植物が好きなんですが

冬越しのために家の中に取り込んだ植物たちが

窓辺で光を受けて緑色が透けてみえたり、その陰影がとても好きなんです。


カメラは安物だし、撮影者(私)の腕前もいまいち・・・・

生で見たリアル感は伝えきれませんが、何となく雰囲気が伝わるかしら・・・・

葉脈が好き

光に透けて葉脈が美しく見えるのですが、ちょっと下手・・・( ;∀;)

影

カランコエ、床に移る影

緑

緑の濃淡 (へたくそ・・・うまく写せません( ;∀;))

白と緑

白と緑 植物の光と影の見え方が好きなんです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼

お彼岸がやってきます。

明日はお墓参りかな・・・・・・・・・。






アラ○さま、ご丁寧なコメントを有難うございます。お忙しくしていらしたんですね。

私の体調をご心配いただき、ありがとうございます。

声はまだ完全には出ていませんが、

日常の短い会話なら大丈夫になりました。


今日の2キロはどんなかな・・・しんどくないかな・・・

そんなこと、体調と相談しながら歩いています。

体力つけなくては・・・・・凄くそう考えるようになりました。



外が明るいと気持ちがいいですね。

花粉の季節ですけれど、春の気配が好きです。




本日もお越しくださいましてありがとうございました。




にほんブログ村


にほんブログ村

舅の火消し役

故あって、私たち家族は夫の親と別居しています。

本来なら、きちんと面倒をみなくてはならないのに・・・


私が嫁いできた当初から

舅はトラブルメーカーでした。

ちょっとやそっとではないんですよ

ブログにはちょっと書けないくらい酷い事ばかり・・・・



そういったことが日常茶飯事のように勃発するものだから

とうとう、身内(夫と夫の姉、舅の姉弟たち)は遠ざかっていきました。

触らぬものに祟りなし、です。


私たち夫婦も、もう近づきません。

世間様にどんなに非難されようとも

火の粉をバチバチ飛ばしているところに近づけはしません。



そんな生活が続く中、久しぶりに

玄関を ピンポンする者あり

どなたかしら・・・・・・・・?

インターホンの画面に、警察官らしき人が映っているではありませんか!

そして、驚かない私

まぁたぁ~!!??  もしや・・・・・・


舅じいさんが、またなにかやらかしたみたいです。

(泥棒とか、そんなんではないんですけれどね。 所謂、近所とのもめ事です。)


私だって、本当なら舅姑に尽くす嫁、やりたいですよ。

でも、もう疲れ果てます。メンタルがぐちゃぐちゃになりそうです。

トラブルメーカーの家族なんて嫌です。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼


今日は暑いと思って、家の中の温度計をみたら20度ありました。

ストーブは点けていません。

外は土埃を絡めて、風が巻くように吹いています。

久しぶりに、外に洗濯物を干しました。

花粉もたっぷり付いてそうで、マスクして叩いて、取り込みました。




ほんの2キロほど歩いてきただけで

かなり息切れがしました。

飲んでいる薬のせいかなぁ・・・・・

なんだか最近本当に疲れやすい。

はぁはぁ、息が苦しい・・

駆けこむように・・玄関のカギを開けるのも、もどかし気に

だだぁ~とソファに雪崩込みました。

息をはぁはぁと、整うまで横になって

暑くて暑くて  片方の靴下を脱いだところで

ぴんぽ~ん  ですもん。

片足靴下脱いだまま玄関に出ました。

おまわりさん、片足靴下には気がついてないでしょう・・・・。

「かくかくしかじか・・・・・・・」

「ええ~! またですかぁ・・・・・」

「ご面倒お掛けして申し訳ありません。夫に連絡してなんとかしますので・・・・」


今日という日は、夫は忙しい

仕事しなければだし

火消しにも行かねばだし・・・ (っω・`。)



舅じいさんより、私ら夫婦の方が先に逝きそうですよ・・・。





本日も、お越しくださいまし、てありがとうございました。







にほんブログ村


にほんブログ村

自分はいくつに見られているかって話し

「今日は、飲み会があるから、夕ご飯いらないよ。」

と息子が言いました。

送別会の飲み会だそうで

だから

今朝は、息子を街まで送って行ってきました。

いつも、飲み会がある時は、車を街の駐車場に置いて帰ってきてしまうんです。

それで結局、

翌日私が乗せていく羽目になるので

今日は、送って行って

あとは、勝手に何とかして帰りなね・・・みたいな。



街に入り、信号待ちで停止しました。

横断歩道を渡ろうと、青信号を待っている、おばあさんがいました。

背中にリュック、買い物の袋を持ちきれないように立っています。

メガネは鼻にずり落ちそうです。

ご高齢なのに沢山の荷物大変そう・・・・

と思って見ていた私は

息子に「お母さんも近い将来あんな感じになるんだろうなぁ・・・・」

って言ったら

「ああ、お母さんも、もうあんな感じだよ・・」と答えが返ってきました。

「えええええ~!!  そんなにぃ!?」

だって、私の目には、そのおばあさん

80歳近い感じに見えていたんだけれど・・・・・。


若い者たちから見ると61も80も同じに見えるのかなぁ・・・・・・

まさか、そんなに単純な目してるはずも無し

結局

実際、私ってそんな感じに見えるのかも・・・・・(;゚Д゚)

が~~んと来て、ショックとダブルパンチでした。


これからもっと、背筋伸ばして歩かなきゃ・・・・・・・・・。





にほんブログ村


にほんブログ村


旦那達の不思議

先週のいつだったか

久しぶりに親友に会い

ガストのモーニングで昼過ぎまで話し込んできました。

(出ない声を振り絞って、訊いてもらいたい事を沢山話しました)

4時間近くを5百円前後で長居して

なんだか申し訳ありません。って感じです。

でも、とても有り難いです。



コートを脱いで椅子に腰かけてすぐに

彼女が、ショルダーバックを開けて、私に見せてくれた物があります。

ノート?

笑いながら 「家計簿よ!」 と彼女は言いました。

「ええ!? なんで家計簿?」 と聞きますと。

どんなに場所を駆使して隠しても

旦那さんが、探し出して、中身をチェックして

おまけに、最後のページには、チェック済みの証拠を残して置くんだそうです。


「こわ~い!」 と私は言いました。

「そうなの! そういう事するのよ!うちのおやじ!」

(おやじとはご主人さまの事です)

そういうふうになってから

家計簿は出かける時も必ず持って出かけるそうです



お互い年金生活になってから

特に、シビアになったと言っていました。

人は年齢と生活の変化で変わるものです。




一方、私のところの旦那こと、スネ雄は

中学の頃から仲の良い友達がいるのですが

朝に夜に、しょっちゅう携帯(夫もガラケー)のメールが鳴っているんです。

開いて見ては「あはは」と笑い、にやにやと携帯を閉じる

そういう動作を何度も見かけていて

ほんと、気持ち悪い関係だなって思っていたんですが



それが、ここのところ、ぱったりと

携帯は鳴らないし、覗いてる様子もありません。

○○○さん、最近メール来ないね?

と私が聞くと

「う~ん、どうしてんだかなぁ・・・?」 と たいして気にもしていないような答えが返ってきました。


それでいて

先日、パチンコの帰りに、○○○さんの家の前を通ってみた。

と言うんです。

そしたら、車は家にあった。

とかなんとか・・・・。

○○○さんの家の前を通ってみるくらいなら

余程気になっているはずでしょ?

メールしてみたら?と言ってもする様子もなく

なんか、ケンカでもしたのでしょうかね・・・・・? 



そのせいか

最近パチンコから帰ってくると、

やたら、その結果というか、報告をし出すようになりました。

(話し相手の友人と連絡が途絶えたせい・・・・)

私は、「へぇ、」「へぇ」「へぇ・・そうなんだ・・・」

と繰り返して、パチンコの話が止むのを待っています。


親友との仲はどうなったのか・・・・

こんなモラ男の夫でも、友達がなければかわいそうと思っていると

パチンコに行くと友達が一杯いる。と大口叩いています。

実際、何日か行かないでいると

常連さん達に、暫く見なかったなぁ・・・と、言って貰えるそうです。



なんでもいいから、夫の気分が快調であれば

私もそれに越したことはありません。





東北の3月にも春らしい空気が流れ出しました。

花粉症がまた始まります。 ( ;∀;)



お出でいただきまして有難うございました。




にほんブログ村


にほんブログ村

泥のように眠り泥のように昼寝した。

雪解けが進んで、歩道もかなり歩きやすくなってきました。

外を歩くと、季節の移り変わりが

体の芯の部分にも、伝わるって来るような気がします。



私の記憶が遠のき始めてきて

娘にラインで確認しました。

「お母さんが、美容院から頭が濡れたままで帰って来た日って、あれは3.11の日だっけ?」

程なく返信が来て

「そうだよ。」と。


たぶん去年も同じこと書いた気がします。

あの日

私は美容院に行っていました。

カットしてもらうために、一度シャンプー台で頭を流してもらい

椅子に案内されて、座った途端の事でした。

店のシャンデリアみたいな照明の飾りが

ガシャーン、ガシャーンと、大きくぶつかり合う音が店の中に響きました。


暫く揺れて、お客さんも店のスタッフさん達も大きな声を上げました。


その後、すぐ停電になり、

私は急いで家に帰らなきゃ・・・と思って頭を濡らしただけだったけれど

シャンプー代金を支払ってすぐ車に乗りました。

(お店の人は代金は受け取らないと言ったんですけれどね・・・)

お店の駐車場を出て、本通りに出ると、もう信号機は止まっていて

片側2車線の道路は混乱を起こしていました。

それでも、順次互いの目的方向へ譲り合って道を進み

いつもの倍の時間がかかって家に辿り着きました。

濡れたままの髪を乾かすドライヤーも使えず震えていました。



後で確認したら

家のコンクリートの基礎に、数か所ひび割れがありましたが、

建物はその程度で済みました。

ただ、

大変だったのはそれから一週間ちかく

停電がずっと続いた事

お店に物が無かった事。

スーパーに入るお客さんの行列が駐車場をぐるりと連なって、

1人のお客様に一人の店員さんが付いて、かごの中に数少ない商品の中から

品物を取り、

レジは停電のため動かないので

店員さんが電卓で計算して、お金を払う。という

とても、不便で不自由な思いをしながら食料品や飲料を手に入れました。

外はまだ3月の寒さで、店内に入れるまで並び続けるんです。

ガソリンも入れられなかったですしね。


あの時は計画停電っていうのもありましたよね。

電話も、携帯も繋がらなくて

関東にいる娘が心配していました。


大変だったことはありましたが

私の家は、海抜の高い地域なので

海水がここまで来ることはありませんでしたし


大きな被害に会われた地域の方々には、比較にもならないです。

電気がこない、水が無い、車のガソリンが無い

この程度のことで大変でした。とは言えないです。

ご家族を亡くされた方たちの苦しみを思うと

何が一番の犠牲だったかって事ですよね・・・・・・。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼


普段、あまり眠りが十分でない私なのに

昨夜は泥のように眠りました。

そして、ちょっと歩き疲れたのか

いつもは昼寝もできないのに、一時間ほど寝てしまいました。

眠りに入る間際

暫く会いに行っていない叔母の事を考えました。

そろそろ、暖かくなって来たし、叔母の所へ顔見せにいかなきゃ・・・・・

船が転覆して亡くなった従弟も海で眠っています。

そろそろ命日が来ます。



みんな、過去の傷を癒しながら、前に向かって歩いているんですね。

自分に定められた宿命の地点はどこなのか、

そこまで、俯かずに歩かなくては・・・・・。前を向いてね。








にほんブログ村


にほんブログ村

声を掛けることが出来ない意気地なし

最近、体力の低下をめっきり実感するようになり

抵抗力も免疫力も落ちていく一方

落ちていくのは我が家だけじゃなくなってきました。(笑)  

ブログタイトル・・・(我が家が不況に落ちて・・)

いえいえ、笑い事ではありません。


そいいう事を意識して、

今までは、車で済ませていた買い物や

銀行や郵便局などの用事も、出来るだけ徒歩で行くようにしています。



私の住む地域は街を円とするなら、

その円のほぼ外側にあります。

それなもので、何かの用事をするには不便を伴います。



てくてくと歩くようになってから

時々、お馴染みのお顔に出くわすことがあります。

私とそんなに遠くないご近所さんなんですが

その方も黙ってすれ違うし

私も自分から挨拶ができません。



私が、その方に関心を持つようになった理由があります。

その方は、私と違って車を運転されないようです。

ですから、大きく嵩張るような物

トイレットペーパーとか、重い野菜等でも

いつも、大きいリュックとエコバックの手持ちです。



去年の炎天下

私なら、とてもこんな遠くまで、こんな暑い日に

流石に徒歩では来れない。

と、思うような道を、


いつもお見かけすると同じように

大きなリュックで、買い物を終わって戻るその方の姿と

私は車ですれ違いました。


ここのお店の買い物は

私は徒歩では絶対来れない距離です。


ただただ、凄いなぁ! この人

そう思うばかりでした。



そして、思い出したんです。

3年程前

その方たち(ご夫婦ふたり)は道路から20メートルほど離れた

畑の中にある平屋の一軒家に引っ越してきたのです。

冬になり雪が積もると

その細い畑道に通ずるところまでは、除雪車は入ってくれません。

それなもので

雪が降り出した夜には

朝、旦那さんの車が出られなくなるみたいで

深夜のうちから

ご夫婦で、雪かきをしているのを見かけたことがありました。



そのあと

たまたま雪かきをしている奥さんに出くわしたので

雪が降ると道路まで車を出すのが大変でしょうから

良かったら、うちの敷地に駐車しておいて構いませんよ。

と言いました。

そうしておけば、朝の出勤の為に夜中から雪かきをしないで済むのではないか?

と思ったからです。


その時は「いいんですか?」と答えが返ってきたので

雪の日は遠慮せず、そうするものと思っていたのですが

私の進言は無駄のようでした。

たぶん、遠慮なさったか、

旦那様はとても車を大切にされてる方のようなので

目の届かない所へ駐車して置くのは不安だったかもしれません。



それ以来

殆どお会いすることもなく

あの時たった一度、お話しをしただけだったので、

その方のお顔を私は覚えていなかったんです。



時々、道ですれ違う方がいるなぁ・・・・と

そう思っているうち、

その人が、例の畑道から歩いて行くのを見かけて



あら! あの奥さんはあの人たっだんだ・・・・・・!


3年前に声をかけた奥さんが

道ですれ違う、あの奥さんだったと認識したのは

つい昨年のことです。


雪の日にはうちに車おいていいですよ。

と言ったのが、私だと

あの人は気づいているのやら・・・・・・


私は本当に気づきませんでした。一度話した人なのに・・・・。

それが分かってからも

何となく、その方に私は声がかけられません。

あの人にはあの人の凄い大切な世界があるような気がして

私は自分のふがいなさばかり、諭される思いがしているのです。


声をかけたくてもかけられない。

引っ込み思案の短所・・・・・


自分がよく分かっています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼

春の雪は気温が上がりやすいのかすぐ解けていきます。

雪解け
一昨日までは、一面雪に埋もれていたんです。

それが一日でここまで解けました。

室内の窓辺では今年もダリアが咲きました。
ダリア

春よ来い来いです。



クリックをいつもありがとうございます。

またのお越しをお待ちしております。

もり○○さん、いつも暖かいコメント有難うございます。

み○○さん、とっても読んで楽しいブログでしたし、ブログはとても誠実感が溢れています。

自分は、こんなような生き方がしてみたい、こんなような人になりたいな!

羨ましさで一杯になりました。  コメントの術が分からず戻ってまいりました。

いざとなったらメアドがありますね。^^ 不慣れで自信ありませんけれど・・・

これからも、お邪魔させて下さい。楽しみにしています。(連絡事項でした(笑))




にほんブログ村


にほんブログ村

テーブルヤシ、可愛いです!

今日は、いつもより少し多めに体を動かしました。

どなたもやっておられるだろう、家事仕事だけれど

最近、特に体力が落ちてしまって、手抜きだらけです。

薬疹を起こしてから、

体中の発疹は消えても、体の調子はいまいちです。


掃除機をかけるのも一階を済ませると疲れてしまって

2階の部屋まで体力がついていきません。


何日ぶりで2階に掃除機かけたかなぁ・・・・・・。

私のベットの下は埃だらけでした。(*ノωノ)


久しぶりに2階の廊下も階段も綺麗にして

その後は

近くに新しくオープンしたお店に、買い物に行ってきました。

近くといっても、往復30分です。

重い荷物になってしまって、息切れがしました。

以前なら、これくらい平気で歩いていたのに・・・・・・。



1人、昼食を済ませ

午後から事務所に出て仕事をするつもりが、

ただ広げただけになってしまいました。

怠け過ぎ!



家事を済ませて、買い物も徒歩でして

それから仕事をする。って、

今の私の体力には、無理があるのかもしれません。


パソコンを広げて、ブログを書くのは体力も使わなくて済むので

結局、楽な方に時間を裂いてしまいます。




夫は、私がブログを書いているとは知らないので

予定より早く帰って来られるとがっかりします。

だって、夫への愚痴と悪口がどっさりですから・・・。

本人に「あんたの悪口、ブログに書いてるとこよ。」

とは言えないでしょう?(笑)



私にとってパソコンを開く時は

体を休める事が出来る時間です。



リュックに背負って連れて来たテーブルヤシはパソコンの隣で

私の癒やしになっています。

そのうち置き場所を決めてあげようと思っています。

テーブルヤシかわいいね

テーブルヤシ可愛いです!

植物は本当に癒しです。

胸の内を打ち明けられるブログも癒しです。


読んで頂いて、それも癒しです。





あみ○○さん、キッチンのテーブルヤシ、きっと「いつもご苦労さま」って言ってますよ。



読んで下さって有難うございます。






にほんブログ村


にほんブログ村

幸せは今、ここにある。という気持ちで

昨日の午後から、雪が降り出しました。

さらさらとした、細かい雪が音もなく降り始めると

これは積もりそうだなぁ!って思います。


日中に、一度雪かきをし

夕ご飯が済んだ後にも、雪かきに出ました。

息子が帰ってくるのが

夜11時を過ぎるので、車が入れるようにしておくためです。


夜中にトイレに起きて、小窓から一階部分の屋根に目をやると

天窓のある位置さえ、分からないくらいに積もっていました。



一夜明け、

カーテンに閉ざされていた窓から

眩しい光が広がりました。

「ああ、晴れたんだわ・・・・。」

と思いました。



朝、自営業の仕事先に行って

部屋の掃除や、外回りの雪かきを終わらせ

後の仕事は夫に任せ

私は、耳鼻科へ、 受診日でした。


またもや、苦手なファイバースコープを鼻から入れられ

喉の様子を診てもらいました。

私の声帯は、先生が驚くほど薄くなっているのだそうです。

それで、声帯を鍛えるためのトレーニングと言いますか

リハビリみたいなことを毎日やっています。

声は大分出るようになって来ました。

ただ、人と長い会話はまだ無理です。段々と声が薄れてしまいます。

もう少し、気長に頑張ります。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼


庭の月桂樹も雪を被りました。

月桂樹


今日の空は青空も覗いています

庭から見る空

高い建物も何もない、すかすかの空です。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼

私は、植物を育てるのが好きで

先日、娘の所に行ったら

小さなテーブルヤシが、窓に飾ってありました。

「百円ショップで買ったんだよ。」と娘が言いました。

百円ショップにしては、株がぎっしり詰まって生えているので

私の植物好きの血が騒ぎ

早速、株分けをして持ち帰ることにしました。


テーブルヤシ

テーブルヤシは私の背中のリュックの中で

いったいどこへ連れて行かれるのかな・・・なんて思っていたりして・・・そんなこと思うはずも無し・・か



娘の具合もなんとか回復し

雪は降ったけれど、雪かきの体力はまだあるし

還暦越えだけれど、噴火男だけれど、スネ雄だけれど、モラ雄だけれど

夫は自営業でお金を稼いでくれているし

何より、今のところ、家族が健康でいられるし


娘が弱った時には、

駆けつける新幹線の切符もなんとか買えている・・・・・・・。



大きな贅沢はここになくても

取りあえず

幸せは今ここにある。

そう思う、今日の午後です。







拍手、クリック有難うございます。

コメントを下さる方で、なんだかお目にかかってみたいなぁ・・・と思うほど

懐かしいような、親近感の沸く思いを抱かされる方が時々いらっしゃって

私は本当は、孤独な人間なので

ブログを通し

見も知らぬ方々から、こんなに暖かな文字の連なりが送られてくるなんて

人とは、なんて愛すべき存在だなんだと、心底思います。


それを教えて頂いたのは、今まで頂いた全てのコメントからです。

本当に、心から感謝です。


そうそう、み○○さん、確かブログを書いていらっしゃると仰っておられましたよね。

ブログタイトル、よろしかったらお知らせいただけませんでしょうか。

是非お訪ねしてみたいです。 なんだか、事務連絡みたいですね^^すみません。




にほんブログ村


にほんブログ村

急きょ、新幹線に乗るの巻き

5日前の事

関東在住の娘が体調を崩し、急ぎで荷物を用意して駅に向かい

16分後に出る新幹線の切符を購入

「ああ、間に合った!!」

このような事、何度か経験しています。



このブログでも何度か書いていますが

娘は中学生の頃から難病を持ってしまい

未だに体調不良に陥ることが度々です。


普通なら、わざわざ新幹線で

30歳過ぎた娘の助けに親が駆けつけるなんて・・・

そう、思われても仕方ないことですね。



でも

中学生の頃から、人より何倍も病院通いをし

殆どの人が体験したこともないような検査を受けたり

そんなふうに産んだ娘を

自分の体力が叶う限りはサポートし続けてやる

と言うのが、私の生きる原動力になっています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼


今日の新幹線で関東を後にしてきました。

あちらは、暑くて暑くて

出かける時にセーターと冬物のコートを着て行ったのを

そのままの服を着て戻る電車はきつかったです。

寒い地方で生きている私にとっては

関東の暑さは

ナメクジに塩を塗られるようなしんどさです。

それに

私は本来寒いのが好き。

寒さの中にいると、気持ちもきりりとしてきます。



明日からまた、自営の仕事をし、家事をし

頑張るつもりです。





ブログ留守中にも拍手やコメントを頂きました。

数日ぶりにパソコンを開いたのですがが

ネットセキュリティが私のパソコンには重すぎるのか、

立ち上がるのを待つのにお味噌汁作れそうなくらい時間がかかって

もうこのパソコンもそろそろ、いつダウンするかわからないな・・・

そんな不安を抱えながら今日のブログです。



ご訪問頂いて、本当に有難うございます。

コメント下さって、本当に嬉しく有り難いです。




にほんブログ村


にほんブログ村
sidetitleプロフィールsidetitle

花みっ子

Author:花みっ子
62歳を目前にバセドウ病になりました。
時々噴火する独裁人間の夫と共に38年。夫の大病を機に経営していた会社を解散し、夫婦二人だけの自営業に転身しました。家のローンはあと3年。まだまだ働き続けなくては・・・。老後の明かりを求めて節約生活です。不仲な自営業夫婦の憂いある日々に、庭に咲く薔薇や草花に心の癒しを求め。家族の事、庭の事、日々の思いを綴っていきます。
時々覗いてみて頂けたら嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ライフ
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
節約
33位
アクセスランキングを見る>>
sidetitle還暦自営業夫婦、人生下りながらゴールは笑える日を目指していますsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle