FC2ブログ

いろいろと我慢の夏と贈り物のはなし

東北なのに、暑いです。

昨日、内科の受診があって

元気がある時には往復歩いて行くのに

ここの所、貧血気味なのか

ちょっとの立ち仕事でも立ち眩みがしてきます。


(往復、この暑さの中を歩くのは無理かも・・・)

そう思って、パチンコに行くという夫に途中まで乗せていってもらいました。

帰りは、日傘をさして歩いたけれど

風が強すぎて、日傘はあっという間に翻ってしまいます。

はぁはぁ、息切れがして、心臓はばっくんばっくん

家に帰り着いたら、何もかも放り投げて床に寝転がりました。

やっぱり、夏は嫌だ!! 

暑さが全ての気力と体力を奪います。




私の仕事は特に外の作業が多いので

夏は試練の季節です。

時々は事務所の作業もするけれど

古すぎるエアコンは働きが悪くなってきています。

家の中のエアコンは20年以上の代物で

今年は買い換えたいなぁって思っていましたけれど

今年前半、ちょっと出費が多すぎたので

今年も我慢します。




昨日は、お中元の手配もしてきました。

早めに注文すると早割りが利くので

少し安く済ませることができます。

我が家は、親戚同士ではお歳暮やお中元のやりとりはしたことがありません。

親族自体が少ないこともあるし

皆、近くに住んでいるということもあって

そういうお付き合いはしていません。


仕事関係は、一時期不景気だった頃に

お中元は無しにして、お歳暮だけになりました。

それは、うちだけではなくて、いつも頂く会社さんの方からも

お中元は無しになった時期があったんです。

お中元お歳暮のやり取りをみても

景況感が伝わってきたものでした。

都市部ではそんなことはなかったかもしれませんが

私の住む田舎の街ではそういう傾向があったんです。


しかし

近年再び、お中元も戻ってきた感じがします。

景気が回復してきたとは、私には思えないんですが

いえ、正しくは、私の所がそうなだけかもしれませんが。


取りあえず、一時期は中止していたお中元

ここだけは、大切にというところへ

お中元を送っています。


例え、中身がなんであれ、

気持ちを伝えるにはやはり、「物」 なのかなぁ・・・・。



息子にも、たまに言います。(一応彼女らしき人がいるので)

「気持ちはね、やっぱり思っているだけじゃダメなの。形にしないと伝わらないよ。」

形 = 品物

ほら、お花一本だけだって、嬉しいものでしょ。


いろいろと、我慢の夏だけれどね・・・・・。

ちょっとした物を贈りあって

お互いに幸せな気持ちになるってこと

家族間でもやれたらいいのに・・・・・・・・・。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼


庭の山法師の白い花がピンク色に染まっています。

山法師の日焼け??(笑)

山法師

ほらね。最初は真っ白だったのに。

山法師 赤く


向こうに見えるは木々の緑だけ! あるのは豊かな緑だけ・・・・・。田舎です。




お読み下さいましてありがとうございました。クリック有難うございます。

コメント頂いて有難うございます。繰り返し読ませて頂いています。



にほんブログ村
スポンサーサイト

物事を気楽に受け止められる能力が欲しい。

我が家の災難

夫の事を書いて

書いたからと言って、私の気は楽にはならなくて

誰でもケガを負ったらかわいそうだし、同情するのが当たり前なんだけれど

心配は勿論あるんだけれど、

私の中ではやっぱり

散々、今までの人生夫に苦しめられてきたっていう

トラウマが消えていきません。


ブログでは、伝えにくい事ばかりが沢山あり

あからさまに、辛かったことは書けないものです。

何故なら、自分をあまり惨めに思って欲しくない・・・・

そういう思いがあるから・・・・・

だから、夫のモラハラなんて、読み手の方からしたら

許せる程度の書き方をしてきた気がします。


私は、やっぱり自分が一番大事だけれど

子供達や、弟のこと

そして、モラハラとは言え夫の事だって

いつも何かあれば心配し、最大の心をかけてきたつもりです。


たぶん、こんなことを書いて記事を送信した後、

後悔するかもしれません。


でも、いつもそうやって、なにもかも大勢の人々に許せる程度のことばかり書いてきた気がします。

許せるっていうのは、夫の事ね。



家族も従業員の人たちをもワンマンで縛りあげてきた人。

病気をして、怪我を負って、

可愛そうで気の毒で・・・・・・

私の心の中には、優しさと、悪魔の心とが入り混じっています。

許せない心がいつもいます。


例えどんな意地悪や仕打ちや、横暴があったとしても

気楽に受け止められる

そんな力が私は欲しいです。

ブログにさえ、正直な想いを書けないのなら

意味のないことになるものね・・・・・。





今日は、包み隠さず自分の思いをかいてしまいました。

(勿論、怪我の事はとても心配しています)





にほんブログ村

我が家の災難その2 指が落ちた!?

昨日、久しぶりにブログを書いて

いつも、家族のぐだぐだばかりのブログなのに

ほんとうに頂くコメントは有り難いものです。



下肢静脈瘤の治療の事に触れて何度か書いていたのですが

この拙いブログから、伝わって

その治療をしてきました。というコメントを頂きました。

私も治療に辿り着くまでには、相当悩んで決断したことだったので

それが、終わってみると、なんてこんなに楽にできるものか・・・

それを、もし同じ症状をお持ちの方にお知らせできたら・・・

そういう思いもあったので、

コメントでご報告頂きまして、こちらこそ本当に有難うございました。

嬉しかったです。


私も脚の重だるさもなくなり、快適になりました。

先日1か月目の診察に行ってきましたが、次回は2か月後に行かなければなりません。

いろいろ、費用や面倒なこともありますが、症状から解放されていくことには変えられません。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼


大阪にお住いの方から

そうそう、忘れてなんかいませんよ。コメントをいつもお寄せ頂いていましたね。

時々、どうしていらっしゃるかな・・・と思い出しています。

お元気な様子なので安心しました。

久しぶりのコメント有難うございました。

もうお一方

大阪の○○子さん、いつも有難うね。脚は調子いいですよ。大丈夫です。

息子の歯痛も腫れが引いたようです。ご心配有難うございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼


つい、頂いたコメントが嬉しくて

この場をお借りしてお礼を延べさせて頂きました。

ご訪問履歴がある方には、こちらからお訪ねしてコメントからお礼が言えますが

訪問履歴が無いと、この場からしかお礼が出来ませんので

訪ねて頂いて、読んで頂いている方々に

本当は、おひとりお一人にお礼を申し上げたいです。

私などが書くありきたりの日常の光景しかないのに・・・・。


読んで頂いて本当に有難うございます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼


そうそう

今日のメインが最後になりました。

「我が家の災難その2」


私が、脚の診察を受けに行くと決まった2日前のことです。


夫が、友人に手伝ってもらいながら、修繕作業の為に

木材を切っていました。

名前が出て来ないのですが、あの機械で材木を切るあれです。

のこぎりみたいなギザギザので、うぃ~んと回転しながら切断するやつね。

あれで、指を跳ねたんです!! 夫の指!

左の中指と薬指

薬指の方は爪のあたりが少し削り取られたくらいでしたが

中指は第一関節程度が無くなりました。


以前、脳梗塞を患って以来

血液がサラサラになって、血の塊が出来ないようにする薬を飲んでいるので

医者には、くれぐれも、怪我で血が出るようなことのないように。

と注意を受けていました。


最初、夫が携帯に電話をよこしました。

「指落としてしまった!!」

「ええ!? なに? 指落ちた? なにそれ?・・・・」

いつもふざけて大袈裟に人をからかう癖のある人なので、

半分、嘘だと思いました。

そのうち、夫の友人が玄関にやってきて慌てていました。

救急車を呼んだ方がいいと思ったのですが

本人が、呼ぶな!と言ったそうです。

私はすぐさま、夫を乗せて

近くの外科に電話して向かいました。

外科に向かう途中、指を置いてきてしまった事に気がつき

息子に電話して

「指、持ってきて頂戴!!」と伝えました。 (こんな時に息子がプーさんで家にいてくれて良かった)

息子は、冷静でした。

切断した指を探し出して (機械で飛ばされていました)

冷凍庫から、保冷材を用意した袋に入れて病院に届けてくれました。


それなのに、

そこの外科クリニックでは、治療が出来ないと言われ

総合病院へ紹介状を貰いました。

直ぐ、そちらへ移動し

急患で診てもらい、指はもう、くっつけることは不可能となり

中指の骨を少し削って、そこへ周りの皮膚を寄せ集めるとか・・

(私はまだ、その指を見ることができないでいます)

そんな内容の手術が5時から始まりました。

1時間ちょっとで、手術が終わって夫は車いすでやってきました。


保冷材の袋に入れて持って行った夫の中指は

病院の何処に取り残されたのだろう・・・・


出血はなかなか止まりませんでした。

そんなような出来事があっても

夫は、仕事をすると言い

仕事がない時は無事な右手でパチンコに行っています。



家族の心配もどこへやら

本人は、指をなくしたことくらいでは、

全くへこたれた様子がありません。


全く、この先どうなることやら・・・・・・・。




長々と、最後までお読み頂きましてありがとうございました。






にほんブログ村



我が家、災難は続く

またもや、ブログの空白が続いてしまいました。


この空白の間に

大阪で大きな地震がありましたね。

地震は私も何度か体験しています。

小学生の頃の地震では家が半壊したこともありました。



災害に会われた方々に心からお見舞い申し上げます。


また、このブログにも以前からコメントを下さっていた方々で

大阪にお住まいと書いておられていたた方が何人かいらっしゃいました。

被害は有りませんでしたでしょうか・・・。  気になっています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼


さて、話題が我が家の事に移りますが

実は先週末あたりから、脚の診察(先月治療した下肢静脈瘤)を予約していたので

再び関東へ行きました。


今回は、新幹線で行ってくるつもりでいたのですが

例によって、仕事が学習塾の仕事だけになった息子が

今回も、車で乗せていってくれると言い

塾の仕事を終えて帰宅し

夜の10時過ぎに出発しました。


しかも、節約のために、高速道路に乗らずに

国道4号線を、ひたすら南に向かって走ったんです。

深夜のトイレ休憩は、他にお客もいない、がらんとした

コンビニでお借りしました。

交通量も無く、街路灯のオレンジの光が点々と

進む道を指示しているようでした。


そうして、福島のあたりに差し掛かる頃には、

空の色がうっすらと明るみを帯びてきました。

運転する息子は、

「お母さんは、椅子をリクライニングして寝てていいよ。」

と言ってくれましたが、私は全く眠れませんでした。

夜の国道の時間の流れを感じながら

深夜を経て、夜明け前

山々の尾根からあがる朝もやの美しさも目にしました。



しかし、その辺りから、トラブル発生です。

息子が歯が痛むと言い出しました。

聞けば、前日の昼頃からちょっと違和感がある程度だった。

と言います。

「ええ!! なんで、今!?」

と私は心配を込めて言いました。

息子は、自分でもこんなにひどくなるとは思っていなかったらしいです。



とにかく、どんどん痛くなっているようで

走っている途中、「薬」と書いたコンビニの看板を見つけたので

飛び込むようにして、そこへ駆け込みました。

バァファリンかロキソニンでもあれば・・・・

しかし、残念な事に

薬は置いていたのですが、販売できる資格を持った人がいなくて

買う事が出来ませんでした。


それなら、もうとにかく道を急ごう!

そういうわけで、矢板インターから高速に乗ることにしました。

もう、節約ドライブなんて言っていられません。

息子はどんどん痛がっています。

高速を走っている途中、娘に連絡をしました。

インターを降りた近くに歯医者さんがあるか調べて頂戴・・・。

(娘宅の近くなので、娘から聞いた方が情報が確かだと想ったので・・)

そしたら、土日でも診療してくれるという歯医者さんが近くに3件あるというので

高速を走る車の中で予約の電話をしました。

「予約の患者さんがいるのですが、9時半に来る事は出来ますか?」と聞かれたので

「はい、大丈夫です。9時半に伺います。」と言い

時間を確認しました。

車は、那須塩原を通過したくらいです。

到着予定時刻はぎりぎりです。

インターを降りてからの道順は私の頭の中に入っていたので


とにかく、娘の家に行く前に、歯医者に直行しました。


こんなに、はらはらどきどきしたのは久しぶりの体験でした。

息子のほっぺは、みるみる腫れていきました。

痛くて痛くてたまらないという表情です。


滞在日数は3日間でしたが

その間、お粥と野菜ジュース、バナナをなんとか飲み下していました。



地元ではないので

根治治療が出来ず、抗生剤と痛み止めを出してもらって

その時から帰って来る日まで

息子は歯痛で寝込んでいました。

それでも、帰宅する頃には抗生剤が効いてきたのか

運転も出来るようになりました。



しかし、下道(国道4号)で行くというのは止めにしました。

12時間はかかるでしょう・・・。

歯痛だって、体の疲れから来ていると思うし

車で来た以上は車で帰らなければならないし

圏央道から北関東自動車道

それから東北自動車道に進んで行けば、

私にも運転は変われると思いました。

でも結局

最後まで息子が運転をして家路に着く事が出来ました。




我が家の災難はあと一つ。 これはまた次回に・・・・・。



長々と、最後まで読んで頂いて有難うございました。


にほんブログ村

おおらかとは言わない?大雑把なの!!

昨日、外出先で車をフェンスに擦って

車の側面を傷付けたこ事を書いたんですが


その事をブログに悠々と書いていた時点では

実は傷の状態をきちんと把握できていなくて

ああ、ちょっと擦っちゃったな・・・程度の傷と思っていました。



言い訳だけれど、

昨日も結構な雨が降っていて

車体の汚れも手伝って、傷の程度が大したことないように見えていました。

だから、車用の塗料(タッチペン用の)を買ってきて

ちょちょっと塗れば傷なんて分からなくなるだろう・・・。

そんな 軽い考えしてました。


ところが

今朝、タオルで拭いて、目を凝らし

更には手で触ってみると、結構へ凹んでいます。

黒い色の車なので、白いひっかいたような傷が何本も見えています。


ありゃりゃ~~

これってちょっとどころじじゃない気になる!!


夫に

「これ、修理に出したらいくらくらいするかなぁ・・・・。」と

言ってみたら

「8万くらいはかかるだろな・・・・・。」とか

「こりゃ、ドア交換だな。」とか

「ドア交換だと結構かかるぞ。」とか


どんどん、大したことじゃなくなってきて・・・気持ち的に


先月はガスコンロ交換して10万近くかかったし

脚の治療の為に、旅費とか、治療代、とか諸々足して

(治療代は丁度かかった分、生命保険から出たので助かりましたが)

それでも、娘宅に滞在中、いろいろ出費しまして

やはり10万近くかかってるし

更にさらに、

一か月前の脚の治療の診察があって

また行ってこなければなりません。

今度は息子が、高速道路を使わずに

国道を走って乗せていくと言っています。

そうすれば、ガソリン代だけで済みますからね。

でも、走って12時間ですよ。下道だけで行ったらね。

それも、なんだか恐ろしやですww




話は横道に行ってしまいましたが

それで、今度は車の修理代!?

いやあ、なんでもかんでもカード払いしてますが

これって、大丈夫なのかしら・・・・。


カードから出ていくお金は目に見えないから

どんどんお金が出て行ってること

ちょっと、大雑把に捉え過ぎてると気が付いた私。

これは、おおらかになんて、呑気がこと言ってる場合じゃない気がします。

今はまだ払えているからいいけれど

ふんどし?  (穿いてはいないけれど)

ここはしっかり、ふんどしを締め直さなきゃ・・・・・・・・。(失礼しました、お下品でしたね・・。)






拍手コメント有難うございます。直接お礼を申し上げる術のない方もいらっしゃいますので

この場から、お礼申し上げます。ありがとうございます。





にほんブログ村

本日は厄日?

朝のニュース

米朝首脳会談の現地取材の様子を興味深く見ながら

嗚呼!もうそろそろ出かけなくちゃ・・・

バタバタと家を出ました。

夫の事で用事があって出かけたのです。

(本来なら、自分で行きなさいよ・・と言いたいようなこと)

目的地に着いて駐車場に車を収め

用事が済んで、車に戻ってエンジンをかけ

いざ発進!!

ガリガリガリーーーーー

??? なんだ!?  なんの音!!?

嗚呼~~、やっちゃったぁ~~


助手席側の左側ドア側面が少しの凹みと傷・・・・・

確かに駐車場に入れる時、

直ぐ左側に金網のようなフェンスが張られていました。


私らしくも無い・・・

今まで、そういう接触事故?って初心者時代からも

そんなにやったことがありません。

ああ・・・・どうして、こんな分かりやすい所でこんなことやっちゃったのかなぁ・・・


用事は済ませた後だったけれど

なんとも、気分が沈みました。

車に傷がついたってことより

こんな単純なへまをした自分にしょげました。


高齢者ドライバーの事故が多発してますが

自分だってやりかねない!

最近は特にそう心に念じて運転をしているつもりだったのに・・・。

でも、自分の車が傷ついただけで良かった。

今はそう思う事にしました。



しかし、車も車

今年で5年目になります。

この車を最後にしようか・・・と思っているのですが

今61歳だから、あと何年この車持たせられるかな・・

70歳前で免許返納とすると

生活の様々なことどうする?

バスは、1時間に一本しかないぞ・・・・

お店も近くには無いし・・・・。



一日も早く、高齢化社会に向けた対策強化して欲しいです。

高齢になっても、お金のかかる施設に入るお金も足りそうにないし



事故が起きても誰もケガしない乗り物

そういうの、まず優先的に開発して下さいよ。

発泡スチロールの車? (笑)

スポンジで出来た車? (笑)

なんて知能の足りなさ・・・私はやっぱりバカだ。


一時間に一本でも我慢するから

街や、各お店や、スーパーや、病院や

身近に小まめにバス停があって、それが無料でいつでも乗れるような

それに、バス停には腰掛けられる椅子もあってね。

そういうのにも

介護保険料、適用してくださいませんかね。



等々・・自分のやらかした失敗を棚に上げて

なんやかんや、愚痴こぼしになりました。



お読み下さいました方々、お目汚しとお心よごし?

お付き合いくださいまして有難うございました。





にほんブログ村

想いを静める雨音と心華やぎの薔薇

夜来の雨が

庭に咲き開いた薔薇の花びらを散らしました。

手入れの行き届かない草庭が雨を浴びて

今日は、静かに休んでいるように見えます。



小雨が降る中を

傘を差して買い物をしてきました。

夫は、土曜日、日曜日関係なく仕事に行っています。




会社を辞めて無職になった息子は

毎日遅くまで、なんだか難しい本を読んでいます。

頭は良かったんですよ。親の私が言うのは変なんですが

とにかく、数学は抜きんでて得意でした。

だから、大学も数学科に入りました。


でも、就職は失敗でした。というか

失敗させたのは私たち親です。

要らぬ、自営業に引っ張り込んでしまっことがその始まりで

夫が脳梗塞で倒れた時も、

自営業を継続させたいために、息子を頼りました。


私は、いつまでも、息子に詫び続けています。

だからというわけではありませんが

息子が何かをつかむまで

私は、背中を見守るつもりでいます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼



雨に打たれると薔薇はひとたまりもありません。

か弱い花びらを打ち付けられて

はらはらと散るんです。(イングリッシュローズは特にそう)

朝、小雨が降る中を庭に出て

せっかく咲いた薔薇を切ってきました。

雨で散らされる前に家で楽しみましょうと・・・・・・・。



久しぶりに玄関に花を飾りました。

玄関 薔薇




そして、キッチンカウンターに

気持ちに華やぎをもたらしてくれます。

キッチンカウンターに飾る薔薇


全て庭の花です。やっぱりお花はいいです。


落ち着いた土曜のいいひと時となりました。






以前ブログに載せた段ボールハウスの事をコメントに書いて下さいました方に

あれをご覧になって、作ってみようとしていただいたという事に

凄く嬉しかったです。  作った苦労が報われるような気がしました。

お言葉、有難うございました。



お金をかけずに材料を集めるのが大変ですが

やり始めると、どんどん発想が広がっていく気がします。

小さい孫たちの為に作るつもりが

結局、自分が楽しみを与えて貰っているような気がします。

自分から何がしたいか・・・? 

それを探せないでいる私には

向こうから、テーマを差し出してくれているようなものです。


家族は、私を動かしてくれる原動力になっているという訳ですね。

 



本日もお越しくださいましてありがとうございました。

拍手コメント、心からお礼申し上げます。



にほんブログ村

メルちゃん、今日のお洋服どれにしようかな・・?

今日も私の仕事は終わりました。

フルタイムでお勤めしていらっしゃる方からしたら

ちょっと、甘いかもしれません。

パートと言った方がいいかもしれません。時間的にはね。

でも、責任は沢山背負っているつもり・・・な、私であります。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼

私の趣味というか、これをやっている時は時間を忘れて楽しい!

と言うのが案外とハンドメードだったりします。


今日は、前々から作っていた「メルちゃん」という

小さな女の子のオモチャのお人形さんの洋服を

手作りしたのをご紹介したいと思います。


モデルは勿論メルちゃんです。



メルちゃんブラウスとスカート

爽やかな感じでしょ



メルちゃん ワンピース
これはちょっと、手間がかかりました。スカート部分が薄い生地と二枚合わせになってるんです。



メルちゃんの服 赤

茶色いリボンがポイントです。


メルちゃんドレス

こちらもスカートが二枚合わせです。



メルちゃんお呼ばれ服

これはですね、上の部分がレースとピンク色の生地との二枚合わせです。



メルちゃん服 セットアップ

これはノースリーブのブラウスとロングスカートのセットアップです。


メルちゃん服 黄色
上の部分はフリース生地であったかです。 メルちゃん寒くないように・・・・。



メルちゃんのパンツ

そして、最後はなんとなんと、メルちゃんのパンツちゃんです。 小さいので作るの手間でした。



お洋服は箱に入れてしまってあったので

シワだらけのまま着せてます。 悪しからず・・。(。-_-。)


やがては孫(2歳と4歳の女の子)達の持っているメルちゃんにあげようと思っていたら


なんでも、今はリカちゃん人形に対象が移ってしまったみたいです。(-_-;)

子供の成長は早い・・・・・・・。(;´・ω・)

次はリカちゃんのお洋服つくらねば・・。





本日はお粗末ながら、私の手作りを紹介させて頂きました。

お目汚し、お付き合い下さって、有難うございました。




にほんブログ村

カラオケ行きたいよ~!!

友人宅に届け物があって、お宅に寄らせて頂きました。


門の奥は緑の葉を生い茂らせ

玄関の入り口が何処にあるかさえ、

外からは見えないほどに

ツゲの木やツツジ、

広葉樹等が二階のベランダにまで届きそうな高さになっていました。


うっそうとした印象があるけれど

案外と私はその風情が好きです。



その人とは、私にとって唯一のカラオケ友達です。

以前はよくカラオケに行ってお喋りをし

少しの間もおかずに、二人で歌いまくっていました。


それはそれはもう、楽しいひと時です。

時間はあっという間に過ぎてしまいます。


謙遜抜きで、まじで(笑) 私は歌が下手です。

一緒の友達は、声がとっても綺麗で上手です。

デンモクくんをいじりながら

自分の次の歌を予約しながら、彼女の歌に聞きほれます。

カラオケ、こんなに楽しいことが世の中にあって

私にとって、最大のストレス発散方法です。


ところが

前々から書いていましたけれど

どうも声帯の調子が未だに悪くて

今日、届け物をしに行った友人にも言いました。

「カラオケ行きたいねぇ!!」って。

「行きたいねえぇ・・」って友人も言いました。


彼女が5曲歌ったら、私が一曲歌う

そんな感じで行こうよ! 

と言ったら、「そんなの悪いよ~。」と友人は言ったけど

その一曲さえ今は歌える歌があるかわかりません。

低い声しかでないからね。

だから、それでいいよ。って言ってくれて

カラオケ行こう! になったら、私はとっても嬉しいんです。


お喋りが2時間歌が3時間・・・



毎晩、歌を聴きながら床につきます。

ああ・・こんな歌自分でも歌えたらいいのになぁ・・・・・。

でも、誰かの歌を聴いているカラオケの時間もとっても楽しいです。



密かに、そういう日が来る計画・・・・・・なんて楽しみな事でしょう!!

「今を抱きしめて」 を聞けるかなぁ・・・・・・・待ってます。  大好きな歌です。





読んで頂いてありがとうございました。 クリック押して頂いて有難うございます。







にほんブログ村


庭の薔薇と、60過ぎの恋ばな?

我が家の庭も薔薇が咲きはじめました。

10年前に比べたら10分の一の数に減らした薔薇です。

手入れの時間がなかなか作れなくて

それでも、自分たちの時が来れば、健気に美しさを見せてくれます。


我が家の庭の写真をいくつか載せてみました。毎年同じ感じですが・・・。

パット・オースチン




平成30年 6月の庭


今、庭に一番表情を作ってくれるのは、やっぱり大好きなカモミールです。

カモミールの庭


ザ・ナン と言う名前です。 白く清楚

ザ・ナン


エグランティーヌ


これから、満開を迎えていく薔薇たちです。 待ち望んだ薔薇の季節は今ここにあります。

生きているんだって、一年のうちで一番感じる季節でもあります。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼


今日は、久しぶりに友達とランチに出かけて来ました。

本当に久しぶりです。

ステーキランチでも950円で頂く事が出来ました。


そして、今日の話題はなんと、60歳過ぎの二人の恋ばな・・・・。

若かりし頃の恋の話です。

もはや、現実からかけ離れたお話しの展開になったけれど

60になっても女子は女子!!

胸が華やいでくる恋ばなは、

今は、もう無いけれど、食事をしている間だけ

女性に帰った気分になって、

なんだかとっても幸せの疑似体験みたいになりました。


たまにはいいでしょ・・・・恋ばな・・・・。(笑)

楽しいひと時でした。





ご訪問感謝申し上げます。

有難うございました。 

コメントは、やっぱり頂いて嬉しいです。

お久ぶりです。って懐かしく感じるような方も・・・・。本当に嬉しいです。





にほんブログ村

体力が落ちたなぁって感じるこの頃

東北の田舎の方にまで、夏を思わせるような

どよ~んとした暑さがやって参りました。


私は寒いのなら、いくら寒くても全く平気だけれど

その反対に、ちょっとの暑さでも体に堪えます。


今日は朝から仕事先に行って

外回りの草むしりしをしました。

暑くて暑くて・・・・

心臓までばっくんばっくんしてきます。



今日は、ちょうど夫の友人がアルバイトに来てくれていました。

植木の剪定作業です。

途中夫と、その友人と私と三人で休憩を挟みました。


夫は何にも言いませんが

その友人は真っ先に言いました。

「痩せたよね・・○○○さん」と私の事を言いました。

「そうそう、少し痩せたでしょ? でも誰も気付かないんだよね・・・・」

「いや、痩せた痩せた」 ってその人はまた言いました。

私は思いました。

(そりゃそうでしょ・・・5キロは減ったんだから・・・)

ま、元が結構な重量だったので、5キロ減ったくらいでは

だれも、痩せたなんて思わないかもしれません。

特に夫などは毎日見ているわけだから、尚更変化に気づかないんでしょう。



でも、一番変化に気づいているのは

当たり前だけれど私本人です。


それが、体重計のメモリではなく

体重も落ちたけれど、体力も落ちたんですよ。


疲れやすくて、以前平気でやっていた作業も

なかなか、長く続けて出来なくなりました。

私の場合、力仕事が多いのでね。

特に、体力の低下がはっきり現れます。

だから、バランスが大事なのかな・・・。

でも、あと3キロ減。

これは、譲れないかな・・・・・。体力も同時に付けていかなくては・・・・。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼

一昨日、山歩きをして採って来たフキをキャラ蕗にしました。

キャラ蕗

鷹の爪を入れて、ちょっとピリ辛。ご飯のお供にいいです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼

最近はまっているもの

青汁の牛乳割です。

青汁は伊藤園の青汁、それに牛乳を投入して、敢えて混ぜないで飲むのが私流です。

青汁の牛乳割

美味しくて、暫くブームになりそうです。




ご訪問有難うございます。




にほんブログ村




沢に滑り落ちて片足ドボン

今年も、友人とふたりで蕗を採りに行ってきました。

行く場所は毎年同じ所です。

カメラは持って行かないので写真は無いですが

かなり傾斜の急な沢山です。

ずずずずっと、水を含んだ腐葉土に足を取られそうになります。


辺りは、木々の枝が好き放題に伸びていて

足元に気を取られているうち

顔の前に突然、木の枝が現れたり

熊でも出て来そうな山の中です。


でも、その急斜面をなんとか下って行くと

小さなせせらぎのような小川が流れています。

人の踏み入れそうにない、沢山の木漏れ日の隙間から

ちょろちょろと、水が流れる様子がとてもきれいに見えます。



そんな中を私は長靴を履いて降りて行きました。

腐葉土化したぬるぬるとする斜面を

自分では制御できなくなって

ズルズルと滑り出しました。

その下は小川が流れています。

どぼっつと、小川に片足が落ちました。

意外と深くて、右脚が膝まで泥だらけ

長靴はびしょびしょ・・・


後で、一緒に行った友達がその様子を見て

驚いていました。


2人とも、濡れようが、汚れようが

全くお構いなしに、夢中に蕗を採りました。




こんな冒険みたいなことが出来るのもあと数年かな・・・

こんな急な傾斜の山は

せっかく採った蕗が重くて上まで運び上げるのが大変です。


蕗は他にも一杯あるでしょ?

とお思いになるかもしれませんが


ここは小川の流れている斜面なせいか

蕗がとても、みずみずしいんですよ。

だから、いつもこだわって同じ場所です。



帰ってから、泥んこだらけの長靴を洗ったり

蕗を茹でて皮むきして水に漬けておくまで

大変な作業となりました。

この蕗を、今年もまたキャラ蕗にして

喜んでくれる人にも差し上げたいと思っています。



平成30年6月2日 蕗



泥んこだらけになったけれど、楽しい山歩きでした。




読んで下さって有難うございます。






にほんブログ村
sidetitleプロフィールsidetitle

花みっ子

Author:花みっ子
62歳を目前にバセドウ病になりました。
時々噴火する独裁人間の夫と共に38年。夫の大病を機に経営していた会社を解散し、夫婦二人だけの自営業に転身しました。家のローンはあと3年。まだまだ働き続けなくては・・・。老後の明かりを求めて節約生活です。不仲な自営業夫婦の憂いある日々に、庭に咲く薔薇や草花に心の癒しを求め。家族の事、庭の事、日々の思いを綴っていきます。
時々覗いてみて頂けたら嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ライフ
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
節約
31位
アクセスランキングを見る>>
sidetitle還暦自営業夫婦、人生下りながらゴールは笑える日を目指していますsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle