FC2ブログ

どこまでついていけるかな・・・・。

コンビニをたまぁ~に利用するのですが

私の住む地区には、何故かローソンが多いです。

それでローソンの ぽんたカードを持っていたのですが

いつ、どこでなくしたのか・・どうやら紛失したらしいです。

そんなに使うわけではなかったから、このまま無くてもいいかな・・と思って一か月ほどたったのですが


今や、なんでもカードでポイントの時代です。年会費がかかるわけでもないから

やっぱり、作っておこうかな・・と考え直し


今日、近くのローソンへ雨の中傘をさして歩いて行きました。

ロッピーで、トトBIGを三枚だけ買うのが最近の私のブームです。

(たま~にだけです)

今までに700円くらいしか当たってませんが・・・・・



今日も、ロッピーで同じくBIGを三枚購入しました。

レジに行って、ぽんたカードを無くしたので、もう一度作り直したいと言いました。

そしたら、さささっと、店の棚のあたりからカードの添付された一枚の用紙を持ってきてくれました。


「このカードをロッピーで会員登録して下さい。」とのこと。

数年前だったら、レジのところでひょいと貰えた気がしましたが

今は、カード登録も自分でやるんですね。


いろんなところで、いろんな事が I T 化してますよね。



どこまで世の中の進化についていけるかな・・・・・






拍手コメント、クリックいつもありがとうございます。



にほんブログ村
スポンサーサイト

爽やかな銀行員さん

昨日のこと、

玄関にピンポーン♪と音がして

インターフォンを覗くと、見知らぬ人が、、、

出てみると、銀行員の方でした。


用件は、「法人番号届け出のお願い」とのこと。



あら? 変ね、

「うちはもう7、8年前に法人は解散してますけど、、」とお話ししました。




夫が、癌になり

以後、仕事もできなくなったという理由と

当時の業界の景況感が不透明感を増していたのを

夫は、先読みして会社を整理する判断をしたのでした。




あの当時の判断は間違いではなかった。

と、私も思っています。


銀行員の方は、社に戻って調べてみます。

と言って帰られました。


そして、

今日、また同じ方が、みえられ

確かに法人は、解散手続きされていました。

と、結果を伝えにこられたのでした。

私も、ほっと一安心しました。

なにか、不備でも、あったのかな、、?

と気になったもので。




それにしても、

以前のように、銀行の方が、こうして訪ねて来られる、

といったようなことも、久しくなくなりました。


当時、社員8人だけの小さな会社だったけれど、

事務所には、人が絶えなくいたものでした。



今は、広くなった場所で、1人ポツンと事務をしたりしています。



久々に訪ねて来られた若い銀行員さん。

ちょっと、新鮮な気持ちになりました。

やっぱり、若い人はいいですねぇ~。


とくに男性は、清々しいわ! (笑)


これって、完璧オバサンですね。(笑)






ご訪問ありがとうございました。





にほんブログ村 主婦日記ブログ 自営業の主婦へ
にほんブログ村

これでも仕事してるつもり・・

私の仕事場は自宅兼です。


外へは掃除や草むしりに出かけます。

今日は、そのどちらの仕事もしました。



掃除を終えて家に戻ると、ちょうどお昼の時間でした。

いつ起きたか分からないプーさんの息子が家の中をうろうろしていました。

「お母さん、ほら仕事行くよ・・。」と言ったので

「ええ!!? 何言ってんの? もう終わって帰ってきたとこだよ。」

と言うと。

「ええ~? 手伝うつもりしてたのに・・」と言いました。


私は心の中で

(あんたの起きてくるのを待ってたら仕事なんて夜中まで終わらないよ)

と・・・・・心の声ね。



現在、息子は学習塾の仕事だけしています。

帰宅するのは11時半を過ぎることもあるので

息子の手伝いなんて始めから、期待はしていないんです。

期待はしていないけれど、

手伝ってもらえたら、そりゃあ、かなり楽なんですけれどね。



お昼ご飯は、お蕎麦を茹でてスーパーで買って来た天ぷらを乗せました。

私は少なめに盛りました。

サツマイモを蒸かしていたので、それも食べるつもりがあったから・・・。

息子が 「よくお蕎麦のあとに芋まで食えるね?」と言ったので

言い返してやりました。

「こっちはね、ひと汗かいて仕事してきて、お腹ぺこぺこなんです!」

息子は、お芋を頬張りながら言う私を気持ち悪そうに見ていました。



1時間休憩して

いつもなら、もっとだらだらしているんですが

今日は業者さんに発注しなければならない仕事が残っていて

どこでもドアみたいに事務所に行って(ドア一枚で自宅と事務所です)

パソコンを立ち上げます。


発注した商品が欠品になっているという連絡が入り

電話で代替え商品の案内が入りました。

電話でくれると、私は助かります。今時そんな・・・と思うのですが

サイトを見て、商品の確認をして

これはああだ、こうだ・・・納品についてのいくつかのやりとりがあって

それらが確定して発注完了するまで、今は殆どの作業がメールです。



いつの時代の話?と思われるかもしれませんが

私は、電話で一回で済まないものですか?って・・・・・短気ですかね・・?


短気っていうより、メールのやり取りがまどろっこしくて、面倒なんです。

慣れてないのが一番の原因なんですが・・



例えば  電話で

これが欲しいんですが、、、、ありますか?

あ、それは今欠品してます。

あらあ、そうなんですか、じゃあ他に代替えできるものでいいですけれど・・・


そうなんですか・・それなら、こうこういうのがありますが、いかがですか?

ああ、はいはい、それで じゃあお願いします。

はい、有難うございます。では、それを送ることにします。


ちゃんちゃん・・・・・・・・・みたいなね。



私のデジタル化?はここらへんでストップかな・・・・。

変更があったら電話でね!  って言ってしまいそうです。



何処でもドアを押して家に入り

夕ご飯のお米を砥いでタイマーする。

またドアを押して事務所に戻り、メール確認する。

返信が来ないので、またドアを押して台所に戻りお味噌汁の鍋をかける

お豆腐を刻む、小松菜を洗って刻む

ドア一枚でまた事務所。

メール、あらら、メールはまだだわ・・・・

再び、台所に戻り、ごぼうをささがきにする。水に晒して

また事務所へ

メール確認、あ! 来てた来てたメール・・良かった!

発注決定の返信を送信する。



ああ・・そろそろ洗濯物取り込まなくっちゃ・・・。




これで一安心。

お鍋が沸々してきて、お豆腐と小松菜のお味噌汁完成。

ごぼうのささがきは、チャーシューと混ぜて炒め合わせて終わり!

超、手抜き料理だぁ~!!

庭のきゅうりで酢の物。 

あとはスーパーで買ってきた、赤魚の粕漬を焼いて夕食の準備は終わりです。





台所と事務所を行ったり来たり・・・

これでも、いっぱし仕事してるつもりなんだな・・・・。(;´・ω・)






にほんブログ村

みんな頑張って生きている

今朝、仕事に向かう前に夫が言いました。

「午前中の仕事を終わらせたら、車を見に行ってくる。」 と。

「良いのが見つかったの?」と聞くと

「車検がまだあって、20万円のフ○○ドがあるらしい」 と答えました。

「フ○○ド! いいんじゃないそれ。」

娘が乗っているのと同じ車です。悪くないんじゃない?

と思いました。


果たして、20万円でどんな状態の車だことか・・・・・・。

いくらでも安く手に入れたい!

お金を生むのは大変なことだものね。

少しでも安く買えたらそれに越したことはありません。

夫も必死です。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼




昨日、いつも受診しているクリニックに行って来ました。

バセドウ病のほうではなく、コレステロールの方を診て頂いているクリニックです。

一か月分の薬を貰いに月に一度必ず行きます。


いつも年配の患者さんが多い待合室で

若い女の子が座っているのが見えました。



自分の診察が終わって、

院外処方の薬を受け取りに、すぐ近くの調剤薬局に行ったら

さっきの女の子の姿がありました。

何となく気になったんです。


私が中待合室で名前を呼ばれるのを待っている間

その女の子が採血室のあたりで、看護師さんから説明を受けているのが聞こえました。

どうやら、近々胃カメラを撮るための説明のようでした。


薬局で、私より先に呼ばれて薬を受け取っている時

薬剤師さんが話しかけていたのが耳に入りました。

薬の内容から、どうしたのかな・・と気になったのでしょう

「ストレスかなにかでしょうかしらね・・・?」と薬剤師さんが言うと

女の子は 「もう2か月も休みが無くて・・・・・・・」と答えていました。



私の心の声は驚きの声を上げていました。

(2か月も休めないでいるの!? この子・・)

私の娘よりはるかに若い20歳代前半といった感じです。

私がこの子の親なら、会社?勤め先に談判してやるう~!! 

と思ってしまいました。

人の娘をなんだと思ってるの!!

とかなんとか・・・・(ああ・・つい私の生ぬるい性格が出てしまいます。)

この甘さが、自分の子供等にも厳しく出来ない欠点なのだ・・・・

と反省はしたけれど、

でも、それとこれは別。

あの女の子が気の毒に思えて仕方ありませんでした。



私もあった、30歳そこそこで、いろいろあって

子供を親に預けて働いていた時期

胃の具合が悪くて、病院に行って胃カメラを撮るはめになったこと

そしたら、胃潰瘍でした。



あの女の子はその頃の自分よりはもっと若い感じなので

私のような、特別な事情はないにせよ

あんな若さで胃が病んでいるなんて・・・・・

可愛そうと言ったら失礼なのは分かっているけれど

気になって仕方ありませんでした。



なんか、あの若さでも2か月休みがもらえない仕事して

胃が痛くなって、、、

頑張っているのねぇ・・・・偉いねぇ・・・・・。


お薬を頂いて帰っていく姿にひっそりとエールを送りました。 




みんな頑張って生きているんです。


誰に向かって言えばいい? 社会が人に優しくなりますようにって

何処に向かって言えばいいかなぁ・・・・・・。




 

にほんブログ村

エアコン代が迷走しています。

我が家は25年ほどにもなるクーラーを未だに使っています。

使っていると言っても

東北北部の地方なのでクーラーを入れる日がそんなにあるわけではありません。

でも、近年は30度を超える暑さが当たり前に数日間は確実に訪れます。


今や、よく動いてるよねぇ~っていうような冷房専用機です。



この夏、もういい加減に買い換えようか・・・・って何度も迷っていて

お盆が近づいた頃

家電屋さんに電話をして問い合わせてみました。

そしたら

ちょうど暑さがマックスの時期だったせいで

「今、注文いただいても、取り付けはお盆過ぎになります。」

と言われたので

結局、今年も諦めて、このまま使おうってことにしたんです。


そして、季節外れには広告に安くなったエアコンが載るでしょ

夏が終わってから取り付けてもらおうか・・・と結論づけました。


予算は15万円取ってありました。 (数年前からの予算の取り置き分です)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼


つい先日の事

夫が乗っている車が壊れました。

車検があるだけの価値程度の車だったんです。

ミッションが壊れて、バックできなくなったそうです。

何を隠そう

昔夫は、整備士で車の修理業をしていました。

だいたいそこら辺の走っている車の音を聞いただけで

あの車はどこそこが調子悪い・・・・と耳だけでも診断できるくらい

機械にはかなり詳しいのです。


自分の車がもう、修理不能に陥ったのは容易に判断できたでしょう。

ミッションが壊れたら、もう終わりだわ・・・・

修理するには古すぎます。お金をかける価値はありません。



そこで、また車検があるだけでいいから・・・と

(つまり、もはやは解体行きに近いのをさがしてるんです)

あちこち知り合いの中古車屋さんに聞きまくっています。

おそらく2、30万程度の車を探してきて乗るつもりのようです。

今までもずっとそうでした。

不思議な事に夫は新車には乗りたいと言いません。

ようやく動いているような車を手に入れて、自分で整備したり

そういうのが醍醐味なようです。



とは言え、夫もそんなにお金を持っているはずもなく

そこで

エアコンを買うために取って置いた15万円を渡そうかと

今朝、夫に言ったんです。

少しは足しになるんじゃない?って


そしたら 「いや、安いのを探すから大丈夫だ・・」というので

そのお金はやっぱりエアコンに充てることにしました。



私が、お金渡そうか・・と言ったのに対して

いや、要らない。と夫が答えたのは

それは、家計への思いやりとは違います。

実際に、安い車を探し当てるのに燃えてるだけです。

それが私にはよう~く分かります。

新車や、ぴかぴかはつまらないんですよ。

そういう人もいると思います。






台風の影響ですね。こちらも雨が強く打ち付けています。

各地に被害がないといいですが・・・・

国土がどんどん壊れていく感じがして、最近は切ないです。





拍手クリックコメント有難うございます。


にほんブログ村

採血と診察と

昨日は診察日でした。

2週間前に6本分の採血をしたばかりで

今回は3本分の採血でした。

(一本がたぶん20ccくらいなのかな・・)結構な量に見えましたけど正確ではないかも・・・


前回、採血してくれ看護師さんが

「美味しい物沢山たべて下さいねぇ~」と言ったので

私は少し笑いました。

ほんとだね、沢山食べて失った血液をまた増やさなきゃね・・。

そう思ったのに、昨日もまた3本分です。

3週間後に行ったら、また採血です。

診察に行く度に採血をして

検査結果が出てから診察になります。


前回、体重減少が激しかったことを書きましたが

薬を飲み始めた効果か

数値も少しだけ改善したみたいで

体重がどんどん減っていくという現象はストップしました。

1キロぐらいは増えて、これからはもう体重が減っていくことはないんじゃないかな・・

と思います。



それにしても

私の関心事はもう一つ

紹介状を持ってこの総合病院を受診して

昨日で3回目でしたが

なんと3回とも違う先生でした。

昨日なんか、前回までの流れというか症状と、出された薬など

私が説明をするという・・・・

パソコンには、受診の経緯が打ち込んでは有りましたが

3人目の先生は、大丈夫かなぁ・・・

と不安になる感じでした。




さてさて

4回目はどんなことになるかな・・・・

またお初にお目にかかる先生だったりしてね。


それなもので

受診の履歴は自分でも記録取っておいた方がいいのかな

と、思ったりしています。


昨日の先生

「では、次はまた2週間後に来てください」とおっしゃたけど

私 「あ、あの3週間後じゃやダメですか?」と聞くと

「なにかご都合あるんですか? じゃあ、3週間後でいいですよ。」と答えられました。


うむうむ、そんな2週間後でも3週間後でもとちらでもいい診察

ますます不安になりましたが、

元を言えば自分が招いたことでした。(笑)



とにかく、病院通い楽しむことにしたんですよね。





拍手コメント有難うございます。



にほんブログ村

この病気の凄いところ?

今朝、洗濯物を干しに外へ出たら

ああ! もう秋の空だ~ と思うような雲が広がっていました。

今朝の雲

直射日光の下は、まだまだ肌を刺すような日差しが注ぎますが

家の中にいるとひんやりします。



今まで使っていた安物の掃除機が壊れてしまい

仕方なく掃除機を買いに行きました。

今回買ったのも安物です。



今までの掃除機にはエピソードがありまして

その掃除機を買ったばかりの時

外へ持ち出して、車の中を掃除していました。

掃除機をかけ終わってから、車を移動しようとした時

うっかり、掃除機のホースの蛇腹部分を引いてしまったんです。

掃除機の蛇腹はぺたんこになりました。

それでも、買ったばかりだったので、使いづづけてきました。

蛇腹がぺちゃんこなので、うっかり大きい物を吸い込むと

そこで詰まってしまい、ゴミが吸えなくなって困ることが何度もありました。

そんなこんなのかわいそうな掃除機もいよいよ終わりです。



掃除機を買い

郵便局と銀行と2か所のATMに寄って仕事の支払いを済ませ

その後、スーパーで買い物をし

コンビニに寄って、税金の納付を済ませ。


家に戻った時には

もう、たったそれだけの行動で息切れが激しくて

暫くソファーに横になりました。

動悸を抑える薬のおかげで、だいぶ楽にはなっているのですが

動いているとやはり疲れやすいです。



体が痒くなるという症状もあるので

どうやら、夜中にあちこちひっかいているらしく

手の届く部分は知らぬ間に傷だらけになっていたりします。


それに、一番甚だしいというか

これはいいんだか悪いんだか分からないのですが

とにかく食べます。

夜中に起きてトーストを食べたというのも一回だけではありません。

昨日は「進撃の巨人」のDVDを借りてきてもらって

それを見ながらひたすら、ずっと食べ続けていました。


この病気の凄いところ・・・それだけ食べていても体重が増えないんです。

数か月前にウオーキング効果で5キロ痩せました。

と書きましたが、

たぶん、病気のせいもあったのかと思います。

しかし、半年くらい前から疲れやすい症状はあったので

そのあたりから病気になっていたんだと思います。

あれから、さらに4キロは減ったんです。

その4キロはまるで一週間に1キロペースで減っていたので

やっぱり、普通じゃなかったんですね。

甲状腺ホルモンが出過ぎている状態なので、代謝がどんどん進み

食べても食べても太らない。というわけです。


痩せて嬉しや、病気と分かって悲しや・・・・・。



それにしても、今日の空はホントに綺麗に晴れ渡りました。

それだけで、なにかいい事がありそうな気がしてきます。





明日は病院で検査と診察があります。

さて、

明日の先生はどんな人だろう・・・・・( 行く度先生が違うというね・・・。(笑)  )





拍手コメント、クリック頂きまして本当に有難うございました。



にほんブログ村

前進する力が沸いてくる

今は、ほんのパート程度の仕事をして

午後には自分の時間ができます。


外で、体力を使う仕事をするので

一時間ほどすると

脚が、がくがく、震えるような感覚があります。

一日中働いて、「ああ! 疲れたなぁ!」

って、言う時のような疲労感が

たったの一時間で襲ってきます。

だから、動悸が収まるまで横になって休み

暫くしたらまた起き上がって次の作業をする。

そんな状態になってしまった体です。



今思う事は

これが病気の性だと分かって、本当に救われたと思っています。

それが分かったというだけで、自分が前に進んでいるんだ!

っていう意識がはっきりと生まれてくるんです。

例えるなら

車の調子が悪くて、走行中にどこで止まってしまうか不安だったのが

故障個所が分かって

ここを直せば、また元通り走れるようになる。


私もその車みたいだと思います。

故障個所が判明したことが私の力になっているんです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼



お盆中はずっと寒くて

ちっぽけな庭の一角にある畑?のトマトもなかなか赤くなりませんでした。

家庭菜園です。とか言うのもお恥ずかしいような

小さな畑ですが

今年はきゅうりすら高い

たったの3本だけ植えたきゅうりが、今年は我が家の食卓を充分に満たしてくれました。

ピーマンも程よく実を成らせてくれました。

インゲンはお味噌汁に・・・・。


庭の収穫

一日経てば、ミニトマトも家族分だけ赤くなっています。

ピーマンはチンジャオロース、きゆうりは浅漬けに

インゲンはお味噌汁にするか、沢山採れたときは炒めてお惣菜にします。


ほんの小さな畑でも、お野菜の高い今年はとても助かります。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼


雑木林か荒れ野みたいに雑然とした庭です。

手入れを殆どしてないのですが

よく言えばナチュラルガーデンが好きな私には丁度いいのかも・・・(言い訳です)

8月の庭



娘一家も関東に帰って行きました。

四人分の布団を片づけたり

シーツや、タオルケット、枕カバーと山盛り洗濯をしました。




後に残ったのは静まり返った元の部屋。

窓を開け風を通し・・・・・・・



ふうーっと、大きなため息が出ました。







にほんブログ村

なぜ捨てられない!!?

11日に、娘一家が帰省してきていました。


仕事で言うならば、お盆は激務です。

この数日間は、自分の時間というのは

夜、眠る時だけ・・・・・。



私をとりまく男所帯は、ますます劣化が進んでいます。

独り暮らしのおじいさん(夫の実家)の家は、玄関からゴミだめ状態でしたし

私の実家(弟独り暮らし)もこれまたゴミ屋敷と化していました。

どうして、こうも男一人暮らしはゴミ屋敷になるの?


私の家系は、男性が未婚か一人暮らしが多いです。

女手が少なくて

あっちもこっちも、私の肩にかかってくるので

十年先を考えると憂鬱になります。





お盆初日は夫の実家のお墓参りに行き

翌日は、私の実家の墓参りに行く予定をしていました。

その前日に実家の弟に何度電話をしても

電話に出ることがなくて

夕方、ようやく電話をとってくれました。


そうしたら、具合が悪いと言うので心配になり

様子を見に

娘が運転してくれて実家に向かうことにしました。


無口で、何を聞いても反応の薄い弟で

こちらの心配する気持ちが肩透かしをくらいます。

一時間近く走って駆けつけたのに・・・・

確かに体調が悪そうでしたが

心配の言葉をかけたところで、病院に行こうとするわけでもなく

大人しく静かな弟だけれど、頑固者です。


取りあえず死んではいなかったから、良しとするか・・・

娘と二人、そう言いながら夜の道を走って帰って来ました。


翌日墓参りに行った時も、少し体調が悪そうだったので

家の中はゴミの山でしたが

仏間だけ、片づけてお参りをしました。

平成14年、平成17年等々

賞味期限が切れて、匂いを発した食品が、スーパーの袋に入ったまま

あっちにも、こっちにも・・・

中には腐った野菜から汁が畳にまで浸透している始末。


どうして、この状態を平気でいられるのか

私の頭はフリーズどころではありません。

仏壇の位牌の前におかれたコップは水がカラカラで

白くカルキがこびりついていました。



弟に父母の位牌を守ってもらうのは困難です。

私は、台所の隅に父母の写真を飾って

そこに、お水やお花を供えたりしていますが


それにしても、あまりに手つかず状態で

あの実家の状態を見る度

家も、弟自身もどんどん劣化していると感じます。

私の手伝いは嫌がるし・・・・構われたくないのでしょう

どうしようもありません。




夫の実家も同じくです。

玄関と仏壇の置いてある部屋だけは掃除させてくれましたが

自分が普段いる部屋は手をつけさせてくれません。



私と夫の実家両家共に

3年後にはゴミ屋敷そのものになっていることでしょう。



何故、どうして、あんなに物が捨てられない?!!

性格?性質? 

余談ですが

我が家のお向かいのお爺さんも長年お1人住まいだけれど

綺麗に片付いています。綺麗好きなんでしょうね。




つい最近、テレビで見ました。

実家を片付けるみたいなの・・・・・


あの番組見ていて、ああ、うちだけじゃないんだなって

変な安堵感がありましたけれど

いやいや、安堵してる場合じゃあありません。


弟の(実家の)家の様子を見て、娘が言いました。

「家屋敷は狭くて小さい方がいいね!!」と。

将来、自分も年取ったら家や庭が広かったら

とても大変だって、目の前の現実をみて学習したみたいでした。





とにかく、物だらけはダメだわ

物を持たずに暮らさなくては・・・・・。

本当にそうしなくっちゃ・・・・・・・・。






にほんブログ村

思い出を辿る道のり~~お墓参り

お盆が近づいてくるとなんだか落ち着かない。

やらなければならない事が頭を巡ります。


8月11日は父の命日にあたります。

お盆が訪れるのを待たずに父は逝ってしまったのだけれど

あの夏は猛暑の夏でした。

お盆目前だったせいで、お寺さんが忙しく

荼毘に付されてから、ほぼ一週間、葬儀を待たされました。

その間に、親戚縁者の方々から届けられた盛り花は

どんどん元気がなくなっていきました。

葬儀社の方が時々見えて、お水を継ぎ足していかれたけれど

お水というより、暑さでお花達は弱っていったようでした。




父が息を生き引き取って

葬儀屋さんが病院の遺体安置所にやって来て、

自宅へ父を連れ帰った後

一杯飯(一膳飯)を枕もとに用意して下さい。と言われたのですが 

(お茶碗に、山のようにご飯を盛って、お箸を立てますよね)


その日は最悪でした。

実家のある地域が断水していたんです。

ご飯を炊くお水が・・・(もう慌てていて、ペットボトルを買いにいくとか思いが至らず、コンビニさえ近くに無い田舎です)

そうしたら、

近所の方のお宅に井戸があって

この井戸水を使いなさい。と言って下さいました。

父の枕元には、井戸水で炊いた一杯飯が供えられました。


それから、枕団子

このお団子も私が1人で作りました。(既に夜中でした)

父を送る最初の準備を私は1人でやりました。

独り身の弟は、葬儀屋さんとの打ち合わせでてんてこまいです。



悲しい別れなのに

父の横たわる周りにはどんどん祭壇が形作られ

花が飾られ、装飾で彩られていった

葬儀屋さんの指示どうりに

父の旅立ちの支度を整えました。

今思い出したのは

父は入れ歯をしていたのですが

食べ物など食べられなくなって

もう、今日か明日かとなって来た時

少しずつ、病室の荷物を片付け始めました。

まだ生きているのに・・・・?って思われるかもしれませんが

病院で亡くなると、バタバタと看護師さんにお仕度をしてもらい

涙を流す間もないくらい、父は霊安室に運ばれました。

霊安室に迎うまでには、部屋の荷物をまとめておかなければなりません。

だから、数日前から、少しづつ荷物を家に持って帰っていたんです。

(父より先に他界した母の時に学習?したんです)

その時に、入れ歯も持ち帰ってしまい

それが、失敗でした。

息を引き取ってから、医者の死亡確認がされ

その後、看護師さんが浴衣を着せてくれて

その時、入れ歯も口に戻してくれるのですが

私が、その入れ歯を持ち帰ってしまっていたもので、

父の口に入れ歯をはめることが出来なかったんです。



そこで死出の支度の時に

葬儀屋さんが、入れ歯をはめてあげて下さい。と言ったんですが

その入れ歯が入らない入らない。

遺体になってからの口には入れ歯が入れにくい

私はどんなに四苦八苦してもはめられず

結局葬儀屋さんがはめて下さいました。

あの時病院から持ち帰っていなければこんなことになっていなかったのに・・・・


反省は後の祭りでした。



そんなことを山ほど思い出しながら、

今日は実家のお墓へ行ってきました。

命日には二日早かったけれど、

お盆も来ることだし、お墓の掃除をして、お参りをしました。


父母には、お盆にまた来るからね。と声を掛け帰路につきました。





明日は、夫の実家の掃除に行ってきます。

玄関も、お仏壇もゴミの山だと思います。

掃除をしたら、お花も用意して行ってお仏壇にお供えもしてくるつもりです。

そして、お盆にまたお参りに行きます。

用意する物は、お煮しめや、お赤飯、を

13日には夫の実家の分を作り、お参りし

翌日には私の実家の分を作ってお参りに行きます。

だから、二日続けてお赤飯とお煮しめ、その他何品かを作ります。


11日には娘一家が帰省しますが

孫たちがどうのこうのと

楽しんでいる暇はないような気がします。


実は、お墓参りを終えて帰宅後、ばったんキューでした。

自分の病気の事を忘れていたかのよう・・・・暫く息切れ動悸が収まらず・・・・

疲れが酷くて暫く横になりました。 とんだ顛末です。





実家までの道のりは、1時間弱。

母の時も父の時も

その道のりを走って介護に向かいました。


車の中ではいつもサラ・ブライトマン を聞いていました。

今日も久しぶりに、サラ・ブライトマンを流して

あの頃はしんどかったなぁ~~!


そのしんどさが、今は少し薄れていっています。




この間、WOWOWシネマで見たんですよね。2度目でしたけれど

リリー・フランキーの「東京タワー オカンとボクと時々オトン」

この映画を以前見た時と今回見た感想は違いました。

今回見た感想は

樹木希林さん演じる母親役の心情に自分が近づいた。ってことでした。



親のお墓参りをしに行く自分は

もう、その親に近づいているってこと

感慨は常に変わるものです。

父母が亡くなった76歳に私はあと15年くらいかな・・・・・




幸せに楽しめよ~っと父が言っているような気がしました。






長々と最後まで読んで頂いて有難うございました。

暖かい拍手コメント、クリックありがとうございます。






にほんブログ村

それはそれで良しとしますか・・・

36度とか、はたまた40度を超えたとか

ニュースで聞いているだけで言葉も出ない・・

そこまで西日本の暑さは厳しいのですね。


そこへ来て、私の住む地方はここ三日連続で20度程度です。

寒くて、仕舞い混んだ衣装ケースから長袖を出して着ています。

夜は、タオルケットに薄手の布団をかけて寝ました。

暑すぎるは困りますが、

夏に寒い日が続くのもどうかと・・・・・。



ーーーーーーーーーーーーーーー🌼


さて、今日は病院へ行く日でした。

一応、総合病院なので

私の診て頂いている「内分泌科」もいくつかのお部屋があります。

内分泌科を診る先生が

3人か4人くらい、いらっしゃるという事でしょう。


今回で2回目の受診の私は、

名前を呼ばれてお部屋へ入って行くと

前回と、違う先生でした。



受診番号の札を確かめると

私が診て頂くお部屋は、

大学から派遣されてきた先生が担当しているお部屋のようです。


そうか・・・それで、前と先生が違うのか・・・・・

一抹の不安はよぎりましたが

パソコンでデーターは共有されているだろうから

医者が変わっても問題ないと思うことにしよう・・・・

必要な診察と薬を頂いて

とにかく治りさえしたら文句はありませんから。

無駄に不安に思う事はやめよう・・・。


そして、今日から、バセドウ病の内服薬が処方されました。

治療法は3つあって

内服薬、放射線、手術 と3つの方法があるそうです。

殆どの人は内服薬で治るそうですが、副作用も怖いといいます。

無顆粒球症という症状が心配と言っていました。

もしも、発熱、や風邪を引いた時は

迷っていないで、すぐ病院に電話してきて下さい。とのことでした。



その他には、肝障害もありうるそうです。

そして、私が一番不安視しているのが、アレルギーです。

他の薬で薬疹を起こしているので

その辛さが蘇ります。

副作用はどれをとってもなりたくはないですが

病気を持ってしまった人達は、

否応なく、そういったリスクにさらされているんだと思いました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼


病院が午前中早めに終わったので

(何故か)家にいる息子に、

「なにか、お昼買って行こうか?」と訊いたら

「銀だこ」が食べたい。と言うので

銀だこを買って帰りました。

夫は俺は昼は要らない。といっていたので、夫の分はなしです。


あんこ入りのたい焼きも一つづつ買いました。

昼間家にいるようになった息子と肩を並べて

銀だことたい焼きを食べている親子

絵面は平和だけれど・・・・

息子は無職だし、私は病気であまりきつい仕事はできなくなったし

ちっとも平和なんかじゃない・・・。



我が家

銀だこ、たい焼き・・・呑気に食べてる場合じゃないんじゃない・・・・・。(;´・ω・)






クリック頂いて有難うございます。拍手コメント有難うございます。





にほんブログ村

忘れた頃に会う仲間~歳と共に変わる

17年くらい前(年数は定かではなくなりましたが・・)

私は教室にパソコンを習いに行っていたことがあります。

そのクラスを2回受講したので

その2回共に、1人づつ

その後の私の人生に深いお付き合いとなった人がいます。


1人は、人生の大先輩

なんでも相談できるくらい頼りになる人。

1人は

私を卓球クラブに誘ってくれた人



その人からぐいっと手を引いてもらうようにして

運動音痴の私が、勇気を奮って卓球クラブへの扉を開いたのでした。

ほんとに、なんにも積極的に出来ない私でした。


それをきっかけに

一週間に一度の私の世界が広がりました。

あの日から、既に17年も過ぎようとしています。

卓球クラブは、5年程で辞めてしまいましたが

その当時からの仲間との交流は

今でも切れることなく繋がっています。

皆と会う約束をした時は、何日も前から楽しみです。




その仲間の1人から先日電話をもらいました。

「○○○さん、元気にしてるぅ~。」と元気そうな声

彼女は私より5歳若い

私 「元気じゃないよ~へへへ・・・あのね、病気になっちゃったんだぁ・・・・」

「ええ!? なになに! どうしたの!!?」と彼女

「うん、あのね、甲状腺の病気なの、○○ちゃんと同じ」

と、答えました。

同病ではないけれど

彼女は甲状腺癌で2度ほど手術しているから

なんとなく、病気の事も話しやすいのです。


沢山の話をした後に

またみんなで集まろうよ! と言ってくれました。

そうしよう、そうしよう、お盆過ぎならどうかな・・・

「でも◇◇さんは、仕事が入っているかもしれないから、どうだろう・・

来れるかなぁ・・・・」

そう言ったら、

「▼▼さんがさ、最近ちょっと元気ないみたいなんだよね・・旦那さんが免許返納したので

、外出がめっきり減ってしまって、家にこもりがちらしいよ」


▼▼さんというのは、今年でちょうど80歳になる人の事です。

80歳でも、ついこの間まで卓球をしていたんです。

▼▼さんの事を◇◇さんに話したら、

「それならちょっと無理してでも集まらなきゃね・・」と言ってくれました。




そんな訳で、みんなが集まれるかどうかはまだ未定だけれど

なんとか、誰かを励ましたいと思っているのは奇跡的だなって思います。


こんな仲間が出来たのは

あの教室に勇気を奮って参加したのがきっかけになったのだと・・・・・。

消極的で、引っ込み思案な私からは生まれるものではなかったな・・・。

誰かに手を引かれて生きて来たなって

そう思わずにいられません。





拍手コメント、クリック有難うございます。







にほんブログ村


お腹が空いて眠れない・・深夜のイチゴジャムたっぷりトースト

今日は、窓を開けていると寒い!と感じるくらい気温が下がりました。


連日の炎天下の間にポツンと訪れた涼しさ

これぞ外の作業するべし!


朝から、草むしりに出かけました。

午前中の2時間半ほどです。


気温の条件には恵まれましたが

後半は流石に疲れが出て

立ち上がるのに力が入りません。


ああ・・病気が邪魔してるなぁ・・・・・。

そう思った頃に、息子が手伝いにやってきました。

「ええ! 今頃来ても、もう終わりだよ~」

と言いましたが、来てくれたというだけで評価してあげるよ・・・

ありがとう・・。



そんな息子は今

塾の夏期講習の最中で連日お疲れ気味

夜の12時近くなって帰ってきます。


用意して置いた夜ごはんを独りで温めたりしている音が聞こえてきました。


12時を過ぎています。

私は眠れずにいました。



息子が焼き鮭を温めている匂いがしてきます。

お腹が空いたぁ~



既に日付が変わっています。

焼き鮭の匂いが・・・・・・。

私はキッチンへ降りていき

「お腹空いた~~!」と言いながら

4枚切りの食パンをトーストして

イチゴジャムをたっぷり塗り込んで

牛乳をコップになみなみと注いで

あんぐりあんぐり、一気にお腹に流し込みました。

息子は呆れ果てて私を見ていました。


再び歯磨きをして

布団に戻ってからは少し気持ちが落ち着いたのか

どうにか眠りに付くことが出来ました。


なんという、空腹の恐ろしさよ・・・・・・。







にほんブログ村
sidetitleプロフィールsidetitle

花みっ子

Author:花みっ子
62歳を目前にバセドウ病になりました。
時々噴火する独裁人間の夫と共に38年。夫の大病を機に経営していた会社を解散し、夫婦二人だけの自営業に転身しました。家のローンはあと3年。まだまだ働き続けなくては・・・。老後の明かりを求めて節約生活です。不仲な自営業夫婦の憂いある日々に、庭に咲く薔薇や草花に心の癒しを求め。家族の事、庭の事、日々の思いを綴っていきます。
時々覗いてみて頂けたら嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ライフ
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
節約
31位
アクセスランキングを見る>>
sidetitle還暦自営業夫婦、人生下りながらゴールは笑える日を目指していますsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle