FC2ブログ

気持ちの良い診察日

前回、ブログの継続で悩み始めた事を書きました。


訪ねて来て頂いて、

大切な時間をここで過ごして頂けるという事。

読んで頂けるという事。

有り難いの一語に尽きます。


拍手コメントで、お言葉を下さいました方に感謝しています。

クリックは励ましのお声と思っています。



スネ雄なる夫の事は

以後あまり触れることはないかもしれませんが

毎日、家庭の中にある地雷(夫の怒り)を踏まないように

恐る恐る暮らしている自分が

ここに生き続けていることに変わりはありません。



生活のお役立ち情報とか、

そう言った事も殆どないブログですが

小さな田舎で生きる噴火男と息子の三人暮らし

夫と息子の思いをも、くみ取ってあげられるよう

これからは、家族の要にならなくては・・・

そんな思いを書いていけたらと考えました。



更新が無くなったら

ついにあちらへ逝ったか・・・くらいにまで続けてみたいものです。



 🌼  🌼  🌼  🌼  🌼  🌼  🌼   🌼  🌼




61歳にしてバセドウ病を発症した私。


昨日は、診察日でした。


変わらず、血液検査からスタートします。

3本血液を採られて

検査結果が出るまで一時間近く待ちます。

本来長く感じる時間ですが

昨日は珍しく、診察予約の時間より早めに番号が表示されました。


中待合室へ入って長い廊下を奥まで進んで

椅子に腰かけてすぐに名前が呼ばれました。

診察室の中に入って先生の前に座るや否や

「早い時間から来て検査を受けて頂き、有難うございます。」

我が息子と変わらないような年齢の先生が

そういう言葉をかけて下さったのです。


医者から、そんな労いの言葉をかけて貰えるなんて

こんなこと今まであったかしら・・・?

それくらい、驚きました。

この人は優しい人なんだな・・って思いました。

患者に寄りそえるお医者さんに

きっとなって下さるだろう・・・。

診察予約の時間より10分ほど早く呼んでもらえたのは

そういう、(お待たせしました)という配慮の表れだったのかもしれません。

そのおかげで、昨日は気持ちの良い診察日となりました。

病気はまだまだ、長くかかりそうですが・・・・・。






🌼  🌼  🌼  🌼  🌼  🌼  🌼





お友達からご自分で焼いたシフォンケーキを送って頂きました。


シフォンケーキ頂きました

沢山送って下さいました。 ふわっふわで梱包を開けた途端に

目の前で見ていた夫がすっと手を伸ばして

みるみる間に袋を開けて食べ始め

「これは美味い!!」 と第一声が出ました。

夜遅く、学習塾の仕事から帰った息子におやつに出して置きました。


今朝になり、「あのケーキ凄い美味かった!」

って言いました。

「でしょう~~!?」と

まるで、自分が作ったみたいに自慢しました。


お世辞抜きで、本当に美味しいシフォンケーキでした。

小分けの袋まで入れて下さってたけれど

あんなに沢山なのに、明日には食べつくしそうな勢いです。


私も、ティータイムに頂きました。

ティータイム

シフォンケーキの乗った白いお皿も以前、送って頂いたお皿です。

ふわっふわ! 神業的美味しさです!


ブログに載せてもいい?と了解も頂かないうちに載せてしまいました。
(ごめんなさい 🙇)

こんな美味しいケーキが作れるなんて羨ましい!

私もなにか特技無かったっけかなぁ・・・・・・・・。

なんも無いなぁ・・・・・。

○○子さん、ありがとう! ほんとうに美味しかったです。






お越しくださいまして有難うございます。


にほんブログ村
スポンサーサイト

ブログの継続で迷う日々

私がブログを始めた動機は夫にありました。

2014年の春頃に始めたのです。

夫への不満とストレスがマックスに達していたのです。


これはもう、何かの形でうっぷんを晴らさないと自分の精神が持たなくなる・・・

そんな危機感もあったような・・。


でも、夫に限らず、自分以外の他人への不満とか悪口って

なかなか、あからさまには書けないものです。

どこかで、繕ってしまいます。

繕ってしまう理由は、たぶん相手の為にではなく

自分自身の保護かもしれません。

悪口や不満を表に出して表現しても、なんとなくスッキリしないものが残るのは

そういうことだと思うんです。

口喧嘩などでも、

言ってしまった後に嫌な思いが残るのと同じです。


だから

ブログに思いっきり夫への不満を書こう!

と、思ったのに、

結局、究極のところまでは書けなかったりしました。

実際、毎日が最悪という訳ではなく

夫の機嫌がたまたま悪い時に、私が何か意義を唱えて

それが発火点になったりするので

だいたい、普段顔色を見ながら話してさえいたら、回避できた時もあったように思います。

でも、相手の顔色を窺い続ける生活も疲れます。

その部分に私のストレスがマックスを迎えたのでした。

      *
      *
      *


2014年から、4年を過ぎようとしています。

夫婦共に60歳の境界線を越えました。

気がつけば

モラハラ噴火男は幾つかの病気を繰り返しながら

もう、火種にくべる薪もなくなったのか

今は残り火のようになろうとしています。


それでも

たまに、顔を真っ赤にして手を振り上げんばかりになる時もありますが

どうにか、自分で怒りの矛を収めている節も見受けられます。

いわれなく怒られそうになると

こちらは、やっぱり気分はよくありませんが

何日も続かなくなった点は評価に値します。


完全シニア化していく夫への不満

もう書かなくてもいいのでは・・・・

そう、考え始めたら、ブログも目的を果たしたような気になります。

       *
       *
       *

一年以上も、もう更新がなくなってしまった方のブログがあって

凄く気がかりで、思い出すと訪ねてみるのですが

やっぱり、更新はされていなくて

この方は今どうしていらっしゃるんだろう・・・・

そう思う方がいらっしゃいます。



なんだか、その方に無意識に支えられていたような気もします。



ブログを書き続け、運営し続けることの意義は

みなさん、お1人お1人

そういう点に意義があるのかもしれません。




私も、今分岐点にいて、四方八方考えあぐねいています。

迷いながら生きるのが人間だとも思うから

思い迷う行為を

生きるエネルギーの補給口と考えたらいいのかもしれませんね。





秋が段々深まりゆく

10月もあと4日で終わりです。

節約生活

お財布の中身もなんとか切り抜けていけそう・・・かな。





風邪ひかれませんよう、皆さまご自愛下さ~い!

ご訪問ありがとうございました。




にほんブログ村


にほんブログ村

かぼちゃと紳士

先日、かかりつけのクリニックに行って

毎月頂く薬の処方を受けて来たのですが


診察が終わって、調剤薬局へ行った時の事

処方箋とお薬手帳を受付に出して

なんの気なしに一番奥側のソファに腰かけました。


左側には自由に頂ける珈琲が置いてあって

それから前方の床に、段ボール箱が2つ置いてありました。

一つには、ビニール袋に入ったじゃがいもが何袋か

一つには、4分の1にカットされたカボチャ。

カボチャの入った段ボール箱には、「雪化粧」と品種名も書かれていました。

じゃがいもはメークイーンです。



「雪化粧」と書いてあるカボチャは、4分の1でもかなり大きかったです。

値段はジャガイモもカボチャも100円です。

どちらも、その辺のスーパーで買うよりずっと大きくて安いです。


カボチャの「雪化粧」は皮が白くて、包丁でカットする時は固くて苦労しますが

ほくほくして、とっても美味しい。

私の好きな種類のカボチャです。

それに、「雪化粧」は冬期間も長く保存が効くんですよねぇ。


箱の中には2個だけ残っていました。



お薬を頂いたら、帰りに買って帰ろうかな・・・・

そう密かに思っていたところ

私の目の前にすっと現れた人あり

70歳くらいかと思しき品のいい男性でした。

迷う隙もなく

その人は、そこに用意してあったポリ袋に

雪化粧を2つひょい、ひょい。と袋に入れ

ささっと、私の隣に座りました。


私は 「カボチャ、お安いですよねぇ・・お買い得でしたね。」 と話しかけました。

雪化粧を2つ、袋に下げながら薬の順番を待つその男性は

にっこりと、微笑んで答えを返してきました。



雪化粧を買いそびれた私と

神業みたいに、ささっと雪化粧を2つともゲットしたにこやかな男性。


買いそびれたことは私らしいし

臆することなく、安くていい物を躊躇なく買えた男性は

なんだか、生き方までスマートな感じがして


私はあっさり、気持ちよく負けを認めたような気分になったのでした。





にほんブログ村

思わず笑ってしまった。

夫は、仕事が無いとパチンコへ出かけて行きます。

昔は、スーパーだなんて、絶対に行ったことの無かった人です。


しかし

パチンコに行くようになってからは

帰りに必ずといって、パチンコ屋さんの隣にあるスーパーに寄ってきます。


昨日は、食パンを買い忘れたので

夫に食パンを買ってきて欲しいとメールしました。

食パン、買ってきてくれました。


パンを見て思わず笑いました。

食パン

? なにこれ?食パン?

うさぎパン

「うさぎ食パン」 と書いてあります。
     ↓

翌朝の朝食

トーストは 夫が買ってきた うさぎパン

トースト ウサギパン


それにしても、我が家には贅沢なパンでした。

税込み365円! 私が買いに行ったら、6枚切り100円くらいのものです。


でも、思わず笑えたので


たまにはいいか・・・・。( ;∀;)





にほんブログ村

今月残り8日を暮らすには・・・

来年、消費税が引き上げられる話しから

カード払いに2パーセントのポイント還元するような案が出たりしていました。

どうやら、その案は準備期間が足りないとか

その他の理由もありで決定には遠いのかな・・・


かく言う私。

楽天カードを所有しているのですが

来月支払予定額がメールで通知されてきました。

7万いくらです。

な、な、7万!?

と一瞬、かたまりかけましたが、身に覚えがあります。

今更、明細を確認するまでもなく

そうだった・・・ライブに行ったのだったわ・・・。

新幹線代、チケット代、ホテル代・・・

へそくりを出動させたにしても、支払いはカード払いにしましたから。

その方がポイントが稼げるわけで・・。


へそくりを使い果たしたので

今月はとんでもない節約生活をしています。

残り8日。

今日はいつもの薬をもらいにクリニックへ行き

診察代が1545円。

薬代は、いつもの薬にプラス偏頭痛薬の処方もしていただいたので

金額が少し上がり、2000いくらでした。

合わせて3500円とちょっとです。

スーパーで買い物をして3000円ちょっと。

これくらいの事でも、1万円のお札から残りが僅かになります。

1万円のお札の儚さよ・・・消えるのはあっという間  ( ;∀;)

欲しい物は2、3あるのですが、今月は徹底して我慢することにします。

食料品だけの出費に備えます。


(と言いながら、来週また病院です。予定支払額は4500円くらいかな・・)



楽天カードのポイントがほんの少し溜まっていたので

柿の大好きな孫に柿を送ることにしました。

訳あり商品なので安く買えます。(娘一家なので訳ありでも許してくれます)

その代金は殆どポイントで賄う事ができました。


冒頭の消費税の話ですが

私の場合は、カード支払いが結構多くなってきています。

2パーセントで消費税の還元がされたとしたなら・・どうだろう・・

でもやっぱり、現金文化で育ってきた世代ですから

カード払いで物を買い

「今月のお引き落とし予定額は○○万円です!」とか言われたら

使ったくせに、ええ~!?って、愕然とする瞬間が恐ろしいです。


やっぱり、基本的にはちまちま、がま口を開いてしぶしぶお金を払い

ちまちま暮らしている方がなんとなく貯める達成感は味わえそうな気がします。

私的には、そういう文化の方がなんとなく色んな味わいがあって楽しい気がするのですが・・。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼

話題は、昨日書いた腰痛の話なんですが

腰痛は相変わらず続いています。

今日はそれにプラスして、股関節が痛みだしました。

腕の付け根とか、関節が鈍く痛みを放っています。



今日の診察の時

血圧を測定し、先生が「はい、大丈夫ですね。体調はどうですか?」

と聞かれて

私は何故かしら、先ほどのような関節痛とかの話はできませんでした。

ここは内科だし・・という思いと

残りの半分は自分でも説明しきれない気持ちがありました。

なんでもかんでも訴えてもどうにもならないことなんだ・・

そういう思いがしたわけなんです。




こうして、今日の半分が費やされていこうとしています。

残り8日間、時間が過ぎれば過ぎるほどプレッシャーから解放されて行く気分。(笑)





にほんブログ村

体調不良に秋日和はいい薬です。

今日は気持ちのいい秋日和でした。



体調が悪い日が続いたりすると

何よりの薬になるのは晴天の気持ちよさです。



今朝

目覚まし時計変わりのラジオから天気予報が流れてきて

今日は、ほぼ全国的に晴れるとのこと

まだ布団の中で聞きながら気分良くなりました。



最近、腰痛が酷くて

寝ていても寝返りに苦労します。

食事も椅子に腰かけて姿勢を保つのが大変。

靴下を履くのも大変


一日中、「痛たた・・・」

「いたたた・・・」 を何度口に出すことか・・・。

原因は全く思い当りませんが

バセドウ病という病気とお友達になってしまってからは

なんでもかんでも、お友達のせいにしたくなります。

実際、お友達のせいかもしれないですしねぇ・・・。

同病の方のブログなど拝読していても、関節が痛いとか・・

そういう方もいらっしゃるみたいだし・・。



現在メルカゾールは一日置きに一個だけとなりました。

一日に4個とか6個とかまで飲まなければならない方もいらっしゃるようで

それに比べたら、私はずいぶん軽い方だと思います。

メルカゾールと言う薬、

かなり強い作用があるようで、一個の違いでも体に差が大く出ると思います。



私の場合

60過ぎてからの発症であることが関係あるのかないのか分かりませんが

薬の服用後、ほぼ3ヵ月弱で

数値は落ち着き始めています。 (いまのところはですが)



しかし

メルカゾールは一日置きに飲む事になったのですが

その飲み方になってから2週間弱が経ちます。

二週間前に診察して頂いてから、体調に気になる変化が出始めています。

最近、日中も、夕方になると特に

眠くてたまらない・・というように瞼が重くなって

意識も朦朧とした感じになります。

それなもので、

出来るだけ何か作業をして、眠くだるい感じを意識しないで済むようにしています。

それでも

早い夕食を食べて、台所の片づけを済ませた後は

目を開けているのが辛い感じになってきて

見たいテレビ番組も、もう録画しておいて後でいいや・・・

みたいになってしまいます。

とにかく、もう布団に入って休みたい・・みたいに体が休眠を求めてくる感じです。



このような体調の変化はは単に季節の変わり目?とかだけではないような

たぶんだけれど

私の今の状態に対して、薬の作用が影響しているのかも・・・

手足の関節にも違和感があります。

全体的に関節にこわばり感が多少あります。

寒くなって来たのに、お風呂も浴槽に5分以上浸かっていると

夜中も心臓がばくばくしていて逆に眠れなくなるので

お風呂はカラスの行水よりも短く抑えなければなりません。


腰痛はそれとは無関係だと思いますが

それじゃなくても、こんなに気温が急降下で

あの暑い夏の後始末が追い付かないほどに

部屋の中も、秋仕様を飛び越えて冬仕様に切り替えです。


季節の急な変化、人間の体には意外と大きなストレスです。






皆様も体調管理、季節に追い付いていらっしゃいますか?




本日も、ご訪問有難うございました。




にほんブログ村

おかげで余暇が増えました。

かれこれ、息子が会社を辞めてから5ヶ月近くになろうとしています。

今は、失業保険の受給待ち状態です。(自己都合の退社なので)


まるで、そういうタイミングを待っていたかのように

私が病気になったので

今まで私の分担だった作業を息子が手伝ってくれています。

勿論、私も働きはしていますが

体調が芳しくない時には、力になってもらっています。


それでも、息子に賃金は支払っていません。

家賃支払い無し、飯付き、風呂付き、洗濯メイド付き・・・・・・

これで、賃金欲しいとは、さすがに息子も要求はしてきません。

毎日、学習塾の講師の仕事に行っているので

自分の車のローンを支払って、灯のような僅かな残金が自分のお小遣いになっています。


生活能力のない息子でなんとも情けない事ですが

こうなったのも、私たち親にも相当な責任があります


息子が勤めに出た頃合いで、

夫が癌になり、7回、8回と手術を繰り返した時。

数年後、その夫が今度は脳梗塞で入院した時。

その都度その都度

自営業の為に、息子を振り回してしまいました。

息子は、勤めた会社に腰を据えることもできないまま

中途半端な立場にばかり立たされてきたことになります。



そして今回

息子は初めて自分の意志で会社を辞めたわけで

そういう訳で

私たち親は、息子の意志を尊重してやるべきだと反対はしませんでした。


今後どうなって行くのかは神のみぞ知る。ですが

なんにしても

私は肩の荷を少なくとも三分の一は降ろせた気がします。

親子なので

自分の背の荷物が軽くなったからと言って

息子に背負わせた荷物を、憂えない訳は決してありませんが


今は勝手な話、自分だけは楽になった気がします。

じっくりと、病気と向き合えるような気もします。


おかげで、余暇も少し増えたので・・・

だから

普段怠けてばかりの家事も、もう少しだけ丁寧にやらなくてはね・・・。


少しの間、息子と遊び暮らそうかな・・・・・

あれだけ、夫の為に振り回されたんだから

未だに、

いくら言っても懲りることなく、タバコは吸うわ、甘いものも半端なく買ってきては食べています。

中性脂肪、コレステロール、血糖値・・・いったいなんのこっちゃ!!?_

そう言わんばかりの好き勝手放題です。



今少しの間

働くのは、夫スネ雄殿に頑張ってもらおうか・・・(笑)

生活は絞ればいいことだもんね。

来年、消費税が上がったなら、ますます絞るしかないんだから・・・

今から予行練習するかな・・・・。(笑)





ご訪問ありがとうございました。




にほんブログ村


体調の乱高下と食欲の秋

前回、病気が治ったみたいな感じがするなんて

調子のいい事、書いたんですが

昨日は、そんなお調子者の自分に罰があたったみたいに

少し歩いてきただけで、相当疲れてしまいました。

心臓もどっくんどっくん。

疲れ方が半端なくて、横になって休んでいなければ立ち上がれないほどに

疲れて、真昼間から眠てしまいました。


バセドウ病になってから

薬の量の加減に影響されているのか

ちょうど一週間前の診察の時に、肝機能障害の懸念もあって

メルカゾール一個を一日置きにしましょう。

と、いう事になりました。

私の体調としては、もう薬も飲まなくても大丈夫なんじゃないかしら・・・

と思うくらい快適になっていたくらいなので

一日置きでも、もっと減らしたいくらいに思っていたんです。

ところが、そんなに簡単にはいかないものなんですねぇ・・・。


病気を侮っていた私です。

もう前のように、ウォーキングも出来るつもりで

しゃかしゃか出かけたりしていましたが

昨日は、帰り道がきつくなって

発症当初のような感覚が体に戻ってきてしまいました。

肝臓への負担を考慮して、薬をどんどん減らした影響かしら・・


ん~~~、手強いものです。

病気にはなるもんじゃない・・・そりゃそうだ・・・。誰だってそうよね。


と、このように昨夜は体もだるく

3日くらい不眠不休で仕事してました。

っていう感じなくらい疲れを感じてしまい

夜は、夕食の片づけを終えてからテレビを見る事も無く

雪崩込むように布団に入り、

不眠症すら、入り込む猶予を与えないほど・・・死んだように眠りました。

(結果、眠れて良かったです。^^)



病気と連動しているのか

はたまた単に食欲の秋を迎えているせいなのか

夏場にはガックリ下がっていた食欲がその分上乗せして戻ってきました。

先週、「今の状態で食べていたら太りますよ」というお医者さんの言葉が

頭の中で回転し続けています。


食べても食べても太らない。という状態だったのが

今は代謝を抑える薬を飲んでいるんですから当然のことです。



薬が減った→治ってきた→太りだす。

薬が減った→病気の兆候が復活しだしている気がする。

この二つは矛盾しているんだけど

何故か私の体の中では連動しているんですよねぇ・・・・・

不可思議ですわ~~。うむうむ






にほんブログ村

今更だけど、人生には起伏があるよね

東北北部の我が地方

夏の日除けを外そうか迷う暇もなく

急激に涼しくなりました。



夜には、タオルケット一枚だったつい少し前から

本格的な冬用の掛け布団をかけるようになりました。


この寒さが私の病気の症状を軽くさせているかのように

暑さが一気に遠のいたと同時に、体はずいぶん調子よくなりました。


先日、お医者さんにも言いました。

「私、もう病気が治った気がします。」と。

実際、体重も元に戻ろうとしています。

食べ物も美味しくなって、つい食べ過ぎてしまうし

ウォーキングにも行けるようになってきたし・・・・・。



今年は、本当に体調の起伏が激しい年になりました。

よくよく考えると

ネガティブ思考な私にしては不思議なくらいお気楽に

この現状を歩んでいる気がします。



私は人付き合いが少ない人なのですが

少ない中での人達に支えられていることも強く感じます。



妙な話をしますが

数年前

親友を3年の間に、2人も亡くしました。

告別式に参列した日の事を思い出します。

会葬者の方がとても沢山いらして、

私の知らない人達も沢山来られていました。

生前の彼女達らしさが感じられました。

私は、親しかった人の中の1人に過ぎないけれど

そういう、心の広い親友に支えられてこその自分だった・・・

と、思い知らされる日でもありました。



私は、あとどれほどの人生を生きるのかは想像もつきませんが

ひっそりと、家族数人に見守られたひっそりとした家族葬が目に浮かびます。




先週は、仕事のイベント事があり

夫の知人を含め、数人の方の手を借りて無事に終了することが出来ました。



その数日後

久しぶりに叔母を訪ねて行き

70歳を過ぎてから白血病の病にかかり、それを克服した叔母は既に83歳にもなろうかと・・・

それが、今は元気に広い畑で野菜作りをしています。

叔母が畑で作った、小豆を虫食いとゴミから選別作業

日向ぼっこしながら

叔母と2人で、腰をかがめて小豆拾いしました。

まるで、母と一緒にいるような、暖かい気持ちの時間でした。




昨日の朝、洗濯を干し終わって

ウォーキングに出ようかな・・・と思っていた時

友人から電話がかかってきました。

近くで野菜の直売があるそうだから、行ってみない?

というので、二つ返事で出かけました。

その道の途中にある高校で、バザーをやっている様子に出くわし

昔、この高校のバザーでサツマイモが沢山売っていたよ。

と友人が言い。

急きょ、そこへ立ち寄ることにしました。

サツマイモは大きすぎて買わなかったけれど

野菜を買ったり、

美味しいパンを一つ買って、半分づつ食べたり


その他、孫の為の絵本を一冊2百円で買いました。


最後は道の途中のドライブインみたいなレストランでステーキランチを頂きました。

久しぶりに気候も良く

平和な気分とはこんな感じだよね・・・って思いました。




そして今日

息子の彼女さんと二人でフリマに参加しました。

売り上げは5800円くらいと、いまいちでしたが

終わってから、

息子と彼女さんと三人でファミレスでご飯を食べました。

(フリマの売り上げが一気に食事代に消えました (笑) )



それでも、気兼ねも無く、緊張することもなく


そういう雰囲気に浸れるのは

やはり、自分以外の回りの人が醸し出す力なんだろうと思います。



病気になって、へこみそうな気分の夜もあるけれど

今、私が迎えている人生の起伏は

そんな数少ない人達のおかげで

風船みたいに軽い気持ちに満たされているのだと思います。



今後、多少谷底がやってこようとも

心の準備はできそうな気が、なんとなくしてきました。





最後まで読んでいただいてありがとうございました。

このブログも読んで下さる方に支えられています。

有難うございます。






にほんブログ村

寝不足の今日は診察日

二夜連続の不眠状態でした。

だいたい、私は優柔不断なのが最大欠点なのです。


昨夜は眠れなかった・・・明日は朝早い時間から病院だし・・

今夜は少し眠りたいから導眠剤、

飲んでおこうかな・・・・。

そう思うなら、寝る前にさっさと飲めばいいものを

もしかしたら、今夜は薬の力を借りずとも眠れるかもしれない・・・

できるなら、飲みたくない・・・。

そんな決断力の乏しさから、薬を飲まずに就寝モードに入りました。


10時過ぎだったかに、娘からラインの音が鳴り

なになに?・・・



娘には、明日は病院行くよ、朝早くからだよって言ってあったよね・・・。

そう思いながら、何か困り事でも起きていやしないかと

タブレットを開いてみる。



YouTubeの中から、笑えるのを見つけたらしい

ラルクのHydeが、とある番組に出ていた時の様子でした。

実際、私もちょっと噴出しました。面白かった・・・・


けど、眠気がすっ飛んで行きました。

娘に返信しました。

「見たんだけど、可笑しかったんだけどさ、お母さん明日病院だから5時半に起きるって言ったよね・・」

「あ、そうだったごめんごめん。」と娘。

それから、子供(孫)達の事をいくつか会話して

おやすみ。と締めくくりました。



その後は、いよいよ本格的に覚醒してきました。

眠れ眠れと脳にまじないをかけても、脳はもう騙されません。


そうこうしているうちに0時を越えました。

そこから

おもむろに、導眠剤を飲む事にしました。

こんなことなら、最初から飲んでおけばよかった・・・・・。

今から飲んだって、もういつ効いてくるのか、効かなかったのか



頭はぼんやりしたまま、朝を迎えました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼


そんなこんなでスタートした今日でた。

洗濯機を回しながらの朝食です。


七時半過ぎに家を出ました。

診察の前に血液検査で、診察の予約時間はそれからさらに一時間半後でした。

ただひたすら、診察番号が表示されるのを待ちます。

番号が表示されてから中待合室に入ってからは

それからはもう早いです。10分と待つことなく名前が呼ばれて

診察室へ

何度かブログに書いて来ましたが

私は主治医の先生が決まっていません。

大学病院の先生が入れ替わりで診察されるので、毎回先生のお顔が違うのです。

今回で6人目。

前回は薬の量を3個から、2個に減らした段階で肝機能障害がみられ

それでは

2個から1個に減らしましょう。と肝臓への負担を考慮した結果の薬の減量でした。

(甲状腺機能亢進症の症状もかなり改善してきていたこともありましたので・・)

毎回同じことを書いていますが


この病気は、診察の回を増せば増すほどに

薬の調整が難しい病気なんだと実感させられます。

実際メルカゾールが3個の時は、副作用も顕著でした。

体中の筋肉がこわばる感じが強くて、いつ足や、脚や、手が吊るか恐怖でした。

睡眠障害も甚だしかったです。

それが、2個に減った段階で、手足が吊る頻度が少し減りました。

しかしながら、少し強めの睡眠剤が無いと眠れませんでした。

亢進症の症状の為に、体全体がお休みモードに入ってくれようとしないのです。


そして、前回メルカゾールを一日一個だけということになり

減薬という言葉は、心を軽くしてくれました。  少しは精神的に楽になった分

ほんの少しだけ、眠れるような気はしました。

このころから少しウォーキングを再開してみようかな・・・という気持ちが起き始めました。


実際には、まだそこまでは行きませんでしたが・・・

数日前にほんの短い距離をちょっとだけ歩いてみることが出来ました。

心拍数は70を超えたくらいなので、普通程度かな・・・・



そして、今日の日

前回、肝機能障害が見られることを告げられていたので

血液検査の結果が凄く気になり、緊張しました。


実際、診察室に入ると、

薬の量を減らしたことが肝機能障害の僅かな改善につながったことを知りました。

あんな小さな薬一錠を減らしただけで・・・

いえいえ、そのたった一錠の薬がこんなに肝臓という臓器に影響するものなのか・・・

そういう認識が無かった私には、日常から簡単に口に入れている市販薬やサプリメントなど

それから、パクパク頬張る間食に至るまで

自分の内臓に負荷をかけていることを重く受け止めたのでありました。


そう言いながら、

昨日、冷蔵庫にあった生のプルーン

あまりに美味しくて、10個を全部1人で食べてしまいました。



数年前、テレビで見たのですが

何処だったかのお偉い学者さん?お医者様?がテレビで話されてたのを思い出しました。

たしか、肝臓への負担のお話しだったと思います。

中性脂肪や、コレステロール値云々もそうだけれど

食べる量が多すぎる事、それ事態良くないというような事。おっしゃられていたように思います。

私はつい、脂っこくさえなければ良いのでは?

野菜ふんだんで、お魚等、動物性脂肪を含みさえしなければ多少の食べ過ぎくらいは大丈夫?

等と考えていました。

でも、例え野菜や果物でも、食べ過ぎはやはり負担をかけるのです。

そのように、お話しされていたのを聞いたように記憶しています。

(間違っていたらごめんさんさい。) 


へぇ、ほんとにそうなの・・・くらいに訊いておいて下さい。

気になる方はお調べ頂けたら幸いです。


そういったような、経緯で

食べ物の質と量は自分の皮膚に覆われた体内にある臓器達に

いろんな影響を与えているのだ・・という事を


今更ながらに考えさせられた。

という、今日の結論です。

60過ぎて、病気になって、ようやくそのような事を気づき出したっていう感じです。




最後までお読み頂いてありがとうございました。


クリック押して頂き感謝です。






にほんブログ村




楽しかった事もちょっとだけ切なくなる時

ライブに行くことができて

あれから既に一週間が過ぎました。



ブログは、5日間の空白が続いてしまいましたが

忙しい仕事が、あれこれと待っていて

それらを消化するのに翻弄した日々となりました。





台風が立て続けに発生して、心落ち着くことのない秋ですね。

人々の口から「秋の行楽シーズン」という言葉が忘れられてしまったかのようです。




あの日の、

私の日常に、決して訪れようもなかったライブを待つ長い時間が

過ぎてみればあっという間の出来事で

今までの人生に、たった一つあなたに幸せをあげましよう・・

そう言われて、それならこのライブを下さい。

と、

そうやって胸の中にダイヤのように、キラキラする思いを頂きました。

それが、あの一週間前の

ライブにまつわる数時間でした。

そして、あの日はもう遠のいて行ったのです。


これ以上の幸せを望んではいけないような気さえしています。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼


台風続きの、しかも手入れもされない庭に秋がやって来ました。

平成30年10月庭
ラベンダーの薄紫や、葉ケイトウの濃い紫の主張

風に倒され、ようやく留まった姿で、また来る台風に緊張しているかにも見えます。


手入れ、全くしてあげなかったね・・・・ゴメン。と胸の中で言いました。




台風は東北北部のこの地にはこれからみたいです。

朝から、薄雲に覆われた空から、時折ポツリと

まるで、出番を間違えたかのように雨が落ちてみたり・・・


やがて、風台風の本番がくるのかしら・・・・・。

明日は大事な仕事が待ち構えているというのに・・・

お手柔らかにお願いしますね・・・。誰にという事も無く

神頼みの思いです。



今日も、午前中まで仕事に集中し

今年はプー太郎さんになった息子に、かなり力を貸して貰って

バセドウ病で一番体がきつかった時期には

本当に助けられました。

悪かった事も、良い事に変換されたと考えても良いのかな・・・。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼


夏の時期は病気の症状が顕著だったために

二年程前からちょこちょこ楽しみにしていたウォーキングができなくなっていました。

歩こうにも、家事すら何度も休みながらしかできなかったくらいでしたから

それが、薬の治療が始まってほぼ2ヵ月が経ち

あの辛かった状態がまるで嘘だったかのように

体が動けるようになったわけで

ふと忘れかけていたウォーキングを始めてみようか・・・と思い

今週に入ってから

2度ほど試しに歩いてみたりしています。

往復40分くらいで、帰り道が少し足が吊りそうな筋肉のこわばりを感じ

スピードをかなり落として歩きました。

あの人、ずいぶんゆっくりな歩き方ね・・と見えそうなくらいゆっくりです。

でも、スローで、時間さえ短ければウォーキングも復活できそうな気がしてきました。


ただし、肝機能障害が出てきていることは重要です。

肝臓は沈黙の臓器。状態が悪くなっていたとしても自覚症状がない。

と言うのですから、

私は何に気をつけ、何を安心して復活を試みようか・・・・


只今、そんな感じで行きつ戻りつの道の途中です。






ご訪問有難うございます。

拍手クリック押して下さって、有難うございます。






にほんブログ村








一生忘れられないライブ参戦記

立て続けにやって来る台風の影響、皆様の所は大丈夫でしょうか・・


昨夜は、激しく打ち付ける雨の音でしたが

疲れが出たのか

まるで命が遠ざかるが如くに眠りました。

それもそのはず

兼ねてより、最大級の楽しみだったライブから帰って来た夜でした。

それは、XJAPANのライブでした。

こんなに世界的になったバンドのライブが一か月ちょいくらい前に発表されて

チケットの予約もバタバタ・・・

私はファンクラブに入っている訳でもないけれど

とにかく大好きなバンドです。

年齢的に、オールスタンデングは厳しいのですが・・行きたい・・・。


VIP会員やプレミアム会員ではないと、スタンド席は抽選のチャンスがありません。



以前サラ・ブライトマンのコンサートの時に入会した音楽事務所に再度入会をし

(一旦退会しましたが)

再びプレミアム会員となり、先行抽選のチャンスを得ました。

メールで、通知が来て、XJAPAN 「紅に染まった夜」幕張メッセ3daysライブ

初日のチケットに当選しました。

この時の嬉しさは表現のしようがありませんでした。


資金源は、コツコツと貯めたへそくり様・・・

私にとっては最も、有効な活用です。

これ以上の使い道は思い浮かびません。


27日に娘宅へ・・(この間関東から帰ってきたばかりの、超贅沢・・・)

一月の間に2回新幹線に乗る事になりました。

翌日28日、ライブ当日です。


幼い孫2人は娘の旦那さんが見てくれる事になっていました。

しかし、ライブ会場までは遙か遠い・・・・

ライブ終了後は都内までは戻れたとしても

その先終電に間に合うかどうかが心配です。

間に合わなかったら、子供達が心配なので

私は、急きょ会場すぐそばにホテルを予約しました。

一室だけ、家族5人で宿泊できるお部屋が残っていました。


幕張までは車で向かい、ホテルの駐車場へ

幼稚園を半日で連れてきたので、

既に10時半から始まっている物販にはとっくに遅れています。

3時チェックインと同時にホテルに入り、荷物を置いて

子供たちに「ママとばっぱはこれから音楽を聞きに行くけど、夜には必ずここに戻って来るからね」

と、丁寧に説明をして、婿さんにお願いし、急いで会場入りしました。


入り口の奥には、

メンバーの並んで立つ巨大パネルが華やかに待ち受けてくれるようでした。

娘と私は、その前で写真を撮り

急いで、欲しいと狙いをつけていた物販のコーナーを探しました。

なにしろ、広いのでどこがどこだか

お上りさん且つ、ライブ不慣れな年寄りの私には何がどこだか

あたふた焦るばかり・・・手に入れたチケットはAで始まる早い番号です。

急ぎたい!


しかし、物販にも物凄い行列でした。

でも、並ぶしかないよね・・当たり前のこと・・


そう、話しながら長い長い列を進みながら20分程もしたころ

ふと、「楽天会員様」と書いた案内板を目にしました。

気になって、遠くにいる係りのお兄さんに、

「すみませ~ん。」と声掛けすると

向こうから、近づいてきて下さいました。

「あの、楽天会員って、楽天カードを持っている人って事ですか?」

とお訪ねしたら、「はいそうです。」と答えが返ってきたので

私はカード持ってきたよ! と娘に言って

その長い列から離れて、「楽天会員様」の入り口へすっ飛びました。



そうして、

先ほどまで長々と並んでいた列をスルー出来て物販へ直行しました。

娘はスギゾーのマフラータオルを買い

私はメンバーのスポーツタオル、スマホリング等を買いました。

決済は勿論、楽天カード払いです。


それから、トイレ

物販で欲しい物を買った後、会場に入れるまではかなり時間がかかるので

まずトイレを済ませないと・・・

トイレも長蛇の列です。

物販で買った、XJAPANのTシャツに着替えたりする人達も多いので

トイレが一人当たり時間が長いのです。


何とかトイレを済ませました。

お恥ずかしながら、5時間はトイレに行けないだろうと予測したので

介護用のオムツシート160cc用を用意し

それを下着に準備しましたww  

なんたって、三日間で10万人ライブ、一日で3万人越えのキャパです。

スタンデング熱狂の中、かきわけてトイレに行ける自信は無かったし、

娘とはぐれる心配もあったりで・・・。

しかも、スタンデングライブは私にとっては初体験です。

開場は4時半からで、開演は二時間後の6時半からでした。



入場待ちは建物の外です。

待っている間に、中のサウンドチェック、つまりリハーサルの音が激しく聞こえてきて

それだけで、ライブの始まりをワクワクさせました。



建物の外に長い長い列が伸び、幕張の空にそびえ立つビルが暗闇に消えようとする頃

ようやく入場の開始です。

持ち物チェックがありました。

入場口からは人の駆け足に押されそうになりました。


私たちは比較的早い番号なので、一応場所は選ぶことができましたが

その前にVIPの人達が既にサウンドチェックパーティーにも参加できていたので

スタンでイングと言えどもその方々の後ろになります。

ここから、メンバーは見えるのかしら? くらいに遠い・・・。

会場に着いてから既に4時間が経過していました。

既に疲れを感じ始めています。(なんせ、バセドウ病の身、こんな所にいていいの?)

開演を待つ時間も長い・・・・。



最後のお客様が入場し終えてから

いよいよ、始まる予感が高まってきました。

会場内から、「エックス!!」と掛け声が上がると

あちらこちらでペンライトがXと赤く掲げられ期待感も高まりました。


それから、いよいよライブが始まったのが

予定より一時間を過ぎです。

(ライブ参戦に熟知した方々は、XJAPANのライブは遅れるのは折りこみ済みのようです)

会場内に青い閃光が駆け巡り

そのライブはいよいよ始まりました。

興奮と、感動と、夢が叶った信じられない気分とが、ないまぜになりながら

61歳のおばさんは、ただただ、この幸せを胸に一つ残らず取り込みました。


終盤、スクリーンにYOSIKIが階段を降りてくるのが見えました。

もしかして、もしかして・・・・

そう思って、何処?どこ?と身を乗り出していると

スタンデングとスタンデングの通路の向こうから

YOSIKIがSPにガードされながら走り抜ける姿がやって来ました。

ほんの一瞬でしたが、

ほぼ1メートルの近距離から生で姿を見る事ができました。

激しい高速ドラムプレイの後の体は

汗がキラキラして見えました。



今回のライブのセットリストは、X時代の曲が多めだったのかな・・・

私は割と、にわかファンなので、XJAPANとしての活動後の曲が凄く好きです。

今は亡きヒデの歌も、スクリーンから流れましたが、その歌は知っていましたし、

好きな歌でした。


どの曲も全てが素晴らしかったです。

YOSIKIさんのお体が心配な年寄りの一ファンですが

最近はバラエティでもご活躍のトシさん、

いつまでも、メンバーが続いて行きますように

ご活躍を祈るばかりです。

スギゾーさんのバイオリンは、会場も息を飲むかの如く聞きほれていました。




最後に、こんなおばさんなファンファンの1人として

あのライブの感動にお礼の気持ちを残しておきたいと思いました。


また、最終日は台風の為に中止にせざるを得なかったこと、非常に残念だったでしょう・・。

遠方から、この日の為に来られた方も沢山いたのに、

私は初日に参加できたこと。申し訳なく思います。


しかしながら、YOSIKIさんの粋な計らいには頭が下がります。

見れなかった多くの観客の為に、まさにその日

無観客ライブを行ったのですね。さも、そこに3万3千人の観客が居るかの如く

一日目、二日目となんら変わらない様子でライブを行ったとのこと。

その様子は、ニコ生と、WOWOWオンデマンドで中継されたそうです。


残念な思いは拭い去れないでしょうけれど、

なんて、粋な計らいだった事でしょう・・・・・。

XJAPANのメンバーの皆さん本当に有難うございました。

一生の思い出になりました。





最後まで長々読んで下さって、本当に有難うございました。






にほんブログ村



sidetitleプロフィールsidetitle

花みっ子

Author:花みっ子
62歳を目前にバセドウ病になりました。
時々噴火する独裁人間の夫と共に38年。夫の大病を機に経営していた会社を解散し、夫婦二人だけの自営業に転身しました。家のローンはあと3年。まだまだ働き続けなくては・・・。老後の明かりを求めて節約生活です。不仲な自営業夫婦の憂いある日々に、庭に咲く薔薇や草花に心の癒しを求め。家族の事、庭の事、日々の思いを綴っていきます。
時々覗いてみて頂けたら嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ライフ
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
節約
31位
アクセスランキングを見る>>
sidetitle還暦自営業夫婦、人生下りながらゴールは笑える日を目指していますsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle