FC2ブログ

最近ちょっと深刻な困り事

老化だよね~。

と一言で終わってしまいそうな話しなんですが

今年に入ったあたりから左の膝痛がひどくなってきました。

左膝はもう何年も前から痛みはあったのですが

少しづつかばいながら、なんとか生活に支障が出ないでやれていました。



でも

最近は歩く事にも支障が出始めて

ましてや、私の仕事は事業所での草取りや掃除が主なので

ゴミを拾う時に膝を折ったりしなければならない訳で

草取りもその通りです。

昨日、庭のゴミを片付けながら草を引き抜いたりしたのですが

左膝が痛んで

ああ・・・これはちょっとまずいなぁ・・と顔が曇る気分でした。




私の唯一の気分転換を兼ねた楽しみは

ウォーキングです。

周りに特別楽しめるような商業施設とかも無い田舎だし

世の中の人達が色んな行楽を楽しまれる季節など

外を見ながら歩き、歩きながら嫌な事を忘れたり

とても重要なカリキュラム?でもあるのです。



家の者に話したら「病院に行ってよ」と言うだけでしょ

「病院に行って」の言葉の前に

膝が痛くて歩くのが苦痛になる状態がどういう感じなのかとか

一秒でいいから、想像してみてくれてからその言葉が欲しいよね・・・・。


いやでもでも、そんな事を他人に要求したってなんの解決にもならない訳で

こればっかりは、自らの老化現象との闘いなのですね。


でも、自分の中ではかなり深刻な問題になりつつあります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼


今日で三月も終わりという日の朝

カーテンを開けてもうげんなりです!

寒いのは全く心がめげないけれど

雪景色はもうたくさん!

しかも、夕方になりつつあるこの時間にも

細かく積もりそうな雪が横殴りに降り続けていますし・・・。

ほんともう、春うららかなる日に出会いたいです!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼

息子が、朝起きてきて準備しておいた朝食に手を付けながら言いました。

「ああ~、明日月曜日か~~」 と嫌そうなニュアンスです。

「なんで? どうかしたの?」 と聞きました。

てっきり、仕事でなにかトラブルでも発生したのかな?・・・・と思ったのですが

そうしたら

「いやあ・・だって明日ほら、新元号の発表を見られないじゃん・・」と言ったのです。

確かにね。仕事中だしねたぶんその時間。

しかも、息子の職場はスマホの持ち込みはできなのでチラ見とかもできない訳だし

へえ・・息子なんかでも、新元号が気になるものか?・・・。

私にはそれが不思議で驚きでした。

そりゃ、私も気になってます。いったいどんな漢字が使われているんだろう?

明日が楽しみです。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼

今朝の玄関前はこんな様子です。

平成31年3月31日の朝 玄関から雪景色



もう雪は結構です。

春うららかな空の下

痛くない膝で、軽々と外を歩きたいです。

スポンサーサイト

羨ましい、と言う感情から抜け出せたら幸せよ

誰かを羨ましい。と思うのは不幸の始まりよね。

と、よ~く分かっていますよ、、、。


隣の家の芝生は青々と見えるかあ、、、、

う~ん、我が家の庭は草ぼうぼうで青い、、、

生えてるものの違いはあるけど、青いに変わりはないか、、、



今日は楽しい日でした。

楽しかったけど、ちょっと複雑な心情が湧いた日となりました。


ここ何年も連絡を取り合うことが無くなっていた友達から電話をもらいました。

午前中、草の生え始めた庭で草むしりをしていて

家の中に入った時は既に一時を回ろうとしていました。

冷蔵庫の残り物をかき集めて1人でお昼ご飯を食べ終わった時

電話が鳴って、電話に出ると

小学校から高校まで一緒だった友達からでした。

何年か前に会ったきりでした。

近くまで来ているので、良かったらどこかでお茶しない?

と言う事で、

私は、遅く食べ終わった食器を急いで片付けて

待ち合わせ場所へ行きました。

急な約束だったからと言う訳ではなく、親しさもあって

特にお洒落するでもなく出かけて行きました。

何年もブランクが、ありながら

つい、最近も会ったような気持ちになれるのは

やはり、小学校からの友達だからかな、、、。


背の高い人で、元気な時は体重が70キロ近くあったのよ!

と言っていたのに、病気をして今は43キロに減ってしまって、

太れないの! と言っていました。

60歳も過ぎてくると、

痩せると言っても、病気で痩せてしまうのは悲しいもの。

だから、痩せて羨ましいとは言えません。



息子さん達と同居しているので、そのお孫ちゃんと

今は春休みで

近くにお嫁に行った娘さんの子ども達と

合わせてお孫さん5人集まるそうです。

大変、大変。と言ってました。



まだ未婚の娘さんも同居していて

電気料金等は

自分達夫婦と、息子さん一家と、娘さんと

それぞれ三等分で出し合っているのだそうです。

でも、食費は家族全員分を自分達の年金で遣り繰りしている。

と言っていました。



家計は確かに大変かもしれませんが、

2人の娘さん達とは、とても仲良しで

たまに、ご飯食べに行ってご馳走して貰えたりするそうです。


決して、彼女はそれを自慢げに話した訳ではないです。

自分の日常を単純に素直に話して聞かせてくれただけで

私も、素直に興味深く頷いて聞くことが出来ました。


家庭って

当たり前だけど、家族構成が違うと、やはり雰囲気が違うものなんですね。

家がもう賑やか過ぎて大変。って言う彼女は少し困り顔でしたが、

幸せ自慢をしている訳でもなくて

逆に、誰かを羨ましい話しもせず、

この人は、自然に幸せな人だなって、思いました。



不平不満を抱く事などせずに

ただ、ただそこで生きてきた結果が

今の彼女なんだろうな。



私のいけないところ

自分の家族や自分の生き方に

そもそも疑問を投げかけることが間違いなんだ、、と

そんな感想を抱いた日になりました。

何が不足で、何に満たされているかとか、

そういうことすら、考える事の意味などないのかもしれません。


弟の存在を借り、けん制球でとどめを刺す

ごく最近編み出した技? 

と言うか、けん制球

これが、やんわりと噴火男に効き目があるような気がしてきました。




前回のブログに書いた事で

いくつかの貴重なコメントを頂きまして

そのお言葉が、ぐんと私の気分を楽にして下さいました。

書いた時点では

(もう嫌だ!! もうほんとにやってらんない!! この、く〇おやじ!!)

と、相当絶望的な気持ちで書いたのでしたが

まあ、この時ほどブログが有り難いと思った事無かったですね・・。


ブログに吐露する事も無く

悶々と、噴火男への怒りを抱えたままだったなら

自分の精神が崩壊してる気がします。



悩み事とか、困り事とか

人に訊いてもらって余計重苦しくなることも稀にはありますが

皆さんほんと大人で、どなたのお言葉にも思いやりが込められていて

スネ雄を

少し視界に入れる事ができるようになりました。

まずは、お礼の気持ちを書いておきませんとね・・。

本当にいつもありがとうございます。



そこで、冒頭に書きました事ですが

噴火男、スネ雄へのけん制球を発見したんです。

最近ちらっと効果を試し始めているんですが



実は、先日舅の所へご飯を届けに行った時

舅が私に弟の事を聞いてきたんです。

「〇はどうしてる?」と

そこで、だいぶかいつまんで弟の事を話しました。

そしたら、〇も独りで暮らしているよりは、こっちに呼び寄せて一緒に暮らしたらどうだ

というような事を言い出しました。


実は最近

夫のスネ雄も同じような事を言うようになって来たんです。


何も知らない人が訊いたら、単純に思いやりのある話に聞こえるかもしれませんが

私には、言葉通りになんて聞くことは出来ません。


第一

家の建屋自体が、この我が家よりしっかりしていて

手放すなら、むしろこっちの家でしょ・・っていう感じです。

弟がその家を出て、この家に来るメリットなんて

弟にあると、本当に思っているの?


同じような事を言ってくる夫と舅の2人に

私は、こう答えました。

「大丈夫、もし弟になにかあったなら、私が向こうの家で暮らして世話をするから・・」

そうなったら、むしろ私はあんたたちから解放されるんですよ。


「私が向こうに行く」 というセリフは本気なわけではありませんが

何か問題が発生すると私に丸投げしてくる夫

私がいなくなる、って怖いでしょう!

私にいなくなられたら困るのはあんた達でしょう・・?

怖いはず、本当はね。



私だって、いつまでも一方的にやられっ放しじゃいないですよ。

いやあ、いい方法みつけちゃったな・・・っていう感じです。


人間年取っていくと自分が無事に生き伸びることしか考えないのかな




季節は冬に逆戻りしたようです。

外では雪が舞っています。

寒い方が好きな私も、さすがにもう春の暖かさが待ち遠しいです。

お花見の話題がニュースの冒頭を賑わせているのに

こちらはまだ、梅の花すら咲きそうにありません。



♪ 春よこい~ 早くこい  (^^♪  




自己中スネ雄を製造してしまったのは私かもしれない、、。

年間を通して、夫婦2人で何処かへ行く

って事、余程じゃないと無いです。

ほんとに。無いです。



いつだったか

ショッピングセンターをぷらぷら歩いていた時

夫の唯一の友達Mさんとバッタリ出くわしました。

向こうは、ウエストポーチを買いたくて見にきた、と言っていました。

私に「あれっ? 1人なの?」と聞いてきました。

「うん、そう1人だよ~」と私は答えました。

それから、遊びに来てよ~! と言って別れました。

Mさんは、買い物とかいつも奥さん連れだから

私が1人でぷらぷら買い物して歩いてるのを

どうとらえたのかは分かりませんが

夫と一緒じゃないのか?と思ったのだろうか、、。

不仲なのはMさんも知ってる事だから

そう思う筈もないか、、、。



とにかく

買い物を夫と一緒なんて、世界が終わりそうになったって有り得ない!



こんな状況下で

一昨日、あることで、とある所へ夫婦で行きました。

とある所は、予約が無いと一時間半近くお待ち頂きます。

と言い、私達はせっかく来たのだからそのまま待つことにしました。

ところが、やはり予約の方達がどんどん来られるので

この様子だと、いつまで待つことになるか不安になり

総合案内に引き返して

やはり、予約をお願いして

日時を改め出直す事にしようとしたのです。

そしたら、横からああだこうだ、と言いはじめたのが夫。

「今、ここで言うような事じゃないから」と私は夫を静止しました。

夫は納得いかない態度でしたが、

とりあえず、2人でその場を立ち去り

車に戻りました。

私は、呆れ果てて

「なんで、あそこで関係の無い事を言い出すの!」と

腹立ちが抑えられなくて、つい語気を強めて言いました。

夫は聞きたくない事に重石をどかん!と被せるごとくに

「騒ぐな!騒ぐな! だまれ!」

と、高飛車にはねつけてきました。

誰も、そんな騒いで言ったりなんかしてません。

その「だまれ!」って言う言い方、いったい何!!

どこの何様? 

ああ、そうでした。小さな池に住むスネ雄様でしたね!

どうせ、私はその池のプランクトンですよ!


いつもいつも

こっちが何か言いたくても都合が悪くなれば、

ガガッとシャッターを下ろして相手を封じ込めるやり方

卑怯者でしょ!




私が羨ましいな、と思うのは

仲睦ましい夫婦と言うより

まともに夫婦ゲンカの言い合いが出来ることです。

我が家は

ケンカの言い合いの前にデッカい爆弾を破裂させて牽制されてしまうので

私の言い分は常に封じ込められてばかりです。


そんな牽制弾を打ち込んでおきながら、

だんまりが始まるでしょ


こんないじいじ卑怯な男の顔すら、影すら見たくありません。



最近、分かってきた事ですが、

たぶん、こんな自己中、スネ雄を製造してしまったのは

実はこの私自信なのかもしれません。


若い頃から、

ちょっと世話を焼きすぎたのかもしれません。

自分宛てに届いた郵便物等

全て、私の机にわざわざ載せて置く人

私が開封して、良しなに処理しろ!とでも言うように。

ま、実際今までずっとそれをやっきたものね。


自分も年取ってきたせいかな、

こんなめんどくさい男の世話なんて、もういや!


夕ご飯を一緒に食べるのもいや!


しかしねえ、、、

こんな我がまま男、製造しちゃったのは

たぶん、この私だ、、、。




※ おとといの出来事をなんとか、腹に納めようと頑張ったのですが、
  やはり無理でした。 
  ケンカの言い合いが出来る夫婦だったら良かったんですけれど、、。


読んで下さった方、読まされてしまった方、すみませんでした。

そして、ありがとうございました。



歩いた、と言う話し

今日の寒さは真冬並みでした。

時折、雪も舞いました。


朝、家事を終えてから

冷蔵庫に切れたヨーグルトだけ買いたくて

歩いて行こうか、どうしようかと

寒さと強風の様子を窓越しに見ながら、暫く悩んで



やっぱり、ヨーグルト買いに行って来よう!

(ヨーグルトは毎朝たべるので、まず切らしたことがないんです。)



もう、春だからと

仕舞い掛けたニットの帽子をまた出して



フード付のコートを着て出ました。

冷たい風が、体の芯まで届きそうな寒さでした。

ニット帽の上に更にフードを被りました。それでも寒い!


お目当てのヨーグルトを買い、風にあおられるように帰って来ました。


帰宅してから、

娘からラインのメールが入って

来年、小学校に上がる孫の事ですが

家から、学区の小学校までかなり距離があるんです。

私は、その事が心配で

大丈夫かなあ、、と心配をつい口にしてしまいます。


娘は親だから、私以上に心配している事でしょう。

それで

今年に入ったあたりから

小学校までの道のりを何回か家族で歩いてみている

との事でした。

距離も長いし、通学路は狭い上に交通量もあるし

危険も沢山ありそうです。

道路の渡り方を教えたり、あぶない箇所を言い聞かせたり

今日も、5歳と3歳と家族4人で歩いた。

と書いていました。

子ども達の速さにあわせて歩いて小学校まで30分くらいだそうです。

一年生が片道30分、あの交通量を歩く様子を想像して

ばあちゃんの私は心配でなりません。

アメリカみたいに

学校まで、親がきちんと送り届けるみたいな

日本の社会もそんな風になればいいのに、、って思ってしまいます。

だって、犯罪に巻き込まれたり

それが取り越し苦労だ、なんて言ってられないご時世ですからね。

あ~あ、心配したら切りがないのは分かってますけれど、、。

帰路

子ども達は歩き疲れて、帰りはバスに乗ったみたいです。

バスを、降りてから近くのパン屋さんでパンを買い

公園でパンを食べた。

との事でした。


こちらは、凍えるような寒さを歩いたけれど、

関東に住む娘達はここと違って

暖かい道を歩いたのだろうか、、、


それを聞くの忘れました、、、。



サラダを作ったら春の気分

自慢じゃないけれど

料理が苦手な私です。

作ることは作るけれど、お洒落な料理じゃありません。

当然ブログ向きじゃないのに、せっかく作ったのだから写真に写してみるのですが



今日も、そんな乗りでカメラでパチリと写したのがこちら

    ↓


ポテトサラダ


新玉ねぎにポテトサラダ

昨日、新玉ねぎが出ているのを見かけて

玉ねぎ大好きな私は、迷わず手を伸ばしました。

その新玉ねぎをたっぷり入れたポテトサラダを作りました。

オレンジは人参

冷蔵庫にキュウリがありませんでした。

あらあ・・・・緑色が欲しいな・・・

でも、わざわざキュウリを買いに行きたくありません。

そうだ!

冷凍枝豆が残っているのを思い出しました。

お湯で解凍して

枝豆を入れることにしました。

緑色が綺麗に活躍です。



料理下手な私にしては、美味しいポテトサラダが完成しました。

タッパーに移し替えたら、綺麗な春色に見えました。

(自分で作って、自己満足してます)

名付けて、「春色サラダ?」 なんちゃって・・・・。


今夜のメニューに加えます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼



最近、ブログは真面目に更新していたのですが

実は、仕事とプライベートが色々混雑していた数日間でした。



今日は、少し時間も空いたので

気分転換というか、ストレス解消に買い物に出てみました。

ほんの1時間だけですが・・・買い物って、何故かストレス解消になります。

未だに、衝動買い癖が抜けきらない私です。


それで、買ってしまったのが、春物のニット(半額で1800円でした)

家に帰って来てから、値札のタグを取り外そうとした時

うっかり、身ごろにハサミの先っちょをひっかけてしまいました。



ニット 穴

うわぁ!!  今買ってきたばかりなのに・・・・・・。( ;∀;)


何とか修繕してみます。




春らしくなってきたな・・と思っていたここ数日でしたが

今朝起きてカーテンを開けたら、外の景色が雪景色になっていました。

どうりで、夕べは寒かったわけです。


まだまだ、簡単には春が訪れそうにありません。





ご訪問下さいましてありがとうございます。

拍手、コメント有難うございます。

どうするか迷う事

夫がこの3月で満65歳になりました。

65歳になった途端

あれこれ社会的な物事の切り替え時期を迎えたようです。


まずは、先日「介護保険受給者証」が届いたこと。

これからは、病気になったとか、怪我したとか

必要条件を満たせば、介護保険のお世話を受ける事が出来るわけですね。

それと平行して

自営業で国民健康保険に加入していた夫は

65歳を境に

国保税と同時に徴収されていた介護保険料から切り離されて

改めて介護保険料を支払うことになるわけです。



支払い方法は

「特別徴収」と、「普通徴収」の2つ

ほとんどのケースは

年金から差し引かれる「特別徴収」になるわけですが、

中には、勝手に年金からさっ引かれるのは嫌だ。と

自分で納付すると言う人もいるそうで

そういう方は、「普通徴収」と言うやり方で

納付書を持って納めるとか、口座引き落としとか

年金から天引きされるのとは違った方法で納めると言うことなんですよね。

(これについては、各自治体に寄って金額や納付の仕方も違うかもしれません)


ただし、

65歳を迎えた切り替え時には、一律どなたにも納付書が届き

それで納めて下さい。と担当課の人から聞きました。

(今日問い合わせして聞きました。 今頃遅過ぎ!)


でも、受け取り年金額が18万に満たないとか、

65歳から受給する年金を繰り下げ受給する人とかは

差し引くべき年金が無いわけなので、

「普通徴収」と言う形で、介護保険料を納めることになるそうです。



そこで、国民年金の未納期間が長くて、ぎりぎり受給資格を手に入れた我が家

65歳になった今、年金を頂いたとしても、

ほんのお小遣い程度の金額にしかなりません。


幸い、今のところなんとか夫は働けているし

後5年、70歳まで、受給を繰り下げても

なんとか食べていく程度はできるのでは、、、。

と言う、話し合いをしました。

不仲な夫婦ながら、今回ばかりは夫も真面目に考えてくれました。

(て言うか、あんた自信の事ですからね。)



たとえ、70歳まで繰り下げても

元々、貰える年金額はたかが知れてますが

70歳まで繰り下げた場合は42%受給額が増額になるそうです。

こうなると、一か八かの賭けですよね。

70歳まで生きていないかもしれませんし。



不仲な夫婦ですが、

運命共同体って言うかなんて言うか

今日は珍しく真剣に近い将来の

我が家の経済的な事を話し合いました。

実に珍しい事。大事件っていうくらいの珍しさ!

それだけ、夫自身も少しは考えていたんだろうか、、、。


今日、ここに書いた事柄は

我が家独自の事案に沿って書きましたので

読まれた方のお宅のケースとは違いがあると思います。

ですから、そこ間違ってますよ~とか

そういう点もあると思いますが、

疑問な点はどうか、正式な機関でお調べ下さいね。



と、こんなような訳で、

65歳の転換期に年金など介護保険料など

我が家の諸事情をつらつらと書いてみました。

もうちょっと、正確に書きたかったのですが、

書いているうちに、頭が整理つかなくなってしまいました。

説明不足で理解不能な部分がたくさんありましたよね~




最後までお付き合い頂いて申し訳ありません。

お読み下さいまして有り難うございました。



弟と行くお墓参りと睡眠の悩み

私的にはお彼岸はどちらかと言えば

彼岸の入りに済ませたい人、なのですが

(せっかちなので)

しかし、弟は私と正反対ののんびり屋です。


実家までは、ほぼ一時間程かけて行くのだから

せっかくなら、お墓参りは弟と一緒に行きたいと思って

「お墓参り、いつ行く?」 と訊いたら

中日でいいんじゃないかあ・・・と

のんびりした言葉が返ってきたので、その言葉に足並みを揃えて

春分の日(中日)の今日行って来ました。



夫の実家(舅の家)には

昨日、お花とお供えを準備してお参りを済ませてます。




実家のお墓は、家から徒歩で行けます。

近いので弟と2人、とぼとぼ歩いて行きました。

お墓の駐車場は墓参りの車の出入りで賑やかでした。



お花は、夫の実家用と私の実家用と

お仏壇用、お墓用と2対づつなので

お花代が大きな出費です。

その他に、粗末ながら用意した手作りの物を詰めて行きました。

こちらも、中身は全く同じ物ですが

お仏壇用と、お墓用とです。


お仏壇用
御彼岸お供え


中身は全く同じお墓用
お墓へお供え


ただのお弁当? みたいな感じですが

炊飯器で炊いたお赤飯と、カブ漬け、 卵焼き、胡瓜の一夜漬け

お煮しめ (本当は蕗や、ゼンマイ、蕨なども入れるのですが、意識的に入れ忘れました。(笑) 節約です)

仏様ごめんなさい。ですね

でも、全部手作りだから許してね・・・・・。

(この他に、お彼岸団子や袋菓子、リンゴ、バナナを揃えました。)







昨日、舅じいさんに届けたお粗末な夕ご飯はこちら
  ↓

爺さんへご飯
ご飯は白米に玄米を少し混ぜて炊いたもの

ほっけの焼いたのと、ちくわと煮たまご、カボチャ



メニューにほんと悩みます。

我が家の財政?はお墓参りがある度出費が押し寄せます。

お花が2対づつって言うのが厳しいですよね。

でも、徐々にお花とお団子くらいにしていくつもりです。


仏様には申し訳ないです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼


お墓参りを済ませてから

久しぶりに、弟とゆっくり話をしました。

今まで家中がゴミだらけで、汚家化していたのですが

仕事を辞めてから、徐々に片づけをしているようで

台所は綺麗に片付いていました。

テーブルの面が久々に見えていました。ぴかぴかになっていました。

想像以上に綺麗になっていたので

「おお~~!!」っと感動の声が出ました。


ゆっくり、のんびり屋の弟なので

話すスピードもゆっくりなのですが

会社を辞める一年位前から、毎朝毎朝出勤するのが嫌で嫌でたまらなかったそうです。

今まで、そこまで打ち明けた気持ちを話してくれたこと無かったので

そんなにしんどかったのか・・・・と

今更ながらにかわいそうになりました。


もっと、気持ちを聞き出してやるとか

話し相手になってやれるような、そういう雰囲気を

私自身が弟に対して提供できていなかったんだろうな・・・って反省しました。



そして

弟も、最近は眠りが浅くて睡眠がうまく取れていないというのを聞いていたので

こんなものを持っていってあげました。

グリミン

自分自身も飲んでいるサプリメント

アミノ酸のグリシンです。

これは商品名が「グリ〇ン」と言うものですが




コマーシャルで見かけたことのある「味の素」さんのサプリメント

「グリ〇」  (アップした写真は「味の素」さんの物ではありません。)

眠りが浅くて悩んでいる人に、深睡眠が得られる

睡眠の質が向上する。というキャッチコピーにぐんと引き寄せられました。

その、味の素さんの「グリ〇」を

私もお試しで取り寄せた事があって

これがとても効果があるんですよねえ・・・私にはですけれど

でも、難点が、なにしろ価格がネックで(ちょっとお高い)

節約を余儀なくされる我が家の家計では購入し続けるのはとても無理で

その事を、いつだったか、このブログで書いたところ

読んで下さった方が、コメントを下さいました。

(その節は本当に有難うございました。とても参考になりました。)

グリシンで、安いのがアマゾンで買えますよ。とのお言葉

それを読んで、すぐ検索して即買いでした。




その商品、つい最近も3袋(3か月分)購入したんですが

それを、弟にも試してみて。と持っていってみました。

果たして、なんと言うか・・・


効果があって、熟睡ができるようになることを祈っているのですが・・。



今日は、ゆっくりながら、ほどけつつある弟の気持ちが訊けて

本当に良かった! 

 いい一日でした。



逃げてばかりいたけれど

今日は、舅じいさんの所へご飯を届けに行きました。


茶色だらけのメニューだけれど、たまには写真をアップしてみようかな、、

と思って、デジカメに収めたままで終わってしまいました。

写真は覚えていたなら明日にでも、、、



私は、舅がとにかく嫌でいやで仕方ありませんでした。

嫁いできてからというもの、

この家はいったいなんなの!?

と、あまりに自分の育った環境とはかけ離れていて愕然としました。

(私の育った家が立派と言う意味ではありません。)


顔を合わせれば

家族間争議ばかり。

嫌でいやで。



数年前のこと

ここは、自分の土地だ

売ることにしたからおまえたちは

この家を出ていけ。と詰め寄ってくるから

怖くて二階の部屋に逃げた事がありました。

そしたら、勝手に二階まで追いかけてきて、

息子がじいさんを止めに入った事があります。

殺気立って、怒鳴り声を張り上げられると

生きた心地がしないです。


そんなようなことの連続でした。

挙げ句の果ては、自分の夫まで噴火男だった、と言うね。


だから、ずっ~っと、舅との接触を避けて、逃げてばかりきたんです。


それが、最近は急に気の毒な人に思えるようになって

こんな、誰からも好かれないまま、人生を終わっていく人もいるものか、、

なんて、悲しい淋しい人なんだ。

生き方は、意固地でばっさばっさ、他人を斬りつけんばかり

誰1人、こんな人に手を差し伸べる人なんているはずなんか無い。

私だってそうよ。あんたなんか許せない。

ずっと、憎みながらここで暮らしてきたんですから。


だけど、

今日、ごはんを届けに行って

廊下に座り込んで話をしました。


人には、自分だけの止まり木がある。

その止まり木は、その人にしか馴染まない。

馴染まないけれど、折れかかってきているのが見えたなら

添え木を差し伸べなくては、、、。

倒れるのが分かったなら

そうするしかないものね。


廊下に座り込んで、舅じいさんは話しに力が入り始め

私は、手提げぶくろを畳んで帰り支度をしました。



話は途中で止めてしまったけれど

私には精一杯のことでした。


今日は、少し頑張ったぞー!

と言う感じです。



ご訪問有り難うございました。




大丈夫?また日にちを間違えてる

昨日、書いたばっかりだったのに

また同じような事、、


今日の夕ご飯は、たまたま息子も一緒に食べることになり

女1人に、男2人なんて

ろくな会話なんてありません。


ただ、黙々と食べているんだけれど、

ふと、頭に浮かんだ事を喋りました。

「明日はお彼岸の中日だから、お墓参りに行って来ようかな、、」

「、、、、、」

2人とも反応無し!


ん? ? ?

後で考えてみました。

今日は、確か火曜日だったよね?中日は確か木曜日だった気がするな、、

もう一度、カレンダーをよくよく確認してみる。


あ!! やっぱり、そうか。

私、日にち間違えてたんだ。

だから、あの2人ご飯の時反応出来なかったのかな?

否! それは違うな、きっと

ただ、単に私の話しを聞いてないだけだよね。


あ~。なんだろう

てっきり明日がお彼岸の中日のつもりがしてて

弟にも、お墓参りに行くからね。と連絡して

挙げ句の果て

今日なんか、牛蒡や、焼き豆腐なんかも買ってきて

お供え用にお煮しめの材料まで買って来て

買ってきただけじゃなくて、

そのお煮しめ、明日実家に持って行くつもりで

作ってしまった!!



一日早いよ~~~!!!


もう、どうしようもない馬鹿だ!



この間、旅立ったワンこにも、お水を供え、お花を供え

お線香も供えて

気分は百パーセントお彼岸です。

今日は何をしたんだっけ?

一日が終わって落ち着いた時間

この頃

「あれ? 今日一日何したんだっけ?」

って、思う事が多くなりました。


年齢も年齢だし

いよいよ頭がボケ始めたか、、、と

本気で思ったりします。



今日は、いつもお世話になっている税理士事務所へ行ってきたのでした。

昔は

毎月一回、税理士事務所さんが来てくれて

ひと月分の税務処理をして行ってもらっていたのですが、

個人事業になってからは

私の拙い帳簿整理でも事が足りる程度のものになりました。

今は、用事があれば、こちらから出向いて行きます。


そう、それで午前中が終わってしまったんだった、、、

何にも大したこともしないまま

半日が過ぎたんだ、、。

昨日は、日曜日だったけど、

夫は夜8時近くまで仕事してたし

私も事業所の方で仕事してました。


平日も、日曜日も全く区別の無い生活だから

今日は、何したんだっけ?

休みだったっけ? 仕事したんだたけ?

になってしまいます。



人間、やはりオン、オフの切り替えが無いのはダメだな、

って思います。

明日は休みだから、なになにしようかな!

って言うように、

予定が立つっていうのは、とても大事です。


三十年以上も、日祭日の区別が無い生活だったので

身に染み付いた暮らし方ではありますが、



でもやっぱり、しっくり来ないのは

けじめの無い毎日の連続だからかな、、、


「今日は何したんだっけ?」

思い出すのに首を傾げる程度の事しかしてないって事なのかな、、。



私より遥かにご年輩でも、かくしゃくと働いていらっしゃる人

そういう人達は、私みたいに

「今日は、一日何してたんだっけ?」

なんて、思わないんだろうなあ~





たった300円でも気になる

一昨日、スーパーで買い物し

帰って来てから、買った筈の指定ゴミ袋が無いことに気がついた話し。


1ヶ月に一回程度しか行かないスーパーへ

なんと、一日置いて2日目にまた行く事に、、、


お金を払っているだけに

やはり、品物は受け取って来なくちゃ

暫くは行かないつもりだったけど、

たかが300円の物でも気になってしょうがないよりは

行って受け取って来よう!


そう、思って行ってきました。

ゴミ袋、もらってきました。



物が、ゴミ袋って言うのも自分らしい、、

もうちょっとね。わざわざ受け取りに行くほどの物だったら

自分でも、仕方ないな。って思えたんでしょうけど、


ゴミだもんね~

自分がそもそも安っぽいんだから丁度いいっか~。(笑)



今日は日曜日だからかな

スーパーも沢山お買い物客溢れていました。

なにもかも、値上がりですねえ、、。





玄米ご飯が食べたい

昨年末あたりから、

ご飯は、白米と玄米を半々にして食べています。

玄米を入れ始めたら

息子からブーイングが出ました。

歯に挟まる感じで嫌なんだそうです。

それは、あんたが虫歯があるからじゃないの!?

と、言いたいところなんですが、

仕方ないので、息子の弁当用だけは白米にしています。



私的には、玄米百パーセントで食べたいんですけれどね。

玄米のほうが歯ごたえがあるし、味もお米本来の味わいがします。

ご飯を炊くのは私の仕事だし

私の特権?だから

ほんとは、えい!? 今日から完全玄米ご飯だ~!

と言いたいところなんですが、、、

白米に比較して、お値段が高いです。

(発芽玄米じゃなく、ただの玄米のことです。)


何故に、玄米の方が白米よりお値段が高いの?

白米に精製する方が玄米よりひと手間多くかかっている気がするのですが、、、


製造工程が分からないので

こんなこと書いたら、どなたかに笑われてるかもしれないですね。

でも、単純にそう考えてしまっております。



あ~あ、玄米がもう少し安かったら

我が家、否応なく完全玄米食にしちゃうんだけれどな、、、。

こんなような体験したことないですか

今日はいつも利用するスーパーではなく

ちょっと遠いスーパーに買い物に行きました。


そこのスーパーは

比較的お魚とか、海産物が種類豊富な感じがするんです。

お肉も、メガ盛で安いのが買えます。



でも、いつものスーパーなら歩いてでも行けますが

そのスーパーへは、車じゃなきゃ無理です。

それなもので、一月に一回程度しか行ってない感じかな、、、。


今日は、そのスーパーでお刺身とか、冷凍しておくお魚を買いました。


レジに並ぶ時

ふと思い出しました。

目の前に置いてあるゴミ袋を見て!

(そうだった! ゴミ袋がもう無くなるんだった。買わなきゃ!)

私の住む街では、もう何年も前から

ゴミ出しは指定の袋じゃないと回収してもらえません。


慌てて、カゴの中に指定ゴミ袋も入れレジへ

お支払を済ませ、サッカー台で袋詰め。

そして、帰宅しました。


冷蔵庫にそれぞれを収めてから

ふと気がつきました。

何かが足りない!

あ!! ゴミ袋が無い!!

あれれ!?? どうしたんだろう? 

よくよく思い出そうと考えました。

支払いを済ませて、サッカー台で袋詰めする時

そう言えば、買ったはずのゴミ袋が無かったことに気づきました。

そうそう、よくよく考えるとあの時カゴに入って無かった!

自分がカゴから袋に入れ忘れる

と言う失敗も確かにやらかした事はあったけど、

今回は絶対、カゴに無かった!

レシートを確認すると、

一番最初にちゃんと「指定ゴミ袋45リットル」 300円

が打ってありました。 (ちなみに、10枚で300円って高くないですか?)


たぶんですが、

レジの方が、打ってから精算済みの方のカゴに入れ忘れたのでは?

その事に、私が気づかないで帰ってきてしまったように思うのです。


仕方ないから諦めようと思ったのですが、

300円損した気分になって、そのスーパーに電話してみました。

そしたら、サービスカウンターに預かっています。との事。


なんとなあ~く、合点がいかない気持ちになったのは

私が、カゴから袋に詰め忘れた訳ではなく

レジの方がカゴに入れ忘れたように思うのに、、、

わざわざ、遠くのしかも1ヶ月に一度くらいしか行かないスーパーに

そのゴミ袋を受取りに行かなきゃならない羽目になるなんて

それに、

レジに残ったままだった事に関しては

それって、私が注意して見ていなかったのが悪かったのだろうか、、、

う、うん。 そう言われればそうかもしれないんだけれど、、

なんとなあ~く、合点が行かないお買い物だったんですよねえ~。


こういうこと、体験された方って、いらっしゃらないですかねえ~。



ずっーと元気でいて欲しい人

さすがに、季節は3月

昨日の雪は、八割が雪解けしました。


外へ出かけると、薄手のジャンパーの人と、

まだ冬物のコートの人と入り混じっています。



今日は久しぶりに友達と会いました。

「友達」と言ったら失礼かな、、(私より8歳年上です)

親友であり、先輩であり。 最も信頼のおける人。


コーヒーを飲みながら、三時間話し込んで

お腹が空いたね! と言って

ラーメン屋さんまで歩いて、昼もとっくに過ぎた2時頃に

2人でラーメンを食べました。


話は尽きません。

この人と会って、話しが尽きない訳は

2人共、旦那の事で悩みが同じだからです。

彼女は

旦那さんが怖くて、裸足で夜中に家を逃げ出した事があり

幸い徒歩で行ける距離に実のお姉さんがいるので

そこへ避難したそうです。



話せる人がいるから

私は、随分救われています。

親友に感謝と敬意を表します。


いつまでも、お元気でいてね。

元気でいましょうね。



2人で食べたラーメン、美味しかったです。




想う事も重く、雪も重く

老化現象なのか

それとも

持って生まれた性分なのか・・・・・


体力や、体調に限界が見え始めたこの頃

想う事は、家族の行く末の事。


様々

憂慮する事が、浅い眠りの頭の中を去来します。

歳を取ってきたら

もう、心配事は考えない事にして

楽しい事を考えるだけの頭に切り替えができたらいいのですが

こればっかりは

いくら、どんなに学識のある人に諭されたとしても

自分には無理・・・・と思う事もあります。

人間、

そんなに簡単には自分を変えられはしません。


私は、死ぬまで家族の誰かの事を心配し続けて生きている

家族にしたら、

そんなの、よけいなお節介、という事だったりもするのに・・・ (ノ_<)




今日は、抽象的な言い回しからのスタートです。

ブログのいいところは

自分の気持ちを整理整頓するにはもってこいなところです。

書きながら、反省点も見えてきますし

自身が、今何故こんな心境になっているのだろう・・・とか

冷静に見つめ返す事が出来ます。



弟の事を心配したり

孫たちの将来を危惧したり

娘の健康を憂慮したり

噴火男のスネ雄を鎮火させ続ける方法に悩んだり

舅との関係をどうとっていくか・・悩んでみたり


これらの事を

全部ひとまとめに、うまくやっていきたいな・・・

と考えると

まず第一に、我が身自身の健康が大事って事に行き着くのです。

不死身の体ではない事を思い知って

車の車検みたいなものだわ

古くなるごとに、車検期間も短くなります。

60歳もとっくに過ぎたら

人生の指針も一年毎に見直しよ。

そう1人考えて頷くのでした。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼



昨日のテレビでは

3.11の追悼番組が沢山放送されて

ああ・・そうだった・・・あの日があったんだ・・

という事を思い出しました。

今年は、災害の無い年であって欲しいものです。


睡眠の浅い夜

窓の外は春の嵐のような音でした。

ガラス窓が殴りかかるような雪交じりの雨を必死に抑え込んでくれているようでした。



一夜明け

まだ、カーテンを開けていない階下へ降りて行くと

先に起きていた夫が言いました。

「凄い雪だ」 と。

慌ててカーテンを開けてみて あららら・・・・ほんとだ・・・。


玄関に出てみました。

玄関ドアを開けて、次に風除室があるのですが

その風除室の入り口のガラス戸まで雪が来ていました。



平成31年 雪 風除室の外

水分をどっしり含んだ雪です。 玄関わきの木の枝が折れ曲がりそうです。

平成31年3月12日 玄関 雪


木の枝が雪の重みに耐えられず、割れて折れ曲がってしまいました。

平成31年 3月12日 玄関から見る雪


台所の方の窓から見る庭の雪です。

平成31年3月12日の朝


これがもう、今年最後の雪だといいのですが・・・・

午前中は、ずっしりと重い雪片づけで腰が曲がるくらいでした。

午後は疲れて

こんなふうに、久しぶりにパソコン開いておりました。




三寒四温といいますし

こんな日を繰り返しながら

気がついたら春がやって来ているのでしょうね・・・。




拍手を押して下さって有難うございます。

お手間をかけて、コメントを残して下さる方に、この場からのお礼で大変申し訳ありません。

とても有り難く嬉しく読ませて頂いています。

遠出ができるのは今のうちだけかも、、。

ここ一週間は、関東で過ごした一週間でした。


過去に、娘の所へ出かけて行って

この時期、こんなふうに寒かったかしら、、?

と、感じたくらい雨降りでどんよりなお天気が多かったです。

寒い地方から新幹線に乗って出かけて行くと

白川のあたりに差し掛かる頃には、なんとなく車内の空気が

北の地方から脱したような気がして来るのですが、

今回は、新幹線を降りた後も、着て行ったコートに違和感なく

ホームを歩いていました。



娘の家で過ごす、と言っても

朝は、寝坊はしていられません。

一番早く起きて、自分の身支度を済ませて、朝食を準備したり

幼稚園に持たせるポットにお茶を詰めたり

やることは沢山あります。


そうやって、娘宅なりのルーティーンをこなした上で

数日が過ぎました。

留守番の時もあったり、

傘を持ちながら、1人で歩いてスーパーに行くこともあったり

場所は変われど、やることは同じです。


特別なお出かけとか、何も無いまま帰ってくることになるはずでしたが

最後の一日だけ、

お天気も晴れたし、婿さんも休みだったので


「明日、どっか行く?」と言う娘の発言から始まって

あそこは、どう? ここはどう? の繰り返し

一日だけでは、遠くへは行けないし

日帰りが出来て、3歳5歳の2人も疲れない程度に楽しめる所



考えあぐねて、横浜に行ってみることになりました。

私は、旅行なんてまずしたことないので

何処へ行くにしても、もう大旅行です。


始めて行くところばかりです。どこに行くにしてもね。

だから、どこだっていいんです。行けさえしたら。

山下公園も始めてでした。


世田谷あたりや、杉並あたりをナビの案内で走りながら

都内を走り抜けて

山下公園近くの駐車場に車を置き

赤レンガ倉庫まで歩き、コスモワールドで孫達を遊ばせました。

大観覧車にも乗りました。


そろそろ、小さい孫達は遊び疲れ

歩けなくなって、親達が背中におんぶする羽目に、、


赤レンガ倉庫からシーバスに乗ることにして

船で山下公園まで戻りました。

その後は、中華街で食べ放題に入り。

お腹はパンパンになり


駐車場に戻って、車窓からランドマークタワーの姿が見えなくなる頃は

睡魔が、、、。

なんせ、お出かけすると決まったその夜は全く眠れず朝を迎えたのでした。

自分の病気のせいもあると思うのですが

若い人達と行動を共にするのには

自分の体も健康でなければ

楽しい事も楽しめなくなります。



こうやって

珍しく遠出が出来るのも、せいぜいあと数年かな、、、

と、つい弱気になったりします。


こうしてみると

人生、やはり健康なうちに楽しいことは体験しておかなくては、、


つくづく実感した日となりました。


こんな婆さんを一緒に連れて行ってくれた娘一家に感謝です。





拍手押して下さって有り難うございます。

コメントを下さいました方に、お礼が遅くなりましてすみません。

娘さん、お孫さんの事。共通の想いを抱いて頷いて読ませて頂きました。

有り難うございました。この場からお礼申し上げます。


読んで頂き、皆さんに心よりありがとうございます。


やっぱり遠いよね。

関東に住む娘一家の中に今います。

今日は、昨年受けた下肢静脈瘤の術後診察に行ってきました。

脚の状態は至って順調に回復していて

ほっとしています。

術後、あと一回診察を受け、

問題がなければ、

もう、診察に来なくて良いことになります。

静脈瘤の酷かった時は、地元の病院では

どこも、レーザー手術を扱っている病院が無くて

全身麻酔で行う手術でしか治すことが出来ないのでした。

たまたま

娘が暮らしている街の近くにレーザー手術専門の病院をみつけ

そちらで処置して頂く事が出来ました。

術後診察が何回かあったので

遠くまでわざわざ出掛けて来なければならないのは負担ではありましたが、

それと、引き換えにしても

こちらでやって貰って良かったと思っています。



関東は、私の地元よりは遥かに暖かいはず、

と決めつけてやってきましたが、

思ったよりはまだ寒い感じです。

雨が降ったり、

曇天でぽかぽかイメージが今のところまだ味わえていません。



5歳と、3歳の孫がいるのですが、

今年3歳が幼稚園に入園します。

そこで、

入園祝いも少しだけ準備してきました。

来月の入園式には来れないので

早めのお祝いです。


こちらへ来ると

幼稚園の送り迎えに一緒に行くこともあって

娘世代のママさん達と会話する機会もあったり

交流も持てて

改めて、子育ての大変さを思い出す事があったりします。


娘は今、歯医者に行きたいらしいのですが、

3歳がまだいるので身動きとれず

歯医者に行けないでいます。

私が来ている、たったの数日間だけでは

歯医者に通院するには足りません。

ちょっとづつ、不自由さを抱えながらも頑張っている様子が窺えます。



手助けしてやりたいけれど

なかなかやはり、ここまでの距離は遠い!


後何年、こうして新幹線の移動でやって来れるのか、、、

あっちに想いを残し、

こっちに、想いを巡らせ

これからも、その繰り返しを動けるまでしていそうです。


痩せた弟。花見しにいこうよ。

弟の事が気になっていて

(なんたって、2人だけの姉弟なものですから)

父も母も、既にいなくなってしまって

2人で支え合うしかありません。



今日、実家に弟の様子を見に行くつもりで連絡したら

弟の方から出掛けて来ると言ってきたので待つことにしました。



先日の弟の話しでは、

脚が一日で浮腫んで腫れ上がった。

と言っていました。

病院で診てもらい、浮腫を取る薬が出て

それを飲んだら、風船がしぼんだみたいに

今度は、余りに自分の脚が痩せていてびっくりした。

と言っていました。


やはり、

医者に再検査を言われたくらいだから

なにか、病気なんだろう、、、とはらはら心配になって

様子を見に行こうとしたわけだったのです。


食欲もあまりないみたいで、痩せていました。

来週末にまた、病院に行くと言っていたけれど、

もっと早く再検査をしてくれたらいいのに、、と思いました。



弟は、私とは正反対で

凄くお酒が好きです。

独り身だし、

休みの日は昼間でも焼酎を何かで割って呑んでいる様子が印象にあります。


飲みすぎねー、と思って見ていましたが

仕事、仕事に息つく間もない毎日なので、

たまの休みくらい、好きなお酒くらいは、と口は挟まずにいました。


そのお酒で、肝臓がいかれてしまったんじゃないのかな、、?

と、思っています。



でも、不思議と言うか

やはり体調が悪くなると、あれほど呑んでいたお酒も欲しくなくなるんでしょうか


今、パタリとお酒は呑んでいないみたいです。

体調の悪さがそうさせているんでしょうか。



こうして考えてみると

昨年、大晦日のあたりに

突然、正月休みが明けても、もう仕事にはいかないことにした。

会社を辞めるよ。

と、弟が言い出したのには


もう、限界だよ! もう体を休めなさい!

そのように、何かが弟に諭してくれたのかもしれない、、、

と、私は思いました。



天国にいる父母が、そう諭してくれたのかもしれません。



弟と私は、年子ですから

2人して既に還暦を越えました。

私も病気になり、弟も体を壊し、

これから残りの人生、2人で支え合うしかありません。


人生って、不思議です。


今まで自分を支えて来てくれた亡き人達に

ゆっくりと、近づいて

それと同時に、残された寂しさが薄れていくような

境界線に近づいてきて、天からの温かさと力が

手のひらに与えられるような、

そんな不思議な感じがしてきます。




なんだか、今日は宗教じみた締めくくりになりましたが、

私は、無宗教です。


敢えて申し上げるならば、亡き父母には

いつも手を合わせています。


どうか、無力な弟を守ってあげてね。と

つい、お願いしてしまいました。




今日はお雛様のひな祭りの日でしたね。

今年はうっかり

毎年飾る小さなお雛様を出して飾るの忘れていました。

私にしたら、珍しい事でした。

毎年自分の楽しみのために飾っていたのに、、。



今宵はひな祭り。

可愛い2人の孫達の顔を思い浮かべています。


桜の季節になったら、弟を花見にでも誘ってみようかな、、。

心配事がまた一つ

時は3月、

ついこの間、お正月を迎えたばかりのような気がしていたのに

卒業式の話題も、もう自分の身近に縁が無くなってからは

テレビのニュースで聞いて

嗚呼! もうそういう時期なんだ~!

と感慨深い思いになります。


そう言えば

去年、苗木を買ってきて庭に植えた梅の木はどうなったかな、、

ついこの間までまだ所々白い雪に覆われていた庭も

乾いた土色の素顔を晒し出しました。

クロッカスはまだもう少し先かもしれませんが、

着実に春は近づいているようです。



今年は、不意打ちを食らった感じではありましたが

日頃から気がかりだった実家の弟が

いきなり、長年勤めた会社を辞め

それによって、私は心の荷をようやく降ろしたような気がしていました。


勤務内容がキツすぎて、

いったい、いつまで体が持つんだろう、、と気がかりばかりだったからです。

先日、61歳になったので、年金受給にはまだ何年かあるし

その無収入の期間、

やはり仕事を探さなければならないんだろうな、、、

と、弟の事なのに我が事のようでもありました。


でも、それよりも体の方が心配だったので、

会社を辞めることにした、と聞かされた時には

逆にほっとしたんです。

内心、もうこれで弟の体を心配する事は無くなる、と思ったからです。

無駄遣いせずに、節約して

なんとか、遣り繰りして、少しはのんびりして欲しい。

と、願っていましたし。


それなのに、

先日電話での話し。

体の調子が良くなくて病院に行ったら

肝臓が悪くなっていて、再検査すると言うのです。

しかも、大きな病院に行った方が良い。

と、言われたそうです。


過酷と思われた会社を辞めて、ほっとしたのも束の間

やっぱり、あれだけ働き詰めでは

体が壊れてないほうがおかしいくらいでしたから。



心配事は、いつになっても続くようです。



来週は、下肢静脈瘤の術後診察の為、また関東入りします。

診察と、一日は孫の子守をします。

旅行の要素は全くありませんが、

娘に会って話が出来るのが楽しみです。




最後まで読んで下さいましていつも有り難うございます。

拍手と、コメント、読ませて頂いてます。感謝感謝です。


sidetitleプロフィールsidetitle

花みっ子

Author:花みっ子
62歳を目前にバセドウ病になりました。
時々噴火する独裁人間の夫と共に38年。夫の大病を機に経営していた会社を解散し、夫婦二人だけの自営業に転身しました。家のローンはあと3年。まだまだ働き続けなくては・・・。老後の明かりを求めて節約生活です。不仲な自営業夫婦の憂いある日々に、庭に咲く薔薇や草花に心の癒しを求め。家族の事、庭の事、日々の思いを綴っていきます。
時々覗いてみて頂けたら嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ライフ
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
節約
31位
アクセスランキングを見る>>
sidetitle還暦自営業夫婦、人生下りながらゴールは笑える日を目指していますsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle