FC2ブログ

その日暮らしが死ぬまで続けばいい訳です。

この時期

ゴールデンウィークって文字がどこでも目に入ります。

カタカナにするとなんだか違うものに見えてこなくもありません。

GとWの2文字の方がよほど、ガツンときます。



自営業我が家

休みたくたってたぶん休めないだろうし

休みがあったら、それはそれで落ち着かない・・

自営業の我が家はいつだってそうです。

お盆の時もお正月もそう・・。



例年GWには娘達が帰省してくるのですが

今年から孫の幼稚園も始まって

帰省してきても何日もいられないから・・・と言う理由で

娘一家は、旦那さん兄弟の一家と那須の温泉旅行に行く計画らしいです。

こっちへ来い来い言ってみたけれど

残念ながら却下されました。



昨日、銀行の用事をしながら

わざと遠回りして、桜並木のある公園をぐるりと歩いてきました。

若干、葉桜となりつつあります。

登り坂から桜並木を仰げば、太く黒い幹を覆うように

薄ピンクの桜が、軽そうな姿で浮き上がって見えました。

ああ!もう葉桜になるな・・と惜しまれる姿もまた美しいです。




今年は、誰かと賑やかにお花見って事がありませんでした。

ウォーキングを始めた今年の桜は一人で歩く頭上に

淋し気だけれど、

これから進む私の道を明るく導いてくれているようにも感じたのです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


昨日の夕食後

どういうつもりで言ったのか、未だに理解できないことなのですが

夫が

「今からスーパーに行こうと思うけど、一緒に行くか?」

と聞いてきたのです。

スーパーの閉店の時間にはまだ間があるにしても

私は後片づけもあるし、

今日はもういいよ。と断りました。



パチンコに行っても

帰りには必ずと言って、甘いお菓子やジュース類を買って帰って来る人です。

(お酒は一切飲まないので、甘いのが楽しみ)


ここのところ、

有り難い事に、仕事が忙しくてなかなかパチンコに行けてなくて

従って、スーパーにも寄るチャンスがなかったからです。


夫はエコバックをポケットに捻じ込んで、1人でスーパーへ行きました。

バナナや、スナック菓子、おせんべいとペットボトルのジュース等を

テーブルの上に、お店やさんごっこみたいに並べてます。



今まで一度だって

買い物に行くのに一緒に行くか?なんて聞いてきたことなど無いのに・・・・・。



夜になり

二階に上がって布団に入ってからも、私は本当に首を捻っていました。

不思議なこともあるものです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今はもう他界しましたが

夫の叔父さん(一般人です。)が露店でたこ焼き屋さんをやっていました。

昔はちゃんとした会社をやっていた人でしたが

ある時から、たこ焼き屋さんに変身したのです。


地域の小学校の運動会とか路上に車を置いて奥さんにたこ焼き屋さんを任せ、

もう一台は自分が何処かのイベントの場所でたこ焼きを売る

また

海水浴のシーズンになると海辺に車を運んでアイスクリームを売ったりしていました。


シーズン毎に品を変えて商売をしていたのです。


たこ焼きが売れ残ると、

甥っ子である夫が、たこ焼きが好きなので5パック6パックとお土産に持ってきてくれてました。

懐かしい思い出となりましたが

当時、私は夫によく言ってました。

「私たちもあの商売できないかなぁ・・・・。」と



叔父さん曰く

売り上げがいい日は一日で7万8万を売り上げたらしいです。

勿論毎日ではないので、売り上げがよければそれはきちんと蓄えなくてはなりませんが

それでも叔父さん達は殆ど贅沢もしていなかったし

生涯食べていく分を蓄え切ったのではなかったのか・・・と思います。



たこ焼きがよく売れた日にはお刺身を買い

天候が悪くて材料が残ってしまったような日には

冷蔵庫のあまりもので賄う

そういう、その日暮らし的な生き方もありかな・・・・・



その叔父さんを見て、

私は本気でそう考えたりしたものでした。

今日一日生きれる分が、死ぬ日まで続けばいいだけのことなんですよね。



こつこつ、毎日働き続けるだけの事です。GWもね・・・・・・・((笑))





ご訪問ありがとうございました。



にほんブログ村


にほんブログ村
スポンサーサイト



sidetitleプロフィールsidetitle

花みっ子

Author:花みっ子
62歳を目前にバセドウ病になりました。
時々噴火する独裁人間の夫と共に38年。夫の大病を機に経営していた会社を解散し、夫婦二人だけの自営業に転身しました。家のローンはあと3年。まだまだ働き続けなくては・・・。老後の明かりを求めて節約生活です。不仲な自営業夫婦の憂いある日々に、庭に咲く薔薇や草花に心の癒しを求め。家族の事、庭の事、日々の思いを綴っていきます。
時々覗いてみて頂けたら嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ライフ
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
節約
33位
アクセスランキングを見る>>
sidetitle還暦自営業夫婦、人生下りながらゴールは笑える日を目指していますsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle