FC2ブログ

どうして、仕事のルールを守らないのか

以前の私なら

猛然と夫に対して抗議しているような出来事

今日ありました。

私が抗議したその後は、必ず逆切れの猛反撃を食らっています。

その反撃の仕方は

口を聞かない(夫がです)

鬼か獣かみたいな恐ろしい顔しか見せない。

三週間近く私の作った食事に手を付けない。

かと言って、作っておかなければそれはそれで、更に怒る

陰気な空気が家中に充満して

私の精神は立ち上がれないくらい打撃を受けるんです。

死にたいと思うくらい、陰湿なしかとが続くんです。

そういう事、今まで何度あっただろう・・・・・。

私はもう何回も死んでる。 そう思うくらいありました。



だから、夫がスネると

地雷を踏んだくらいに一大事だったわけです。


でも、ここ一年くらい、珍しく鎮まっています。

私も気を付けて、怒らせないように細心の注意しているという理由もあります。



でも、今日は少し私は切れかけました。

自営業の仕事の決まりというか、

一応、顧客を抱えている仕事なので

仕事上の規約というのは、絶対に守っていかなければなりません。

それなのに


今日、仕事から戻ってきた夫

気まずそうに、なかなか私に言い出しにくそうにして

聞かされるこっちがいらいらするくらい、話しださない。

「こうこうこれこれで、お客さんと、これこれの契約をしてしまった・・・・云々」

すみません、ちょっと これこれが多すぎて訳が分からないと思います。

でも、ここはちょっと仕事の内容もありまして、こんな感じでお察し頂いて・・・。


これこれの契約とは、今後しないこと! と決めていたことでした。

お客様に、そのサービスを提供し続ける年齢的な限界があるからです。

夫自身、63歳なのに・・・病気だってあるのに・・・

いったい、いつまで自分は現役で仕事を展開していけると思っているのか・・・。

お客様に責任を持ち続けなければならない部分はもう取らないないようにしましょう。

と決定していたことだったんです。

なんで、この人はもう、責任感のないことばかりするんだろう・・・・

お客様から、その時一時ある程度まとまったお金をいただいたら

あとはもう、なるようにするさ・・・みたいな軽さが見え見えです。

私はそんな適当な商売はしたくありません。

考えても考えてもいらいらします。

働いてもらっているので、文句は言わないですが

人間としてのルールは身に付けてほしい。

なんでも、自分がやらかしたことを私に言えば何とかする、

そういうの、もう勘弁して!! 

体は退化していくのに、やることは何一つ減らない

その場しのぎで安請け合いして契約をし

いったいあなたは、百歳まで働き続ける自信あるんですか?


このようなこと

夫に何度話していることか・・・。

責任のない仕事でお金稼いでも

こっちはとっても落ち着かないんです。

もういい加減、分かって欲しい。夫に


いままでなら、このような事から夫のスネ雄モードが始まるんですが

今回はもう、私は何も言いませんでした。

一月も、悪魔の顔になった夫の様子と共同生活できる精神力がもう無いので

私は自分の意志をぐっと飲み込みました。


63歳のまるで子供です。

人として誠実であることは一番大切なこと。

63歳の子供なんて見たくありません。

でも、堪えます。

今回は我慢しましたけれど、肝心の根本が残っています。

夫に言ってやりました。

「私はもうじき死ぬよ~!」ってね。ww

私が先に死んだら、自分の不始末をどうするつもりなんだろう・・・。



と、こんなような一日でありました。

ーーーおしまいーーーー





なんともお粗末なお話し、読んでいただきましてありがとうございました。








にほんブログ村
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

花みっ子

Author:花みっ子
62歳を目前にバセドウ病になりました。
時々噴火する独裁人間の夫と共に37年。夫の大病を機に経営していた会社を解散し、夫婦二人だけの自営業に転身しました。家のローンはあと4年。まだまだ働き続けなくては・・・。老後の明かりを求めて節約生活です。不仲な自営業夫婦の憂いある日々に、庭に咲く薔薇や草花に心の癒しを求め。家族の事、庭の事、日々の思いを綴っていきます。
時々覗いてみて頂けたら嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ライフ
143位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
節約
37位
アクセスランキングを見る>>
sidetitle還暦自営業夫婦、人生下りながらゴールは笑える日を目指していますsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle