FC2ブログ

我が家、災難は続く

またもや、ブログの空白が続いてしまいました。


この空白の間に

大阪で大きな地震がありましたね。

地震は私も何度か体験しています。

小学生の頃の地震では家が半壊したこともありました。



災害に会われた方々に心からお見舞い申し上げます。


また、このブログにも以前からコメントを下さっていた方々で

大阪にお住まいと書いておられていたた方が何人かいらっしゃいました。

被害は有りませんでしたでしょうか・・・。  気になっています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼


さて、話題が我が家の事に移りますが

実は先週末あたりから、脚の診察(先月治療した下肢静脈瘤)を予約していたので

再び関東へ行きました。


今回は、新幹線で行ってくるつもりでいたのですが

例によって、仕事が学習塾の仕事だけになった息子が

今回も、車で乗せていってくれると言い

塾の仕事を終えて帰宅し

夜の10時過ぎに出発しました。


しかも、節約のために、高速道路に乗らずに

国道4号線を、ひたすら南に向かって走ったんです。

深夜のトイレ休憩は、他にお客もいない、がらんとした

コンビニでお借りしました。

交通量も無く、街路灯のオレンジの光が点々と

進む道を指示しているようでした。


そうして、福島のあたりに差し掛かる頃には、

空の色がうっすらと明るみを帯びてきました。

運転する息子は、

「お母さんは、椅子をリクライニングして寝てていいよ。」

と言ってくれましたが、私は全く眠れませんでした。

夜の国道の時間の流れを感じながら

深夜を経て、夜明け前

山々の尾根からあがる朝もやの美しさも目にしました。



しかし、その辺りから、トラブル発生です。

息子が歯が痛むと言い出しました。

聞けば、前日の昼頃からちょっと違和感がある程度だった。

と言います。

「ええ!! なんで、今!?」

と私は心配を込めて言いました。

息子は、自分でもこんなにひどくなるとは思っていなかったらしいです。



とにかく、どんどん痛くなっているようで

走っている途中、「薬」と書いたコンビニの看板を見つけたので

飛び込むようにして、そこへ駆け込みました。

バァファリンかロキソニンでもあれば・・・・

しかし、残念な事に

薬は置いていたのですが、販売できる資格を持った人がいなくて

買う事が出来ませんでした。


それなら、もうとにかく道を急ごう!

そういうわけで、矢板インターから高速に乗ることにしました。

もう、節約ドライブなんて言っていられません。

息子はどんどん痛がっています。

高速を走っている途中、娘に連絡をしました。

インターを降りた近くに歯医者さんがあるか調べて頂戴・・・。

(娘宅の近くなので、娘から聞いた方が情報が確かだと想ったので・・)

そしたら、土日でも診療してくれるという歯医者さんが近くに3件あるというので

高速を走る車の中で予約の電話をしました。

「予約の患者さんがいるのですが、9時半に来る事は出来ますか?」と聞かれたので

「はい、大丈夫です。9時半に伺います。」と言い

時間を確認しました。

車は、那須塩原を通過したくらいです。

到着予定時刻はぎりぎりです。

インターを降りてからの道順は私の頭の中に入っていたので


とにかく、娘の家に行く前に、歯医者に直行しました。


こんなに、はらはらどきどきしたのは久しぶりの体験でした。

息子のほっぺは、みるみる腫れていきました。

痛くて痛くてたまらないという表情です。


滞在日数は3日間でしたが

その間、お粥と野菜ジュース、バナナをなんとか飲み下していました。



地元ではないので

根治治療が出来ず、抗生剤と痛み止めを出してもらって

その時から帰って来る日まで

息子は歯痛で寝込んでいました。

それでも、帰宅する頃には抗生剤が効いてきたのか

運転も出来るようになりました。



しかし、下道(国道4号)で行くというのは止めにしました。

12時間はかかるでしょう・・・。

歯痛だって、体の疲れから来ていると思うし

車で来た以上は車で帰らなければならないし

圏央道から北関東自動車道

それから東北自動車道に進んで行けば、

私にも運転は変われると思いました。

でも結局

最後まで息子が運転をして家路に着く事が出来ました。




我が家の災難はあと一つ。 これはまた次回に・・・・・。



長々と、最後まで読んで頂いて有難うございました。


にほんブログ村
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

花みっ子

Author:花みっ子
62歳を目前にバセドウ病になりました。
時々噴火する独裁人間の夫と共に37年。夫の大病を機に経営していた会社を解散し、夫婦二人だけの自営業に転身しました。家のローンはあと4年。まだまだ働き続けなくては・・・。老後の明かりを求めて節約生活です。不仲な自営業夫婦の憂いある日々に、庭に咲く薔薇や草花に心の癒しを求め。家族の事、庭の事、日々の思いを綴っていきます。
時々覗いてみて頂けたら嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ライフ
192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
節約
44位
アクセスランキングを見る>>
sidetitle還暦自営業夫婦、人生下りながらゴールは笑える日を目指していますsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle