FC2ブログ

我が子の生きる力を信じる

私には長男と長女の二人の子供がいます。

長女の方は大学を卒業したと同時に結婚をし

今時は珍しいかもしれない専業主婦をしています。

現在は、もうじき3歳と5歳になる子供がいるので働きに行っていませんが

来年は下の子も幼稚園に入るので、

パートを始めたいようなことを言っています。


なにしろ、向こう(関東)に力を貸してくれる親戚はいませんので

なにかあっても、助けてくれる人はなく

自分たち夫婦と幼子達だけです。


子供を産み、幼稚園に入れるようになるまで

まるで勝手の分からない土地に家を建て

町内会にも入り、今年は班長さんも務めています。


幼稚園選びはとても不安を伴う作業みたいでした。

子供にとって、何処が最善の場所なのか・・・

悩んで調べて、児童館とか支援センターとか

あっちこっちに出かけるようにして情報を掴む努力もしていました。

そうやって、私の知らない土地で娘は自分の力で

自分の生きる場所を踏み固めて行きました。


娘は確実に

自分の生きる場所を

自分の種を埋める場所を自分の力で見つけたんだ!


同時に、私の胸の中には安堵と、寂しさも少しだけ産まれました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼


昨日の未明に発生した北海道の地震ですが、

未だに電気が復旧していないところも沢山あるようで

インフラの完全復旧にはどれだけの時間がかかることでしょう・・・。


ここで話題が少し変わりますが

私の夫の唯一の友達の娘さんが

単身札幌に住んでいます。

その事を思い出して

夫に「そう言えば○○さんの娘さん、札幌にいたよね、大丈夫なのかなぁ1人で・・・○○さんに聞いてみたらどう?」

と言ったら、おもむろにメールを送っていました。

直ぐには返信は返ってこなかったけれど

少しして、「携帯の充電もなくなるし、仕事先へも行く手段がない・・・云々」

と娘さんから連絡が来たと。言っていたようです。

あのような状況で女の子1人でいるかと思ったら親は心配で仕方ないことでしょう。

たまぁ~に、ご夫婦共にフェリーに乗って

苫小牧かどっかから札幌入りする形で

娘さんの様子を見に行ってきたと、話を聞いたことがあります。

同じようなケースがたくさんあるようにも思います。

この子に1人で生きていく力がついたんだ!と確信できるなら

親も見えない糸が切れても

そこからはもう見守ることに徹することができます。

我が子の生きる力を信じることができます。


それが、繋いでいくと言うことなんですよね。






日本と言う小さな国が

今はもう痛々しく思えてなりません。

国土や先達が築き上げてきたインフラが

もろくも自然災害にひっかき回されて

頑張って災害救助に当たって下さる方々に

拝む気持ちでニュースの画面を見ています。




訪ねてきていただいて有難うございます。

拍手、コメント、クリック、有難うございます。




にほんブログ村
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

花みっ子

Author:花みっ子
62歳を目前にバセドウ病になりました。
時々噴火する独裁人間の夫と共に37年。夫の大病を機に経営していた会社を解散し、夫婦二人だけの自営業に転身しました。家のローンはあと4年。まだまだ働き続けなくては・・・。老後の明かりを求めて節約生活です。不仲な自営業夫婦の憂いある日々に、庭に咲く薔薇や草花に心の癒しを求め。家族の事、庭の事、日々の思いを綴っていきます。
時々覗いてみて頂けたら嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ライフ
192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
節約
44位
アクセスランキングを見る>>
sidetitle還暦自営業夫婦、人生下りながらゴールは笑える日を目指していますsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle