FC2ブログ

思い切って感謝の気持ちを言いました

気が付けば

最近、モラハラ夫の愚痴を書くことが少なくなってきました。


日常に重苦しい空気が流れる事が若干減ってきたことに気が付きました。

そりゃ、全くそんなことが無くなった。というわけでは勿論ないですが

でも、考えてみると、少なくなってきたな・・・って思います。




昨日、行きたかったライブのチケットが抽選に当たって買えることになったと

喜びの気持ちを書いたのですが

嬉しい事が手に入ったから

気持ちが上ずっているというのでは決してなくて


本当は、だいぶ前から分かっていた気がします。

自営業を夫婦二人でやって

なんとか生活ができて

安物でも、欲しい物が買えたりして

そういう小さな幸せ感を

私は忘れていました。

生涯そんなに夢中になるものなんて無かった私の

六十過ぎてからの願いが手に入って・・・・


手に入れる為に不可欠だったものがあったことに

気が付いたんです。

それは、幸せを買うためのお金だったりするわけで

そのお金は、私の力だけでは手に入れることは出来なかったでしょう・・

それが自営業っていうものだって、思ったんです。


だから夫に言いました。

「今回のライブに行けることもあんたのおかげだって思う。」

素直に感謝の気持ちを言いました。

夫は、まんざらでもない嬉しそうな表情を

私に見せないように背けました。


でも、伝わったと思います。


鬼のような心の人間だと思ってきたけれど

いえいえ、まだまだそういう部分は確実にあるけれど

鬼にだって、真実の言葉は心をほぐすお砂糖になれる。

そんな、単純な事を今まで私にできなかったのは

自分の中にも鬼がいたからでしょうか・・・・・。



「我が家が不況に落ちてから」 お互いに優しさをどんどん忘れて行った

自分に欲しい物を買うお金が必要なら

相手にもお金が必要な時がある

そんな当たり前のことを忘れて、自分の事を優先していた

そういうこと

なんで、考えなかったかな・・・自分



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー🌼



昨日

夕ご飯を食べ終わってテレビを見ながら何気ない会話をしていました。

夫は身振り手振りをしながら話をしていて

その時

数か月前に機械で切り落としてしまった

手の左中指が短いのが目に入りました。

ずっと、治療に通っていたのですが

先週で治療が終わって、痛々しかった包帯も取れて

縫い合わされた指の先があらわになりました。

ふと見ると、やっぱりちょっと違和感があります。

その事を言うと

夫は

テーブルの上から物を掴むようなしぐさをして見せて

中指が短いと、物をつかむのになかなか掴みにくい

と笑いながらやって見せていました。

ほんとだ・・・・物を掴むのに他よりちょっと長い中指は重要なんだ・・・



一つ一つ、健康を打ち捨てながら生きていく

まるでゲームの世界を思い浮かべました。

武器やアイテムを手に入れたかと思うと

対戦中にそれを奪われたり、壊れたり・・・

勝利を勝ち取った時には、ぼろぼろの我が身一つしか残っていないような


中指の短くなった夫は

まるでそういう戦いをしてきた戦士みたいに見えたのでした。








にほんブログ村
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

花みっ子

Author:花みっ子
62歳を目前にバセドウ病になりました。
時々噴火する独裁人間の夫と共に37年。夫の大病を機に経営していた会社を解散し、夫婦二人だけの自営業に転身しました。家のローンはあと4年。まだまだ働き続けなくては・・・。老後の明かりを求めて節約生活です。不仲な自営業夫婦の憂いある日々に、庭に咲く薔薇や草花に心の癒しを求め。家族の事、庭の事、日々の思いを綴っていきます。
時々覗いてみて頂けたら嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ライフ
192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
節約
44位
アクセスランキングを見る>>
sidetitle還暦自営業夫婦、人生下りながらゴールは笑える日を目指していますsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle