FC2ブログ

期限なく働くと言う事

我が家は自営業だし

年金も殆ど無しに等しいし



だから

文字通り、死ぬまで働くんですけれど、


60過ぎてきてから

正直、体がしんどいと思う事が度々です。


働けると言うことは

生きようと思う原動力にもなりますが

経済的な問題で

期限無く働き続けなければならない

という圧迫感に苛まれます。



私の親友は

70歳になった今でも、1ヶ月の3分の1は働いています。

時に病気になったりした事もあるのに

まだ働いています。


数年前までは、

「70歳までは、せめて働かなくちゃならないの」

と言っていたのが、

今はもう、その70歳に到達したのに、これからもまだ働くそうです。

つまり

数年前までと、これからでは

働く理由が変わったんだと思います。

彼女は、お見事! っていうくらい、無駄遣いをしません。

たぶん、人生百年時代

最低限の暮らしの保障を自らの力で蓄え切ったんだと思います。


それで、

これからは、社会との繋がりを持ち続け

生き甲斐のために働くのだそうです。



私の場合は

人生百年時代があったとしたなら大変!

百歳まで働けるはずなんか無いし



国の年金制度がこれほどにも

自分の人生の彩りを左右するものだと認識できていたなら

もっと未来は違った方に道が延びていた気がします。

(中学生くらいになったら、年金制度についても教育として、学ぶ必要大では?と思います)




実質、期限無く働かなければならない人生なら

働ける喜びというのは先の見えない霧に隠れて

生きる喜びの本質を見失います。



最近の値上げブーム

食品から何から何まで

いつの間に、こんな値段になったの!?

と、驚くことが多くなりました。



何が何でも上がるんですよね。消費税。

うわあ……………ため息が出ます。

日本は諸外国に比べ、消費税は低いと聞きますが

それなら、収入はどうでしょう

バランスシートじゃないんだから

左右対称で、人間は生活なんてできません。

「ゆとり」部分が無さ過ぎではありません?




格差の実感が身に迫ります。


70歳になり、

働く理由は、生き甲斐づくりにシフトしていく人と


一方

生きるために、無期限に働き続けなければならない人。



こんな年齢になってから

今更、自分の進む先は見えていない事に呆然としてるなんて

遅すぎる気づきですよね。(涙)





ご訪問有り難うございました。





スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

花みっ子

Author:花みっ子
62歳を目前にバセドウ病になりました。
時々噴火する独裁人間の夫と共に38年。夫の大病を機に経営していた会社を解散し、夫婦二人だけの自営業に転身しました。家のローンはあと3年。まだまだ働き続けなくては・・・。老後の明かりを求めて節約生活です。不仲な自営業夫婦の憂いある日々に、庭に咲く薔薇や草花に心の癒しを求め。家族の事、庭の事、日々の思いを綴っていきます。
時々覗いてみて頂けたら嬉しいです。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
ライフ
109位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
節約
31位
アクセスランキングを見る>>
sidetitle還暦自営業夫婦、人生下りながらゴールは笑える日を目指していますsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle